読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

相棒15 第13話「声なき者~籠城」感想 後編 神戸君&米沢さんに興奮!!!

相棒 相棒15 感想 ドラマ テレビ 2017年1~3月期ドラマ

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170202183155j:plain

▼前回の記事はこちら

www.aoikara-writer.com

 

今回の相棒は興奮するしかなかったaoikaraです。いやあ…豪華でしたねぇ。映画かスペシャルか何かかと思いました。相棒は初回、お正月、最終回SPがあるのですが、今後は前後編スペシャルもやるつもりなんですかね?

 

というわけで今回のテーマは…

 

相棒15 第13話「声なき者~籠城」感想 後編

 

です。今回はがっつり感想を書きますよ~。

※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※一部ネタバレもしています。ご了承ください。

さすが太田愛さん、わかりやすくて面白い

久しぶりの太田愛さんの脚本。やっぱり面白いです。気になった点は演出上のことですし、脚本に関する気になることはゼロ。さすがですね。

 

すごく謎が多くいろんな状況が同時進行している感じだったんですけど、その伏線がきちんと回収されていってわかりやすかったです。

 

謎が解き明かされればされるほど、別の謎が深まっていく、後編までまだまだわからないことがあって今から楽しみすぎます!

 

今回は映画である劇場版Ⅳにつながる話ということで、かなり気合いも入っている感じが見受けられました。ものすごく宣伝していましたからね。まー相棒ファンな私は宣伝なんかされなくても普通に見るんですけどね。

 

神戸君、おかえり~~~!!!

相棒の二代目の相棒こと神戸尊(及川光博)がテレビでも帰ってきました!映画では何度か出演していたのですが、本編復帰は卒業以来じゃないでしょうか?

 

ゲストとしてなんですけど「おかえり~」という気持ちになっちゃいました。

 

まさかの冠城君に借りを作った男

冒頭でどうやら冠城君(反町隆史)と関係があるように見受けられましたね。ナポリタン好きのK君w 神戸君は警察庁の人間だし、おそらく「吉井聡美」の件で借りを作ったのでしょうかね。それでグルメということで知り合ったのかなー。
 

大河内さんとの2ショット久しぶりだー!!!

そして大河内さん(神保悟志)とのやりとりも久しぶりですよね。大河内さんが神戸君の話題を口にしたり(Season11より「三代目相棒・甲斐亨をスカウトした話をして神戸が腰を抜かしていた」)してたけど、2ショットは本当に久しい気がします。

 

このコンビ、結局どんな関係かわからずじまい。でも、カッコイイ二人だから、いやー久々に見れて感動、興奮!うれしかったですね~。そして二人ともやっぱり色気ばんばん出てめちゃカッコイイ!

 

右京さんとの2ショットも久しぶりだー!!!

物語の最後で神戸君が右京さん(水谷豊)を呼び出していたんですけど、地味にここも二人きりで会うっていうのもかなり久しぶりじゃないですか?映画の中で電話したりとか、カイト君と一緒とかあったけど。

 

うわー感慨深いなぁ。次回では二人で若干いがみ合いながら話し合う姿が楽しみですね~。神戸君、イライラするかな?(笑)さすがに二人とも距離あるし大丈夫ですかね?

 

米沢さん、おかえり~~~!!!

そして米沢さん(六角精児)も帰ってきたよー。うれしいですね。鑑識がいなくなって青木君(浅利陽介)ばっかりに頼ってましたからね~。

 

青木君もキャラ的には好きなんですけど、やっぱり鑑識がいないと大変です。声をかければすぐ動く有能な米沢さん、帰ってきてもいいのよ!

 

冠城君とは相性が悪く荒ぶる

 冠城君と米沢さんはどうも仲が悪かったですが、今回もそうでしたね。内村刑事部長(片桐竜次)に怒られて、米沢さんも怒ってました。

 

それでも懇願しにくる特命係を断れず「うわああー」と崩壊してました。本当ひどい人達でゴメンネ。

 

「将来は潰えた」せいで警察学校の先生になった?

さて、米沢さんが内村刑事部長に怒られた理由というのが、冠城君に情報を教えちゃったせい。そのせいで

 

「警視庁におけるおまえのあらゆる未来は潰えたと思え」

 

と怒られてしまったんです。あーだから警視庁で働くんじゃなくて、警察学校の先生になったのかしら。だとしたら、冠城君のせいですね!冠城君、反省しなさい!(絶対しないだろうな~)

 

あれれ、犯人らしき人物がわかっちゃったかも!

あの時計の男?

最初の方に男性2人がティラミスを食べていました(食事をするというよりはティラミスタイムだね)。一人は劇場版Ⅳにも登場する、山崎哲雄(菅原大吉)。警察庁長官官房の総務課長でした。

 

もう一人は警察幹部なのか、ただの知り合いか。顔は出ているものの、誰なのかは明かされませんでした。彼の目印は個性的な腕時計。私はこれをみて「あら、おしゃれな時計。欲しいな」なんて思ってました。

 

で、立てこもっている男子高校生・司(田中偉登)の妹・明里(横山芽生)に何かしらの犯罪をした人物も、同じ腕時計をしていたんですよね。これは伏線なのか、ミスリードなのか。伏線だとするならば、この人は事件に何らかの形で関わっているのでしょう。

 

もしかして父親?

で、最後のスタッフロールから探るに、おそらくこの人物の名前は新堂誠(永野典勝)のようです。俳優さんがおそらくこの方なので。新堂というのは、司や明里と苗字が同じ…ってことは父親か何か?

 

つまり女の子に犯罪をしたのは父親。家族3人で父親から逃げているのではないか、と予想。そして、真渕(三浦英)は女の子を連れてくるように依頼されて、それを見つけた司が助けようとして逃げているんですかね?

 

法務省の人間?

さらに冠城君が、新堂明里・司兄弟と母・亮子の家に届けられていた法務省の書類をこっそり手元に隠していました。もしかすると、この新堂誠は法務省の人間で、冠城君はその人物に心当たりがあったのではないですかね?

 

だから、本人に直接話を聞こうとして、最後のシーンで法務省に向かっていた

 

そして吉井聡美は何かを知っていたせいで殺されてしまった?

 

むむむ…だとしても全貌はわからないですね~。一応はここまでが予想です。

 

次回解決してほしい謎まとめ

  1. なぜ吉井聡美を呼んでいる?
  2. なぜ吉井聡美は殺された?
  3. なぜ3人の家族は逃げている?
  4. あの時計の人物が何らかの事件の犯人だとして理由は?
  5. 真渕の仕事とは?法律関係なの?
  6. 三十郎クラウドソーシング会社の社長は何か知っている?
  7. 神戸君の「借り」とは?
  8. 冠城君が最後に向かった先にいる人物とは?

 

ってめちゃくちゃ謎だらけ!前後編ですからね。前編だしどうせ解決しないしな~ってゆったりした気持ちで見ていました。でも上手に引っ張りますよね~今回見たら絶対に次回は見ますもん。うまいわ~ずるいわ~。

 

おまけ:あの腕時計を探してみた

相棒で登場したあの腕時計、なんだかおしゃれだな~と思って気になって、どんなブランドなのか探してみました。しかし難航。私よりは時計に詳しい知人にも手伝ってもらって、ようやく発見!(私1時間で見つからず、知人は30分足らずで見つけたw)

 

それがこちら…

オムバーガーというブランドの「ダイヤモンドスケルトン腕時計」だそうです。手巻き式の懐中時計で、中の機械式が見えるスケルトン仕様なのが私のツボ。12時の部分がダイヤモンドになっています。

 

本当は実際に相棒で登場した時計の画像も貼りたいんですけど、テレビのスクショは著作権法違反になってしまうのでNG。

 

録画などでティラミスを食べるシーンや、女の子の首元をつかむシーンの映像を見ながら照らし合わせてもらうと、この時計だとわかっていただけると思います。

 

おそらくはこの時計です。最後のスタッフロールで持道具協力をきちんとチェックしたので!おそらく!まあ、時計のブランドの謎も来週の答え合わせということで(笑)

 

次回:立てこもり事件の裏には権力者達の陰謀がうごめくー?

神戸は右京に吉井聡美の死因はおそらく自殺だと伝える。しかし、2ヶ月あまり息子と姿を消していた時期があると伝える。一方、冠城は高校生の新堂司の家族を調べていた。父は法務省矯正局のホープだが、家族にDVをしていたらしい。

 

さらに女性蔑視の思想を持つ団体に名前を連ねていた。警察庁長官官房総務課長の山崎もその一人。おそらくDVから逃げるシェルターで吉井聡美と知り合ったのではないか。この事件を解決しようと躍起になって動く山崎によって、突入がせまるー。

 

えー私が予想したこと、ほとんど次回予告で明かされてるじゃないですかーしかも当たってるじゃないですかー私が答え見た感じじゃないですかー違うからねー!

 

ってか、次回予告に書きすぎでしょ!もう少しふんわり書きなさいよ公式!

 

というわけで、なんか来週のネタバレっぽくもなってるけど、1週間経つと情報も忘れているのでハラハラドキドキしながら見られるaoikaraなのでした。後編も楽しみです。

 

劇場版見に行きたいなー本も欲しいなー。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ

 

aoikra

 

▼参考記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

保存

保存

保存

保存

スポンサーリンク