読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

【大河ドラマ】おんな城主 直虎 第13話 感想 あの人との再会!そして孤独な直虎と政次

感想 ドラマ テレビ おんな城主 直虎 大河ドラマ

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170403110737j:plain

大河ドラマに“あの人”が再出演して「やっぱりね」とほくそ笑んでいたaoikaraです。やっぱり、あの人は1話だけの出演では終わりませんよね~。

 

というわけで今回のテーマは…

 

おんな城主 直虎 第13話 感想

 

です。

※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※ネタバレもしていますので、まだ内容を知りたくない方は見てからどうぞ。

 

あらすじ:城主はつらいよ

直虎の城主に反発

井伊家では次期当主の直親(三浦春馬)が死に、嫡男の虎松(寺田心)はまだ幼い。そこで南渓和尚(小林薫)は次郎法師(柴咲コウ)が直虎と名を改めて、虎松の後見人になることを提案した。還俗せず、名前だけ改めるとのことだった。

 

しかし、中野直由の息子・直之(矢本悠馬)や、奥山朝利の息子・六左衛門(田中美央)らが、女が城主ということで反発。南渓和尚が直虎がならなければ、小野政次(高橋一生)が後見人になるということを告げると、黙ってしまう。

 

南渓和尚は政次にも意見を求める。政次は直虎へ覚悟を聞くと、直虎は父親の遺志を継ぎたいとのこと。その返事で政次は忠誠を尽くすと頭を下げたが…。

 

まずは政を学ぶ

直虎は南渓和尚に、皆が納得していないと気持ちを吐露。南渓和尚はそれでも直虎の背中を押し、政を学ばせるために今川の『仮名目録』を渡す。法令集がまとめられているもので、寿桂尼(浅丘ルリ子)の意向も組み込まれているとのことだった。

 

井伊家の反応は…

一方、新野左馬助の家ではしの(貫地谷しほり)と息子の虎松、なつ(山口紗弥加)と息子の亥之助らが暮らしていた。そこへ奥山六左衛門がやってきて、直虎が城主になったという話をする。しのは政次も直虎も城主になるのは嫌だと、強く反発していた。

 

政次の狙い

政次はお目付役の三人と酒を呑みながら井伊家について話す。誰も井伊を欲しがっていない。

 

政次が急がなかったのは「今の井伊を得たところで苦労しかない」と考えていたから。直虎は気持ちだけで城主をやりたがっているので、いつか放り出すだろうと踏んでいた。

 

徳政令を出せ?

直虎、城主としての一日目。朝早くから政次と多少揉める。さらに、瀬戸村の百姓たちがあいさつに来たというので出迎えることに。

 

百姓たちは新しい城主が女だということに驚いていた。瀬戸村に来てほしいというので、翌日足を運ぶ直虎。なんと瀬戸村の畑は荒れ地になっていた。

 

度重なる戦によって男でが足りなくなり、畑もろくにたがやせないとのこと。銭主からの借金を棒引きする徳政令を出してほしいと言われてしまう。

 

直虎は安請け合いして、直之にひどく怒られる。

 

井伊家も火の車!?

六左衛門は政次に呼び出されて、井伊家の財政を知る。慌てた様子で直虎に伝えに来て見てみると、なんと井伊家もたいそうな額を借り入れしていた。全て瀬戸方久という人物からの借金。瀬戸村の借金も方久からだった。

 

と、方久が新しい城主にあいさつに来たらしい。

 

瀬戸方久の正体は…

方久と相まみえた直虎はどこか見たことがあると思って…実は幼い頃に家出をして止めてもらったあばら屋の男だった。あのとき得た金を使って、今は蔵が建つほど儲かって金持ちだということ。直虎にはお礼がわりにすずりを持ってきてくれた。

 

直虎はその流れで「徳政令を出してくれ」と方久に頼む。方久は「良い」と答える。しかし、代わりに井伊の借金を全て返してくれるならという条件を添えて。しかし、そんなことをしては井伊がなくなってしまうと、直虎は困ってしまった。

 

徳政令をどうするか…

瀬戸村に徳政令の約束をしてしまった手前、どうするべきか悩む直虎。井伊家の借金を計算してみると、なんと30年かかっても返せない額だった。

 

さらに、瀬戸村から紹介されてほかの村も徳政令を出してくれるようにと懇願しに来て…。直虎は百姓たちに「徳政令は出せぬ」と言ってしまう。百姓たちは大いに反発し…。

 

迷える直虎を見て、政次は「気が済んだのでは?」と話しかけるが、直虎は「政次に後見をさせるのだけはごめんじゃ」と答える。政次は一人になってから「さて」とつぶやくのだった。

 

世の情勢

世間では松平元康(阿部サダヲ)の勢いが落ちており、また氏真(尾上松也)率いる今川家の勢いが増していた。そんな今川館がある駿府で、寿桂尼は井伊家のことを政次に尋ねていた。手を緩める気はないという政次だったが…。

 

もう一度頼み込んで…

直虎はもう一度、方久に徳政令を出すように頼み込んでいた。それは無理だと答える方久。あまっている土地は今川や小野に売ることもできる、と脅しともとれる発言まで飛び出す。

 

しかし、方久は徳政令など出せねば、井伊家を裏切る気持ちなどないと答える。そして、土地を活用して商いを始めれば良いと直虎に告げる。直虎はその意見に、ぴんとくるようなことがあったようで…。

 

“力を持つ”ということ

直虎は南渓和尚に自分の考えを通して良いか相談していた。和尚は「それができる力を持っているのだから、やれば良い」と伝える。しかし、直虎は「力を持つ」ということが、どれだけ怖いことかと思い知った様子。

 

南渓和尚は「信じたものを灯りとし、進むしかない」と助言するのだった。そして、直虎はもらったすずりに墨をとき、筆を走らせる。

 

徳政令問題の解決法は…

直虎は政次、六左衛門、直之、方久を呼びつけていた。瀬戸村の徳政令について、出せぬとの結論を出す。

 

そのかわり、方久を井伊家の家臣にして借金のある土地を方久のものにすると宣言。年貢を納めている間は借金は猶予とし、土地での商いを教えて借金を返せるように手伝うことが方久の役目と伝える。方久もそれを受ける。

 

しかし、六左衛門と直之は反発し、部屋から出て行ってしまう。政次も。それでも方久は「銭さえあれば頭の固い奴らを見返せる」「銭は力じゃ」と、直虎に尽くすことを誓った。

 

百姓たちが出向いたのは…

そこへ方久の家来がやってくる。なんと、瀬戸村の百姓たちが今川家に徳政令を嘆願しにいったとのこと。何が起こっているのかと困惑する直虎。

 

そして、立ち去る六左衛門と直之に「話がある」と声をかけたのは、政次だったー。

ーーーーーーーーーー

という話でした。えっ、何が起きてるの!?と、不安になるような展開でしたね。直虎はしばらく苦労ばかりしそうです。いや、むしろこれが戦国の世ですね。こういう視点の戦国時代は珍しい、でも面白いです。というわけで、詳しい感想を書いていきます。

 

第13話のGOODポイント

  • ムロツヨシさんのキャラ、グッジョブ。

 

第13話の気になったポイント

  • 今回の演出、ちょっとしつこい感じがしました。ムロさんをおどけさせすぎだし、直虎の「それじゃ」って言うシーンも、何度も繰り返す必要ありましたかね…?LIFEのコントみたいになっちゃってたのが少し残念です。

 

やっぱり出ましたムロツヨシ

第2話で出演していた、小汚いあばらやの男。まさかわらしべ長者のような流れでめちゃくちゃ金持ちになっているとは思いませんでした。また強烈なキャラでしたね~ケンケン言ってましたよw

 

「銭は力じゃ」と直虎に説いていたシーンはとても良かったと思います。何もなく蔑まれて、銭を持っていたら手の平返しされた人間だからこそ、銭の力を知っている。それを直虎もよく理解し利用できるようになれば…と今後に期待したいところ。

 

徳政令を出さない代わりに井伊家の家臣にするということで、今後も出番が増えそうですね。直虎が城主になってからの、新しい井伊家の雰囲気を作ってくれるのかな、と楽しみです。

 

まだ敵とも味方ともわからないような、いつ裏切ってもおかしくないような、今後どんな風に動くのかまだまだわからない人物なので、気になります。

 

孤独な城主・直虎

虎松の後見人として還俗はせず、直虎と名乗るだけで城主になった元・次郎。政のことなんて少しもわからないので、思いだけで実務的なことは何もできず、苦労していましたね。

 

また「女だから」と蔑まれていましたし…かわいそう。朝ドラのヒロイン並みにいびられていました。

 

徳政令の代わりに瀬戸方久を家臣にして、領土を与え、年貢を納めることで猶予とし、借金を返せるように商いを導く。私は悪い手ではないと思いましたけどね。どっちも納得させるのであれば、この方法しかないじゃないですか。

 

でも、誰も味方になってくれず、孤独な城主です。

 

孤独な男・政次

政次も悲しいですよね。すっかり暗黒面に堕ちちゃって。かつての思い人にあんなに疎まれるなんてかわいそうすぎます。

 

そして、井伊を乗っ取ろうとしている?次回、どのような策に出て、直虎がどのように立ち向かうのか、展開が気になりすぎます。いや~悪い顔してますよ。

 

次回:直虎と百姓の溝は埋まる!?

直虎が約束を破ったことに怒った瀬戸村の百姓たちは、蜂前神社の禰宜を通して、今川へ徳政令の発布を願い出る。今川が徳政令を発布したと伝える政次。それを驚きの策で打開する直虎だったがー。

井伊のことに今川が絡んでくるようですね。直虎と百姓が対立してしまうのが心配です。政次もさらに策をひねりそうですし…楽しみです。

 

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマランキング

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

スポンサーリンク