読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

【映画ネタバレ】相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断

相棒 映画 感想

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170226174312j:plain

唯一活発に動くときが相棒に関してイベントがあったときだけのaoikaraです。そうなんです、ついに、ついに見ちゃいました…

 

相棒 -劇場版IV-

 

大きなスクリーンで右京さんも冠城君もしっかりこの目で見ましたよ~。というわけで今回のテーマは…

 

相棒 -劇場版IV- ネタバレ

 

です。詳しい感想はまた別の記事で書きます。

※ネタバレをしています。まだ内容を知りたくないかたはこの先を読まないようお気を付けください。

※1度しか見てない映画なので、不足している箇所もあるかと思いますが、ご了承ください。

 

ーーーーーーーーーー

7年前に英国の日本領事館で集団毒殺事件

大きなお屋敷で、海外の子供に交じって、日本人の少女が一緒にかくれんぼをしていた。日本人の少女はお気に入りの場所を見つけ、隠れて目をつぶる。ふと、寝てしまう。

 

いつのまにかずいぶんと時間が経ってしまった。彼女が目を覚まして廊下に出ると、使用人と思われる人物が息がなく倒れている。

 

皆が集まる場所へ訪れると、そこでは皆が紅茶を飲んで死んでいた。

 

特命係は“レイブン”を追っていた

その事件から7年。特命係は国連犯罪情報事務局の元理事であるマーク・リュウ(鹿賀丈史)と一緒に、現在日本に潜伏しているという国際犯罪組織バースのリーダー・レイブンという人物を追っていた。

 

マークの部下であるロイ・モリス(ダンテ・カーヴァー)が現場におり、マークが隠れるように指示をする。しかし、モリスは天宮克則という男を調べてくれ」という言葉を残して、首に黒い羽のタトゥーが入った男に殺されてしまう。

 

マークの平和への思い

モリスのことが少なからずショックな様子のマークをホテルへ送る特命係。「日本人が日本人というだけで狙われる時代が来るかもしれない」と、テロの脅威を感じるマーク。

 

事件解明のためにも特命係と協力することになる。マークの部屋には変わった貝がある。モリスが昔とトラック諸島に行ったときにお土産として買ってくれたものだそうだ。

 

バースは7年前の事件に関わっていた?

バースは国際的な犯罪組織で、日本に関わったのは7年前にイギリスの日本大使館で起きた集団毒殺事件以来とのこと。しかも事件があった日は、在英日本大使館・参事官の娘だった鷺宮瑛里佳(内田未来)の10歳の誕生日だったという。

 

偶然、瑛里佳だけは助かったが、捜査の最中にこつぜんと姿を消してしまったそうだ。誘拐されて身代金要求もされていたが、当時の駐英大使日本政府“高度な政治的判断”によって、その誘拐事件を闇に葬っていた

 

この事件ではバースの一員であるコナー(ドン・ジョンソン)という男が犯人だったらしいが、数日後にバースの意向に反するとのことで、組織で殺されて死体で発見された。

 

そのことを聞いた右京(水谷豊)は、瑛里佳が消えてしまった理由を「呪いかもしれませんね」と言う。

 

タイでテロに遭った遺体が行方不明?

特命係がマーク・リュウと知り合ったのは、実は警視庁総務部広報課長の社美彌子(仲間由紀恵)のつてだった。美彌子の知人だったので、日本を案内してほしいと特命係に依頼したのだった。

 

そんな美彌子から冠城(反町隆史)に連絡が入る。聞けばタイでテロにあった邦人家族と飛行機で一緒だったのだが、遺体をのせた車が行方不明になってしまったという。冠城はその捜査をすることに。

 

意外なことに遺体をのせた車はすぐに見つかる。運転手がいなくなり、乗り捨てられた後だったという。冠城は棺に何かが入っているのではないか不審に思い、調べようとするが止められる。遺体はそのまま葬儀場へ運ばれてしまった。

 

食中毒テロが勃発!?

一方の右京は、マークが予約していた日本食レストランに、モリスの代わりに訪れていた。その店はショッピングモールにあるようだ。エレベーターに乗って店へと行く。

 

と、同時にそのショッピングモールから一人の男が出てきた。その男が車に乗り込むと、黒いタトゥーの男こと「黒衣の男(北村一輝)」が指示を出していた。

 

右京とマークが食事をしていると、突如マークが苦しみ出す。マークだけではなく、ショッピングモールにいる多くの人物が苦しみ出す。どうやら集団食中毒が起きたようだった。

 

マスコミが出るほどの大規模な食中毒で、マークは救急車で病院へと運ばれたのだった。

 

外務省がハッキングされて9億円の身代金を要求!?

大規模な食中毒事件のため、テロの可能性もあるので、警察として報道統制を取りたいところ。広報課長の美彌子も対処に追われていた。

 

ふと、外務省のサイトがハッキングされていることが発覚する。7年前に誘拐された鷺宮瑛里佳(山口まゆ)が本日が日付の日本の朝刊を持って、日本政府に身代金9億円を要求している動画がUPされていた。

 

 「7年前、日本政府は我々の要求を無視した。今回拒否すれば、大勢の人々が見守る中で、日本人の誇りが砕け散るだろうというメッセージも残して。

 

警察が総動員で犯行グループを調べることになる。7年前の事件は国際犯罪組織バースの犯行だったため、今回もそうだろうと推測。さらにレイブンの正体は「首の後ろに黒い羽のタトゥーをしている」こと。そう、モリスを殺したあの男だった。

 

少女の正体は…

動画ではおかっぱのオトナしそうな少女だった瑛里佳だが、実はロングヘアで活発な少女だった。しかも、犯人のアジトでも黒衣の男と仲よさそうに過ごしている。どうも誘拐されたようには見えない。

 

そんな瑛里佳はテレビを見ていて、食中毒事件に遭ったマーク・リュウに目を付ける。こっそりホテルの部屋に忍び込み、マークの荷物を探っていた。そこから「杉下右京」「冠城亘」という二人の名刺を見つける。

 

“日本人の誇りが砕け散る”とは

犯人の言う「日本人の誇りが砕け散る」とはどういうことなのか。捜査本部では、東京で行われる国際平和会議が標的ではないかと考えられていた。

 

というのも、元駐英大使で、現在の環太平洋評議会専務理事の岩井孝信(江守徹)がその会議に参加するから。

 

英国日本大使館の集団毒殺事件、並びに瑛里佳の誘拐事件を葬っていた人物で、犯人の狙いではないかと考えられたのだった。

 

日本政府の方針は「テロに屈しない」

副総理の佐橋健作(益岡徹)や官房副長官の折口洋介(篠井英介)、警察庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二)や、警察庁警備局長の山崎哲雄(菅原大吉)など、日本政府や警察のトップたちが今後について話し合う。

 

「テロには屈しない」ということで、明言は避けるものの身代金は渡さないということだった。さらに、副総理の記者会見で瑛里佳の事件について話は全く出なかった。

 

岩井が会議に出席しなければ市民が危険にさらされることもないのだが、岩井は自分だけをガードして犯人をとっ捕まえてしまえば良い、という考えの持ち主だった。

 

神戸に協力してもらい、マークと共にバースの潜伏場所を調査

瑛里佳が動画で日本の新聞を持っていることから、バースの潜伏場所は日本で間違いないと結論づけられる。さらに、物資や食料を運ぶはずだからコンビニやスーパーなどの防犯カメラで潜伏場所を探そうと提案するマーク・リュウ。

 

自身も被害者だが、捜査するつもりのようだ。特命係からでは捜査本部に入れてもらえないために、元特命係で現在は警察庁長官官房付の神戸尊(及川光博)にマークを託し、協力してもらう。

 

マークは「自分が被害を受けたのもただの食中毒事件ではない」と考え、右京も同意していた。

 

伊丹、やらかした予感…

マークも捜査本部に入って、徹底的に監視カメラを当たっている本部。と、同じく捜査本部にいる伊丹(川原和久)が、床に落ちているUSBを見つける。誰のものが呼びかけても返事はない。

 

パソコンに挿して中身を見ると、どうやら報告書を書いている途中。あとで誰のか探そうと考えていたのだが…。

 

食中毒の進入経路は皆が触れたあの場所

食中毒事件ではおそらく毒物が使用されたのではないか、と推測する右京。同じ時間帯で同じ階の数人が重症だということから、エレベーターのボタンに毒物が塗られたのではないかと推測。

 

鑑識を引き連れて、ショッピングモールのエレベーターのボタンを調べることとなった。

 

天宮克則は“祖国に捨てられた人”

特命係はモリスの最後の言葉「天宮克則」について調べてみた。都内在住の人を調べたが当たらない。そこで、とあることを思い当たった右京が1959年に死亡した「天宮克則」を調べるようにと頼む。1959年は特別措置法が出された年だった。

 

すると、天宮克則のいとこだという年老いた女性に会うことができた。聞けば、天宮克則の父と母は戦時中に日本の統治領だったトラック諸島で、開拓団の一員として暮らしていたそうだ。

 

しかし、戦時中に日本人がいるということでトラック諸島は襲撃される。天宮克則の母親も空襲の中生き別れてしまった。

 

戦後にいとこの女性の両親のもとへ、親戚として天宮克則がたずねてくる。父と母は来なかったかと。しかし、父と母は戦死届が出されており、自身も特別措置法で生きていながらもう死んだものとされていた。

 

そのときの天宮克則の悲しみや悔しさは計り知れないものだったと、いとこの女性は語る。天宮克則は祖国に捨てられた人物だったのだ。

 

瑛里佳もまた“祖国に捨てられた”

レイブンは天宮克則と何らかの関係にあり、同じように祖国に見捨てられてしまった瑛里佳に感情移入して、今回のような事件を起こしたのではないか、と特命係は推測する。

 

一方、バースの潜伏場所にいる瑛里佳を、黒衣の男は穏やかな目で見つている。「大きくなったな」と。そして、古い写真を持っている黒衣の男に「これは何?」と聞く瑛里佳。男は「親父の形見だ」と答えるのだった。

 

それは、トラック諸島で開拓団の集会を写した写真だった。

 

右京は米沢に意外な依頼をする

右京はUPされた動画から光が入る場所だと予想。声を出せば逃げられるのにそうしないことから、強制的に連れられているわけではないことも推測する。さらに、よく聞くと電車の音が聞こえる。

 

そこで、元鑑識の米沢守(六角精児)を呼び出し、電車の音を聞き分けてほしいと頼む。しかし、特命係とはもう関わらないと決めた米沢は逃げ出してしまう。

 

それでもやはり特命係には協力したいと、調査の結果を伝えてきた米沢。動画に映し出されている時計の時間帯と、音を合わせて、潜伏場所を絞り込めた

 

潜伏場所を発見!しかしそこにいたのは…

米沢の絞り込みのおかげで、マークが買い物をする瑛里佳と男がカメラに映り込む姿を発見する。それをビデオ通話でいち早く特命係に伝える神戸だったが、内村刑事部長(片桐竜次)や中園参事官(小野了)に指摘され叱られてしまう。

 

しかし、通話は切れておらず、アジトがあると思われる場所の住所を特命係に聞かせた神戸。それをもとに捜査員、そして特命係も捜査を開始。

 

特命係は監視カメラに映っていた、瑛里佳と男が乗り込んだ車と同じ車種を発見。地下を進むと、誰かがいたような形跡がある。そして、瑛里佳だけが拘束されていた

 

バースはもう皆が出て行ってしまい、瑛里佳は邪魔になると残されてしまったのだった。そのため、拘束されて身動きが取れないようにしていたのだ。

 

7年前の集団毒殺事件の真相は…

拘束を解かれた瑛里佳はすぐに拳銃を握り、特命係の二人に向ける。「君には撃てない」「音を聞いて捜査員がやってくる」と説得する冠城に、きちんと防音して近くのサンドバッグをに撃つ瑛里佳。どうやら本気のようだ。

 

そして「もう何人も殺してるから」と言う。右京はそのことについて「7年前に紅茶に毒を入れたのは瑛里佳ではないか」と聞くのだった。

 

大使館で瑛里佳はアジア人というだけで容姿のことでからかわれていた。そんなイギリスでも仲良くしてくれた男性が、バースの一味であるコナーだった。

 

コナーはとある液体を瑛里佳に渡した。「自分の生まれた日に飲むと願い事が叶う」と言って。だから、瑛里佳は「みんなが仲良くしてくれますように」と願いを込めて、紅茶に液体を入れたのだった。だとは知らずに。

 

それを飲んだ人たちはみんな死んでしまった。コナーは「君が願っていたことだろう」と言う。瑛里佳も「もしかすると自分はみんなに復讐したかったのかも」と恐怖を感じる。それが瑛里佳の“呪い”だったと、右京は考えていたのだった。

 

そして「言いふらされたくなかったら着いてこい」と言われて、バースのもとへと向かったのだった。

 

右京は「あなたは誰も殺してない」と説得し、瑛里佳も拳銃を下ろす。ふと、瑛里佳の近くにあったジャケットに写真を見つける。黒衣の男のジャケットで「親父の形見」と言っていたことも伝えて。

 

特命係は黒衣の男がレイブンで、天宮克則の息子であると推測。

 

また、写真に「銀座開明館」と映っていたことから、“日本人の誇りが打ち砕かれる”というのは、銀座で行われている国際スポーツ大会の日本人選手団のパレードなのではないかと推理するのだった。

 

警察本部にパレードの警備強化を依頼

特命係は警察本部にパレードの警備強化を依頼する。しかし、そもそも警備は強化であり、あと30分で始まるパレードの管理などできないと跳ね返されてしまう。

 

特に山崎は「もし違っていたらどうする」と、及び腰。そこへ甲斐峯秋だけ特命係の意見に賛同。その様子を冠城がスマホで撮影。

 

テロの備えについて拒否したという結論でも、反対した人が責任を取らされたらかわいそうだと。そうすると次々にパレードの警備強化について賛同の意見が挙がる。山崎だけは拒否したが、パレードを警備することに決定する。

 

レイブンの真の目的は50万人の人質

捜査本部では特命係が駆けつけるほか、食中毒について調べていた美彌子もやってくる。右京の指示通りにエレベーターのボタンを調べると、科学的に合成された有機リン系の毒物であることが発覚。非常に比重が重く、下にたまる毒物のようだ。

 

日本では製造が認められていないが、海外なら可能な場合があるという。そこで冠城はタイでテロにあった遺体が消えていたことを思い出す。あの遺体と一緒に毒物が送られてきたのだとわかる。

 

毒物は1リットルあれば50万人の致死量になるという。それを聞いて、右京はバースの狙いが日本選手団ではなく、観覧にきた50万人の国民だと気づき、全捜査員に知らせようとする。

 

警察本部が混乱!やらかしたのは…

しかし、監視カメラがダウンし、トランシーバーや警察の電話もつながらなくなってしまう。どうやらUSBが差し込まれて警察のパソコンがハッキングされた模様。完全に伊丹のせいである。

 

右京と冠城は現場に駆けつけて、伊丹の話からハッキングされた理由を知る。さらに防除している電波があるので、捜査一課に当たってもらうことに。

 

途中で観覧に来ていた月本幸子(鈴木杏樹)の電話を借りて、本部にいる美彌子と連絡を取り合うことにした。

 

捜査一課の伊丹と芹沢(山中崇史)は通信を妨害する電波を流していた場所を見つけ、闘って打ち勝つ。トランシーバーは復活したのだった。

 

「黒衣の男」を捕まえるも…!?

カメラが映らなくなったのは、黒衣の男がライフルで壊していたからだった。それを発見した特命係は、逃走する黒衣の男を追いかけて捕まえる。

 

しかし、彼はレイブンではなかった。

 

レイブンの正体は天宮克則?そしてその本性は…

右京はとあることに気づく。マークのホテルの部屋にあった貝。モリスがトラック諸島から買ってきた土産だというが、モリスがトラック諸島に行ったことはなかったという。

 

つまり、マーク・リュウこそトラック諸島で生まれ育ち、両親を失い、祖国から見捨てられて“戦死”扱いされた天宮克則その人だった。そして、バースのリーダー・レイブンだったのだ。

 

マークは地上に毒物をばらまくために、屋上へと上っていた。そこで特命係と鉢合わせる。

 

病院を逃げ出した瑛里佳もマークがいる屋上に来ていた。マークは狙われており、足を撃たれてしまった。そして、今度は毒物を流そうとしたとき、マークの射殺許可が下りて銃声。

 

右京が身を挺して、マークを狙撃から守る。

 

右京は意識を失い、流血して倒れ込んでしまった。マークは「どうして…」とつぶやいていた。

 

黒衣の男の正体は元SP

冠城と幸子が待つ中、右京は緊急の手術中。そこへ大河内監察官(神保悟志)がやってくる。黒衣の男の正体は、天宮克則の息子ではなく、土橋紘一という元SPだった。

 

実は元駐英大使の岩井を警護しており、瑛里佳の事件のときもSPとしての任務で一緒にいた。そのときにこんな腐ったヤツに命を捧げていたのかとうんざりして、警察をやめてしまったのだという。

 

その後、一年前に天宮克則ことレイブンと知り合い、瑛里佳が元気に過ごしていることを知る。今度はこの命を天宮克則のために捧げたいと、今のような仕事をしていたのだった。

 

テロ未遂事件は葬り去られる…はずが?

警備局長の山崎はことの顛末、つまりテロ未遂事件については隠すようにと、広報課長の美彌子に告げる。そのときは「はい」と答えていた美彌子だったが、マスコミにテロ未遂事件がリークされて、明らかになってしまった。

 

天宮克則の本当の目的は…

右京は命に別状はなく、助かる。そして冠城に車いすを押してもらい、瑛里佳と一緒に天宮克則の聴取に行く。対面すると、どうやら天宮克則は捕まってから何も食べてないという。

 

思えば天宮=マークはレイブンとして内部に潜り込みながら、特命係にヒントを送っていた。食中毒事件は毒物ではないかとか、アジトの場所を突き止めたりとか。犯人にしては不自然な行動だ。

 

さらに、レイブンは瑛里佳を本当の娘のように大切にしていたというのに、瑛里佳の目の前で毒物を流すようなことをするのも疑問だと感じていた。

 

そのこともあり、テロ事件ではなく、直前で自分が狙撃されて殺されることで、テロ未遂事件を起こそうとしていたのではないか。日本人の危機感を煽ろうとしたのではないかと。捨てられた祖国のために。そう右京は考えていたのだった。

 

そのことを聞いた天宮は「そんな愚かな人間の考えはしれないが」と前置きしながらも「彼にはそれしかできなかった」と涙ながらに語った。

 

その姿を見て、右京は命を大切にしてほしいと。熱弁して自身の傷の痛みを忘れて力を入れすぎてふらつくほどに

 

「あなたは生きるべきです。いえ、生きてください」

 

と伝えるのだった。

 

そして、ラストシーンへー

車いすに乗った右京は東京の空を眺めていた。冠城と一緒に。そろそろ行こうとする冠城に「もう少しこのままで」と告げてー。

ーーーーーーーーーー

以上です。長い、長かったですね。詳しい感想は、また後ほど書くことにします。でも、これだけは言っておきたい。素晴らしい作品だったと思います。

 

こちらも映画を見てからすぐに購入しました。これは読んでおくと裏話も知れるので、ぜひぜひ読むことをおすすめしたいです。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ

 

aoikara

 

▼映画の感想を書いた記事はこちら

www.aoikara-writer.com

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

保存

スポンサーリンク