読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

相棒15 第14話「声なき者~突入」感想 前編 さすが太田愛さん脚本、面白い!

スポンサーリンク

 

f:id:aoikara:20170209190944j:plain

相棒のCMにリアップはどうなんだろうと思いつつも、毎年リニューアルしていることにちょっと笑ってしまうaoikaraです。杉下右京とかけ離れすぎている感じのCMなので、なんとも言えない気持ちになります(笑)

 

今回はそんな…

 

相棒15 第14話「声なき者~突入」感想 前半

 

を書きます。また長くなっちゃいました…。

※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※一部ネタバレもしています。ご了承ください。

 あらすじ:不可解な立てこもり事件ー裏で大きな組織が渦巻いていた?

「吉井聡美」の情報を神戸が伝える

右京(水谷豊)は神戸(及川光博)から、立てこもり犯の新堂司が要求している吉井聡美(及川莉乃)の話を聞く。聡美は駅のホームから転落して亡くなったとのこと。ちなみに神戸と会う約束をした直前で亡くなったのだとか。

 

夫も息子を残しての自殺を疑われたが遺書はなかった。夫は妻をよく見る愛妻家だったと評判だった。

 

聡美の母親が大河内監察官(神保悟志)の恩師で、頼まれて身辺を調査していたらしい。そして、聡美は2ヶ月間、3歳の息子と一緒に姿を消していた時期があったそうだ。

 

冠城は新堂誠の正体をつかむ

警視庁に戻ってきた右京は、吉井聡美の情報を冠城(反町隆史)にも話す。すると、聡美の夫と同じように愛妻家だと言われている人物が法務省にもいる、と言い出す。

 

それが新堂誠(永野典勝)。新堂司(田中偉登)と明里(横山芽生)の父親で、亮子(仁藤優子)のだった。

 

冠城は新堂家のポストにあった法務省の書類から、新堂誠に心当たりがあり調べてみたのだった。すると、母子が新堂誠の健康保険の扶養から外れていることが発覚する。近所では明里の体調不良で別居しているだけ、と噂されていたが…。

 

「健全な家庭を守る会」の正体とは

さらに新堂誠が「健全な家庭を守る会」に所属していることも知る。要約すると男尊女卑の思想を重視した会だ。角田課長曰く、警察庁長官官房総務課長の山崎(菅原大吉)も名前を連ねているとのこと。

 

DVから逃れる2つの家族

そして右京はある推測をする。吉井聡美も新堂亮子もDVを受けていて、守るためのシェルターにいたときに知り合ったのではないかということだった。

 

そして出て行った母子のうち、子供を父親のもとへ連れ戻す仕事をクラウドソーシング会社CARSの社長・水野(迫田孝也)が請け負い、真渕(三浦英)に依頼していたのではないかと推理する。そこで、彼らが子供を見つけ出した方法を考える。

 

と、角田課長(山西惇)は水野浩介の名前を見て、何か感づくところがあるようで…。その後、どうやら水野は極龍会という組に所属していたヤクザだったことも判明する。

 

母子を連れ戻すためのサイトがあった?

右京は鑑識の米沢(六角精児)のもとをたずねて、CARSには行方不明者を捜す仕事はなかったかと尋ねる。そのようなサイトがあるとのことで、調べてみると会員制で、夫から逃げる母子の写真を載せて、捜査を依頼していた

 

右京は新堂司の意図を察し、身を案じていた。

 

水野に新堂司の正体がばれる?

新堂司は真渕のふりをして水野とスマホでやりとりをして、父親と水野が明里をさらおうとしていた証拠をつかもうとしていた。父親のひどい暴力を思い出し、憤りも感じていた。

 

と、病院に運ばれた男性が真渕だというニュースが流れてしまう。水野は真渕のフリをしている正体が司だと気づく。そこで母親を拉致させ、母と妹の命の代わりに、司が突入前に自殺しろと命令するのだった。自分には警察にも味方がいると匂わせて。

 

そして司はナイフを自分に向けるも、電話が来る。人質の八重の夫が入院している病院からで、出てみると右京だった。そして、司と亮子と明里、3人を守るために信じてくれと告げる。

 

突入計画は急がれる!?しかし事態は急展開

突入しそうになるも、冠城が止めて突入を中止させる。すると、八重と明里が解放された。結果、中にいるのは新堂司だとはっきりわかる。内村刑事部長(片桐竜次)や中園参事官(小野了)は突入をやめて説得に変えようと考えるが…。

 

一方、水野は新堂誠を脅し、誠は山崎に事件を解決するよう頼み込んでいた。そんな山崎からの圧力で、内村刑事部長に突入をしろとほぼ脅しで命令する。さらに、裏では母親を捜索するよう捜査員に呼びかけてもいた。

 

特命係の機転で亮子も救出

右京は組織犯罪対策課の大木(志水正義)と小松(久保田龍吉)を引き連れて、CARSの本社に入る。水野に亮子の居場所を吐かせることに成功。その後は冠城と落ち合い、二人で男達をなぎ倒し、亮子を助けたのだった。

 

と、すぐその後に山崎が命じて動いた捜査員たちがやってきた。

 

事件は無事に解決

亮子が無事に保護されたことを伝えると、司は投降して身柄を確保。事件は解決。

 

亮子も警察に保護されて、吉井聡美のことを話す。聡美が転落死する前に、遺書のような電話をもらっていたのだった。DV被害者は暴力を受け続けるうちに、自分が悪いのかもと思い始めるように。聡美は追い詰められて自殺したのだと話すのだった。

 

そして司から事情を聞き出す。父親の暴力に嫌気がさして出て行き、当日は真渕に明里が連れ去られそうになり、抵抗するために頭を殴ってしまったと。明里がパニック発作を起こしたので、八重に助けてもらったとのことだった。

 

八重の身も案じていたが、八重もまた、司の身を案じていた。そして母親の亮子と妹の明里のことを心配する司に、右京は「二人はもう大丈夫です。僕が約束します」と告げるのだった。

 

本当の闇は暴かれない…?

司の父親である新堂誠も捕まった。しかし「まずは妻と子供と話させろ」と言い出す。「私のものを私が取り返して何が悪い」と。

 

そんな誠に冠城は「加害者の要望によって被害者に会わせるわけがない」と伝える。右京は強制的に連れ去ろうとしたことを厳しく追及。さらに「あなたの物ではない」、そして

 

「彼らは自分の意思と尊厳を持つ一人の人間です」

 

と訴えるのだった。

 

事件後、「健全な家庭を守る会」は新堂誠を糾弾して除名処分にする。さらに、母親を捜索するなど的確な判断をしたとして、山崎は出世。事件を目撃した明里の証言もあったが、これも山崎によって握りつぶされた

 

右京は山崎に対面し「あなたは何のために警察官になったのか」と聞く。しかし、山崎は相手にしない。「人に意見を問う前に、君も警察官としてまともに事件を解決してはいかがです?」と言って立ち去るのだった。

 

そして、一年後。冠城は神戸を待つ。半年前に日本中を震撼させた事件を思い出しながらー。

 

というストーリーでした。この半年前の事件というのが、劇場版Ⅳの話なのでしょうね。

 

というわけで今回はあらすじのみ。後編では詳しく感想を書いていきます。

 

▼後編はこちら

www.aoikara-writer.com

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

保存

保存

保存

スポンサーリンク