中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

西郷どん 第32話「薩長同盟」ネタバレ&感想 シェイクハンドぜよ!

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20180827212402p:plain

やっと感想記事が追いついたaoikaraです。ずっと西郷どんの記事は遅れていましたのでね。ちゃんと毎週見てはいたんですよ。

 

というわけで今回のテーマは…

 

西郷どん 第32話「薩長同盟」ネタバレ&感想

 

です。

※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※ネタバレもしていますので、まだ内容を知りたくない方はドラマを見てからどうぞ。

 

▼西郷どん 第31話「龍馬との約束」記事はこちら

www.aoikara-writer.com

 

第32話「薩長同盟」あらすじ・ネタバレ

慶喜の思惑

二度目の長州征伐に乗り出したい一橋慶喜(松田翔太)だったが、孝明天皇(中村児太郎)が動かないために、フランス公使と会談する。ふき(高梨臨)の踊りを見せるなど接待をし、慶喜は兵庫に軍艦を乗り入れてほしいと話を持ちかける。

 

兵庫に軍艦がやってきたと、京の町は大騒ぎに。結果、孝明天皇より二度目の長州征伐の勅命が下されてしまう。

 

一蔵の隠し事

岩倉具視(笑福亭鶴瓶)も「一橋と手を組む」など柄にもないハッタリをかますほど、焦っていた。そんな様子を見ていた西郷吉之助(鈴木亮平)と大久保一蔵(瑛太)。

 

急に一蔵が腹を痛めてうずくまってしまう。岩倉は「お妾さんのところに連れて行け」と言い、吉之助が言われたところに運ぶと、そこには遊女だったおゆう(内田有紀)がいた。一蔵が京にいる間、おゆうと深い関係になっていたのだった。

 

一蔵の命を懸けた決意表明

一蔵は長州征伐の勅命に関して、「義のない勅命は勅命にあらず」と幕府に従わない姿勢を明確に打ち出す。それは天皇と幕府と民の全てを敵に回すような行為だった。あまりにも大胆な姿勢に、さすがの吉之助も止める。

 

しかし、一蔵はこうでもしなければ世は動かないと意思を変えない。命を懸けてでもやると言う一蔵に、身を案じるおゆうは止める。吉之助が動かなければ一人でもやるという一蔵の強い意思を見て、吉之助もその書状に自分の名前を入れた。

 

すぐに二人の名前が入った書状の写しが世に出回る。慶喜も書状を目にして、不愉快そうにしていた。

 

京都の薩摩藩邸でも海江田俊斎(高橋光臣)が書状を目にして、吉之助に激怒していた。大山格之助(北村有起哉)が気持ちを受け入れつつも、それとなく諫めていた。

 

一方で、長州藩の桂小五郎(玉山鉄二)も書状の写しを読んでいた。長州藩士の伊藤俊輔(浜野謙太)は柔和な態度を見せるも、桂は「騙されんぞ!」と薩摩と吉之助への憎しみが減ることはなかった。

 

もう一度長州と

吉之助は坂本龍馬(小栗旬)と会う。龍馬は書状を見て笑ったと言う。あきらめの悪い奴らだと。ただ、桂には会わせられないと龍馬は言う。しかし、吉之助が話したのは商売のことだった。長州に米を売ってほしいという取引だった。

 

納得した龍馬は、吉之助に手を差し出す。交渉が合意したときに「シェイクハンド」するのが異国の習わしだと伝えて。吉之助はただ手を前に出すだけで握手はせず、その手を龍馬がぐっと握ると要領を得たように笑う。

 

その取引から、龍馬に薩摩と長州の仲を取り持ってほしいという思惑があった。龍馬は動き長州のために薩摩名義で銃や軍艦を買いそろえると桂小五郎(玉山鉄二)を説得するが、薩摩に対する不信感が強い桂は腰を上げようとしない。

 

「意地の張り合いじゃ、この国は変わらんぜよ!」

 

龍馬がそう話しかけるも、商人で儲けたいだけの龍馬に侍の何がわかると桂は立ち去ってしまう。残った伊藤に、龍馬はイギリス留学している者からの手紙と写真を手渡す。

 

桂は命を落とすことにおびえながらも、他に道はないと自分たちを奮い立たせる藩士たちを目撃している。自分が今何をさせようとしているのかを自覚し、決意を固める。

 

薩摩と長州

桂と伊藤は変装をして、薩摩藩邸の鍵屋を訪れる。そこで坂本龍馬が仲介し、薩摩藩の吉之助、一蔵、村田新八(堀井新太)と、長州藩の桂と伊藤で話し合いが行われることとなった。

 

長州が申し出てきたのは、薩摩が長州の汚名をそそぎ、兵力を上げて戦うなど、とにかく薩摩が長州のために尽力するようにと書かれた条文だった。あまりにも長州に優位な条文のため、新八は怒る。龍馬もさすがに「フェアではない」と諫める。

 

しかし、桂は長州と薩摩は置かれている立場が違うと述べる。長州は今や日本全ての朝敵であると。吉之助は、返事は一日待ってほしいと述べる。桂は「今度は約束を違いませんように」と念押しし、その日は終わった。

 

武士として

吉之助と一蔵は、その条文を薩摩藩重臣の小松帯刀(町田啓太)と桂久武(井戸田潤)に見せる。あまりにも長州が優位なため、二人とも受け入れられない様子。何より国父である島津久光(青木崇高)が受け入れないだろうとした。

 

だからこそ、今ここで結論を出すべきだと吉之助は言う。また、長州の桂としても、当主から罵られ、民から異を唱えられても、憎い憎い薩摩と手を組むことにした心境を思うと、この条文でも十分に譲歩しているとも。

 

小松は条文を受け入れることにする。しかし、話し合いの場では、長州藩が頭を下げない限り、こちらから一言も発するなとも命じる。複雑な心境の吉之助だったが、一蔵に折れるように言われて受け止める。

 

きっかけ

その日の夕刻、吉之助のもとに伊藤がやってくる。イギリス留学生の手紙と写真を見せられて、伊藤にことづてを頼まれていた。吉之助は、明日の話し合いでその手紙と写真を出してほしいと伊藤に頼む。

 

薩摩と長州が手を取り合う日

そして、話し合いの日。小松帯刀の邸宅であるお花畑屋敷に、薩摩藩の小松、久武、吉之助、一蔵と、仲介役の龍馬、長州藩の桂と伊藤が集まった。ただ、お互いに一言も発さず、ただ時間だけが過ぎていく。

 

そこに、怒り狂った俊斎が、若い薩摩藩士たちに止められながらやってきた。「薩賊」と罵っている長州と手を組むとはありえないと激怒していたのだった。薩摩藩士たちも騒がしい。

 

「いい加減にせんかああ!」

 

吉之助の怒号が響き、ぴたりと皆の動きが止まる。「いつまでそげなことを言うちょっとじゃ!」そう言って、手を取り合わなければならない必然性について語る。俊斎を止めにきた格之助は、長州の兵に仲間を殺された悔しさというのはどうしようもできないと語る。

 

全てを聞いていた桂は、「長州と薩摩が手を組むのはもっと先」と言うが、「それはちごう!」と吉之助は言う。そして、伊藤に手紙と写真を見せるように促す。

 

そこには、イギリスに留学していた薩摩の留学生と、長州の留学生が一緒に映っていたのだった。最初はいがみあっていたものの、遠い異国で同じ日本人として打ち解けるようになった。

 

その写真に映っている薩摩藩の者が、長州藩の者にお金を貸してやっていた。長州藩の者はとても感謝し、必ず返すように言ったが、薩摩藩の者は肺炎を患って亡くなってしまったのだった。

 

遠い異国では、すでに手を取り合っていると吉之助は言う。薩摩人でも長州人でもなく、同じ日本という一つの国の民だとも。龍馬も手を組むように促す。

 

そして、吉之助は小松や久武が止めるのも聞かず、桂の前に座り、深々と頭を下げる。その姿を見た一蔵は「こうなったら我らも腹をくくるしかなか」と、吉之助の隣にやってくる。

 

吉之助が声をかけると、「何度も言わすな、おいたちは間違うちょらん」と一蔵は答え、深々と頭を下げる。小松も久武も、若い藩士たちも、苦しい思いをしながらも深く頭を下げる。

 

桂は息を漏らし、「我らの負けじゃな」とつぶやく。龍馬にシェイクハンドを促され、桂が手を差し出す。

 

「西郷君、よろしゅう頼む!!!」

 

桂も覚悟を決めた顔だった。そして、吉之助もその手を握り、シェイクハンドする。龍馬は近くにいた一蔵にシェイクハンドを求めて、一蔵もその手を握り返す。

 

その後、吉之助は条文に一つ付け加えてほしいと桂に頼む。それは、薩摩も長州も誠心誠意国のために尽力するという一文であった。もちろん桂も納得した。

 

慶応二年一月二十一日、世に言う薩長同盟が締結されたのだった。

ーーーーーーーーーー

という話でした。いやはや、武士というのは大変ですね。

 

GOODポイント

  • ほらーやっぱり一蔵の弱味っておゆうさんだったじゃーん。やっぱり“そういう関係”になっていたんですね。
  • 吉之助のシェイクハンドの勘違いには思わず笑ってしまいました。たしかに、わからないですよね。
  • 怒る俊斎に、それとなく諫める格之助。格之助は寺田屋騒動のときもそうでしたが、また板挟み。お互いの気持ちがわかるからこそ、激しくならないように仲を取り持つといいますが…。気苦労が絶えないですね。でも、その姿も格好いいなと思います。
  • 龍馬がざんばら頭なのは、侍ではないと見た目でわかりやすくしているからなのかなと思いました。あくまで商人で、桂に言われていたように侍じゃないから、という立場の違いをわかりやすくしようとしたのかなと推測。

 

気になったポイント

  • 一蔵と吉之助の、孝明天皇にも刃向かうような書状を読んだ慶喜は、その思いを踏みにじるようにワインを浸していましたね。って、めちゃくちゃワインを弾いてるんですけど!全然ワインを吸わない紙で、見ていてそのことが気になってしまいました。
  • 銃を投げるな!暴発したらと思うと冷や冷やする!

 

感想

慶喜がどんどん堕ちていく

慶喜はどんどん暗躍していますね。そもそも、長州が刃向かうからこその征伐で、一旦収拾は付いているわけですよ。それで長州が今はおとなしくしているのに、慶喜側から仕掛けて戦の理由を作りたがっているようにしか思えません。

 

フランスとの接待のためにふきが踊ってもいましたが、なんというか目が死んでいるようで…。前も慶喜からの贈り物に笑顔を浮かべるも、感情を失ったかのような表情でした。何か思うところがあるのかな。慶喜とふきの関係も変化していくのかもしれません。

 

吉之助の他人に共感する力がすごい

薩摩からすると、長州は敵なわけで、多くの仲間を殺されている憎き相手なわけですよね。俊斎の行動は出すぎていたとは思いますが、思いとしては格之助の言う通り皆が抱いていることではあります。

 

それでも、吉之助は長州の立場になって物事を考えていました。これはなかなかできることではないなと感じました。本人も言っていましたが、薩摩とか長州ではなく、同じ日本の民として思っているからこその共感力なのかもしれません。

 

長州は今や日本中の朝敵で、死を覚悟して戦い挑まなければならないような状況。それは薩摩や会津から京都を追い払われて、吉之助に取りはからって慶喜に約束したはずなのに禁門の変、長州征伐が起きてしまったから。薩摩を恨むのも無理ありません。

 

その憎しみを気持ちの上で乗り越え、当主に罵られようとも、憎き薩摩を頼ることにした桂苦しさや悔しさというのは計り知れません。そのようなことを吉之助に言われて、私もはっとしました。そこまで気づけていませんでした。たしかに、桂も本当に苦しみ抜いて出した結論なのだろうなと、吉之助の言葉で気づいたのです。

 

桂もそんな吉之助だから以前は「同志」だとまで思い、気持ちを思い出したからこそ、ようやく受け入れてくれたのかなと感じました。

 

一蔵のサポート力がすごい

一蔵の吉之助を支える力もすごいですよね。そもそも「儀のない勅命は勅命にあらず」とはっきり意思を示したところに、もう痺れました。吉之助が以前していたように、お前がやらないなら俺一人でもやる、という覚悟がすごい。

 

吉之助が龍馬を通じて長州との貿易のやりとりを行おうとして、国父・久光の許可を得たというのも、おそらくは一蔵の力でしょう。ドラマで描かれてはいませんでしたが。

 

吉之助が頭を下げたときに、「おいたちは間違っちょらん」と言い切った姿もものすごく格好良かったです。桂を切ろうとまでした男が、深く頭を下げる姿。それ以上に成し遂げねばならないことがあるという信念の感じました。

 

吉之助も一蔵も、格好いいよ。

 

頭を下げるとかもう…シェイクハンドしなさい!

長州からの申し出に対して受け入れるものの、薩摩としては長州が頭を下げるまでは一言もしゃべるな、という小松帯刀のお達しがありました。

 

武士の建前として、薩摩が長州に頼まれたから受け入れるという形式を取りたかったのでしょうが、現代人の一人としては「めんどくさっ」と思ってしまいました。どちらが上とか下とか、頭を下げるとか下げないとか…そういうのが意味ないって話じゃん!

 

そのせいで交渉なのに全然お互いに口を開かない時間があって…もうもうもう。最終的には俊斎が怒って割って入ってきたところで吉之助が叱りつけて、桂に頭を下げました。頭を下げるまでしゃべるな、とまで言われていたのに、自ら頭を下げるというのはよっぽどの覚悟ですよね。

 

当時は頭を下げるということは、武士としては非常に情けなく絶対にしたくないことだったように思います。しかし、吉之助が頭を下げたことには信念があった。だから一蔵も小松も久武も続き、薩摩藩士たちも頭を下げた。その姿を見た桂は「負けた」と言いました。本当にそうですよね。

 

龍馬に促されて桂が「よろしゅう頼む!」とシェイクハンドする姿を見て、本来はこうあるべきだなと思いました。あの瞬間、長州と薩摩はフェアになりましたよね。

 

どちらかが頭を下げて、上の立場が受け入れるのではなく、お互いにフェアであってシェイクハンドできるような関係が良いなと思うのです。

 

次回:「お互い難儀な男に惚れたもんやな」

薩長同盟が結ばれた直後、寺田屋で襲われた龍馬はお龍を連れて薩摩藩に保護され、療養すると吉之助を訪ねる。龍馬とお龍の大胆で奔放な様子に、糸は驚いてしまう。それでも、お龍の気持ちに動かされる糸。一方、薩摩藩はイギリス公使パークスを迎えることになった。

お龍さんが予告で言っていた「お互い難儀な男に惚れたもんやな」に、ほんとそれと思いました。お龍さんも糸も、本当に難儀な男に惚れてしまいました。糸の愛が吉之助に伝わって、恋慕に変わっていくと良いなぁ。そして、歴史も動きそう!来週も楽しみです。

 

 

aoikara

 

▼第33話「糸の誓い」記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼西郷どん 記事一覧はこちら

www.aoikara-writer.com

スポンサーリンク