中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

【ドラマ】小さな巨人 第3話 ネタバレ&感想 「敵は味方のふりをする」いや、味方だと思ってなかった

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170516164406p:plain

タイトルの「小さな巨人」はゲストで出演する和田アキ子さんのことなのではないか、と気づいたaoikaraです。小さくないな、普通に大きな巨人だな。あれ…?

 

というわけで今回のテーマは…

 

小さな巨人 第3話 ネタバレ&感想

 

です。

※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※ネタバレもしていますので、まだ内容を知りたくない方は見てからどうぞ。

 

第3話のあらすじ・ネタバレ

署長の配慮

所轄で勝手に捜査をしていた香坂(長谷川博己)と渡部(安田顕)は、署長室で副署長(池田鉄洋)に叱られる。中田隆一(加藤晴彦)を捕まえるために捜査を許可してほしいと言う。三笠署長(春風亭昇太)は「成果は認める」としながらも、「あとは捜査一課に任せろ」とのことだった。

 

事件を撹乱された捜査一課長も怒り心頭

事件の真相がわかるかと思ったら、急に池沢菜穂(吉田羊)が供述を変えて、赤っ恥を掻いた捜査一課。捜査一課長の小野田(香川照之)も怒り心頭で震えている。捜査を一任していた山田(岡田将生)にも、叱り飛ばしていた。

 

風見京子(富永沙織)の殺人事件は小野田本人が捜査指揮を執ることに。「事件解決のためならなんでも使う」と宣言。山田にもそのようにしろと指示する。

 

小野田の意外な行動

捜査を止められた香坂だったが、これは所轄の事件だと考えて、捜査をやめるつもりはなかった。しかし、小野田の指示で捜査一課と所轄で特別な捜査本部が作られることに。「全員の力を借りたい」と演説しているが…

 

所轄の刑事たちは捜査一課が頼ってきたことを喜ぶが、香坂は小野田と山田の真意が気になっていた。

 

中田隆一のアリバイ

犯人の目星は中田隆一。しかし、事件当時にとあるバーにいて、男性店員と女性オーナーの2名のアリバイが確認されている。その女性は山本アリサ(佐々木希)と言って、以前香坂が料亭で隆一と一緒にいたのを見かけた女性だった。

 

山田の独自行動?

芝署では署長室に小野田が来て、香坂のことについて三笠が詫びていた。香坂はいつも小野田についている山田がいないことが気になっていた。

 

結局、所轄の仕事は…

捜査一課が所轄に頼んできたのは監視カメラの確認。しかも、事件があった場所周辺ではなく、それ以外の広い範囲。何か見つけるまで捜査会議にも出なくて良いとのこと。つまり、所轄を拘束するための理由付けの仕事

 

腹を立てた所轄としては、香坂が知っている山本アリサと隆一の接点を報告しないことに。

 

捜査一課では欠員が出ているとのことで、副署長が若手の中村(竜星涼)を指名。香坂は中村に「頼みたいことがある」と伝えて…

 

二課が手を引いた理由

山田は捜査二課の松岡(高橋光臣)に捜査情報を渡し、二課の情報を得ようとした。松岡は山本アリサの資料を見るなり、「見なかったことにする」と言って去ってしまう。

 

香坂が頼んだこと

中村は捜査一課の会議や捜査に参加し、その様子を所轄の香坂や渡部に報告していた。

 

監察官と二課のつながり

一方、二課の松岡は、監察官の柳沢(手塚とおる)となにやら話をしていた様子。

 

何かを察する小野田

山田は二課から何の情報も得られなかったことを小野田に謝罪。もう一度試すと言うが、無理だと言う小野田。別の手を考えろと命令。小野田は一人になってから、「監察官が動き出したのはそういうことか」とつぶやいていた。

 

店員への聞き込み

山本アリサの店へ、香坂と渡部が聞き込み。まずはアリバイを証言した男性店員だけに。香坂はアリサに顔を覚えられている可能性があるので、渡部が確認してアリサがいないとわかってから、二人で店に向かう。

 

店員は当初言っていたように、個室にアリサと隆一がいたとアリバイを証言する。何やらゲーム好きで、いくつもソフトを持っているようだが…。アリサと隆一に以前からつながりがあったことを考えると、店員が嘘をついているかもしれないと香坂は考える。

 

今度はアリサに聞き込みをしようとすると、副署長がやってきた。勝手に捜査していることに釘を刺され、話を聞けない。

 

山田が焦る理由

山田が必死な形相で芝署やってくる。情報を得ようとするが、香坂に「おまえは信用ならない」と言われてしまう。山田は「出世したい」と言うが、それなら「なぜ東大を出たのにノンキャリアなんだ?」と聞かれてしまう。

 

山田は「あなたにはわからない」と言う。「キャリアを信じていたが、目の前で崩れ落ちていった。捜査一課長はノンキャリアしかなれないポジションだから、絶対に捜査一課長になる。それが僕なりの戦い方」と述べる。

 

香坂は小野田の考えがわからないと言う。山田にもそうだから焦っているのだというと言うが、「考える必要はない。一課長の指示に従うのが我々の任務」と言うだけ。

 

アリサの正体

香坂が帰宅すると、妻と母が二人で香坂の私物断捨離中。その中から、アディダスの三本線のマークを見て、香坂が隆一に接触した際、アリサが持っていた紙袋のマークを思い出す。

 

調べてみるとロンドンリバー証券のマーク。渡部に言うと隆一がホテルで受け取っていた書類にも同じマークがあったことがわかる。

 

追い詰められた山田は…

そんなことを話していると山田がやってくる。アリサと隆一の接点を香坂が報告していないことに激怒している。香坂は協力しようという姿勢を見せ、山田も乗る。

 

山田は捜査二課がアリサを追っていたことを伝えている。どうやらアリサも隆一の父の会社・ゴーンバンクのインサイダー取引に関わっていたらしい。アリサ本人から話を聞こうと、店に向かうが…

 

一歩出遅れた

アリサは捜査一課の二係に事情聴取のために連れて行かれていた。隆一との接点を捜査一課は知らないはず。香坂たちは情報が漏れていると気づく。

 

アリサは事情聴取を任意で受けるも、隆一は「良いお客様」と言うだけで、それらしい証拠は出てこない。もう一人の証人である店員は店をやめていた。また、香坂は署長と副署長から情報を上に報告しなかったことを怒られる。

 

アリバイを崩す唯一の方法

今度の今度は首になるかもしれない香坂だったが、捜査の手を緩める気はない。「一つだけアリバイを崩す方法がある」と言い、所轄の刑事たちに監視カメラの映像を確認するよう指示する。

 

そんな所轄の様子を見て、捜査一課に手伝いに行っている中村は不安げな表情を浮かべる。香坂はそんな中村に声をかけ、「チャンスだからがむしゃらで頑張れ」と激励する。山田は中村をにらんでいて…

 

アリバイを崩す映像を発見!

芝署の刑事が、事件当時にアリバイを証言した店員が別の場所に映っている姿を発見する。実は店員が持っていたゲームはかなりの人気商品で、並んで買わないと手に入らないほど。事件があった日はゲームの発売日で、店員も夜中から並んでいたのだった。

 

つまり、中田隆一のアリバイが嘘の可能性が高まったのだ。

 

忍び寄る魔の手

この映像を鑑識に解析してもらうために、渡部はコピーを取ることに。すると、何者かがそのコピーを途中で止めて、映像が入っているDVDを持ち出してしまう。

 

しかし、香坂や山田、所轄の刑事たちが待ち構えている。そのDVDを持ち出そうとしたのは副署長だった。

 

副署長の狙い

もうすぐ警視庁本部に戻る予定の副署長は、その手土産として所轄の情報を勝手に本部に上げていたのだった。それを指摘されるが、証拠のDVDを持っても言い訳をやめない副署長。さらに所轄の情報を自分にリークしていた奴が悪いと声を荒げる。

 

すると中村が「僕です」と、副署長に情報を流していたことを告白。それを逆手に取って、副署長は中村が盗もうとしていたDVDを取り上げたと言い訳を重ねる。しかし、コピーを取っていた機材室には監視カメラが仕掛けてあり、副署長の所業が全て映っていた。

 

「この泥棒が!!!」と香坂が言い、副署長は連行される。中村はとても反省しているが、そもそも上司に情報を報告するのは当たり前だと、皆が励ます。そして、香坂は「所轄の力、見せつけてやれ!」と宣言。

 

真実は目の前に

山田も香坂と一緒に、三笠署長や小野田捜査一課長にアリサの事情聴取を頼み込み、なんとか許可を得る。皆が去ったあと、小野田は誰かに電話をしているが…

 

そして香坂たちがアリサの店を訪れると…そこには誰もいなかった。香坂、山田、渡部は警察内部に裏切り者がいると気づく。中田隆一との内通者がいると。

 

内通者はアイツ

山田が父親の力を使ってアリサの口座情報を調べた。そこにあったのは「小野田ゆかり」という名前。小野田の妻の名前で、いわばこれは小野田の口座。

 

その頃、小野田は中田社長と息子・隆一と接待をしていた。

 

香坂は、自分が失脚するキッカケとなった、三笠署長との会合を思い出す。小野田が急に来たが、本当は隆一やアリサと会うために来たのではないか、そして感づかれたくないから自分を失脚させたのではないかと推察。

 

山田は「敵は味方のふりをする。最大の敵はあの人だったんだ!」と言う。二人の脳裏には小野田捜査一課長、その人の顔が思い浮かんでいた。

ーーーーーーーーーー

と言うストーリーでした。詳しい感想を書いていきます。

 

第3話のGOODポイント

割愛

 

第3話の気になったポイント

  • 捜査一課長が捜査会議で演説している姿が、映画『ウルフ・オブ・ストリート』ジョーダン・ベルフォートっぽかった。このドラマは演説ドラマなのかしら?
  • 中村が捜査一課の様子を電話で所轄に知らせてたけど、バレバレじゃんね。メールとかLINEとかにして、目立たないようにしなさいよ。
  • 山本アリサが持っていた紙袋のマークが証券会社と一致、というのが半沢直樹の展開と似ていて…同じスタッフが作っているからなのか、微妙なポイントが同じなんで既視感があるんですよね。うーん。
  • 所轄が情報を捜査一課に明かしてなくて「裏切ったのはそっちだ!」って切れてる山田だけど…。いや、そもそも山田が情報リークしてるから、そうされないように隠すのは当たり前じゃん。何言ってんだ。
  • 副署長の言い訳の論理破綻がひどい(後述)

 

第3話の感想

何度も思うけど、別に香坂「裏切られて」ないよね

香坂が、小野田捜査一課長に「裏切られた」って言ってるの、どうも違和感があるんですよね。酒を飲んだことを「飲んだ」と言っただけで、それ以上でもそれ以下でもない。あとは自分のミスじゃん?

 

「使えるものは何でも使え」「二課を利用するなら徹底的に情報を搾り取れ」という情報は別に悪いことじゃない。むしろ、捜査する側としては当たり前じゃないですか?言い方が嫌味なだけで、割と言ってることはまともですよ、彼。

 

副署長の言い訳の論理破綻がひどい

今回は捜査一課に情報をリークしているのが副署長だと発覚したわけですが…その言い訳がまあひどかったですね。

 

「そもそも自分が情報を得ているということは、おまえらの中にリークした奴がいる!」「香坂、おまえだって誰かわかってるんじゃないのか!」「誰か言えないならこの話はすべて終わりだああああ!!!!」

 

で、ことが収まってしまいそうだ、どうしよう、もう打つ手はないのか…みたいな空気になってるんですけど、いやいやいやいや!リークした奴がどうとか関係ないじゃん!何自分ルール作ってるんだよ!すんごい論理破綻なのにそれを許す空気感が謎すぎて「はああああ?」ってなってしまいました。

 

その後で中村が「僕です」っていう展開は目に見えてたし…。うーん、どうしよう、私の性格が悪いのかしら。このドラマ見てると、なんかすっごくツッコミ所が多くてうなってしまうんですよ。

 

全然味方だと思ってなかった人がやっぱり味方じゃなかった

そして、中田と裏でつながっていたのは小野田(なのか?)というのも発覚。山田が「敵は味方のふりをする。我々の敵はあの人だったんですよ!」って言ってたけど、そもそも視聴者的に小野田=香川照之が味方には見えてなかったんですがそれは…

 

もっと善人っぽい人にやらせた方が意外性があって、おもしろかったんじゃないのかしら。よくあくどさが出てきそうじゃないですか。いや、香川照之さんの演技は好きなんですよ。半沢も見てましたし。99.9の悪そうで良い人そうなポジションも良かった。

 

うーん、あまりに普通のポジションな感じでねー…うーん。もうひとひねり、ありますよね?

 

次回:懲戒免職の危機でも一課長の不正に切り込む!

警察内部から情報が流れているならと、それをあえて利用しようと考えた香坂。逆に中田隆一の殺人が父親によって隠蔽されていると情報をリークした。その情報に怒った中田社長と、小野田の接触を決定的証拠として捕らえようとする香坂たちだったが…

お、いよいよ小野田との対決でしょうか?香坂って基本的に指示に従ってないから、首にされそうっていう実感があまりないんですがwまあ、次回も見ます。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマランキング

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

保存

スポンサーリンク