読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

【ドラマ】増山超能力師事務所 第4話 感想 男装女子が女装男子を演じてる!?

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170127140046j:plain

スプーンは曲がらない、物は浮かない、人の心は読めない、超能力師ではなく凡人のaoikaraです。本当に超能力者なんているんですかね~。全てはメンタリズム?

 

というわけで今回のテーマは…

 

増山超能力師事務所 第4話 感想

 

です。

※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※一部ネタバレもしています。ご了承ください。

 

あらすじ:愛すべきは男の見栄

親友社員候補は増山好みのキャバ嬢!?

増山圭太郎(田中直樹)が所長を務める超能力師事務所に金髪のキャバ嬢・宇川明美(ルウト)がやってきた。「マッスン(増山)に呼ばれた」とのことだったが、増山は3日も連絡が取れなくなっていた。

 

仕方なくイライラしている悦子(中村百合)が明美の超能力審査をする。だが、結果はさんざん。しかし、悦子はコントロールできてないだけで潜在能力があると見込んでいた。しかし、態度がひどいので追い払うことにした。

 

しかし、明美は帰り際に悦子が考えていることを当てた。しかも、感情にフタをして読み取れないようにしていたはずなのに…。

 

明美はキャバクラに務めていたが、嫌な客の相手に超能力で妨害していて店からクビにされてしまっていた。

 

河原崎から明美の情報GET

夜、悦子が残っている事務所に河原崎(忍成修吾)が訪ねてくる。実は河原崎が増山を連れて行ったキャバクラに明美が働いていたのを見つけて、スカウトしたのだった。明美の不安定な力を不安視していたようだったがー。

 

さらに、増山がしている仕事はかなりの高額報酬だという情報も教える。しかし、どんな内容かまでは教えてくれなかった。

 

増山への依頼は政治絡み?

一方、事務所には増山に関する依頼のために政治家の女性秘書・石野公子(上原多香子)が訪れていた。

 

悦子が詳しく話を聞くと、どうやら最近不正献金疑惑で世間を騒がせている代議士・安田幸一(モト冬樹)の秘書をしている大倉和人(とろサーモン村田)の捜索を依頼されていたようだった。

 

しかし、公子は個人的に捜索を止めたいと申し出て、増山に伝えてほしいとのことだった。そこで事務所では明美を雇うために高額報酬を受けることにしたのではないか、という話が出てくる。

 

増山は篤志に接触するが…

そんなとき連絡の取れなかった増山から篤志(浅香航大)に連絡が入る。事務所がどんな状況かを教えてもらいにきたのだった。状況は把握して篤志も仕事を止めるが、増山はやめる気はないようだった。

 

増山の作戦、開始

増山は情報を読み取り、伝っていき、とうとう大倉の居場所を突き止める。そして、安田が指定した場所に彼を届けるのだった。そして事務所には高額の報酬が支払われていた。

 

久しぶりに事務所に戻ってきた増山に、所員たちは本当にあの仕事を引き受けたのか、と少し絶望気味。しかし、テレビを見るとなんと大倉が出演して告発をしている

 

増山は安田の依頼通りに大倉を探し出し、見つけた直後で仕事を持ちかけたのだった。「命を守る」という仕事を。そして、一度は引き渡したものの救い出し、メディアへ露出することで消されることにならないよう配慮したのだった。

 

明美も増山事務所へー

そして増山が気に懸けていたのは明美のこと。いつか能力が爆発してしまうのではないかと考えていた。そんな増山の考えを聞いて、中井(柄本時生)と篤志が動き出す。

 

悦子にも協力してもらい、明美が務めていたキャバクラから現在働いている場所を突き止める。

 

明美は「ここで失敗したら行く場所がない」と不安に思っていて、事務所に来たがらなかったのだった。それでも悦子が説得し、事務所に入ることに決まった。所員4人での増山事務所がスタートしたのだった。

 

というストーリーでした。今回は政治家の秘書探し、そして明美という2つのストーリーが同時に進行する話でしたね。どちらもインパクトがあり、かすんでしまわなくて良かったと思います。そして明美には衝撃の事実が…

 

詳しく感想を書いていきます!

 

第4話のGOODポイント

  • 久しぶりの忍成修吾の嫌らしい笑顔ウザイ!(すごく褒め言葉)
  • 所長に近づく女性にジェラシーな悦子がめっちゃ乙女。
  • 明美のおっぱいがすごい!いいなぁ、大きくて。
  • 記者役にまさかのココリコ遠藤さん登場!田中さんを見ながら「ああはなりたくない…」というひどいセリフwアドリブっぽかったですね。
  • 明美と悦子、キャバクラでのイヤらしい客への扱い方が全く同じw良いコンビになりそうです。
  • 【悲報】モト冬樹、ほぼ声だけ、ほぼコント

 

第4話の気になったポイント

  • 中村ゆりさん、「らりるれろ」の滑舌が苦手?

 

“仕事”として人を助ける所長カッコイイ!

2~3話はほとんど空気だった増山所長ですが、今回はデキる男って感じがして格好良かったですね。「めんどくさいなぁ」と言いながら、絶対に良い方に動いてくれる男じゃないですか~。

 

他人の声のフリができるって何の能力!?

今回は増山の新たな能力が見られましたね。他人の声のフリができるという。それって超能力の何と関係があるの?他人が増山の心を全く読めないというし、謎にスペックが高い人ですよね。

 

あくまで仕事できちんとお金もいただきます

このストーリーを見ながら「とか言いながら助けちゃうんでしょ~」と思ってて、やっぱり助かったのですが、それを仕事として提案するというのがとてもスマートでしたね。

 

仕事だからちゃんとお金もとる。ただ、命を守るのに1万5千円。捜索には800万円とい法外な金額を受け取っておきながら、こういう仕事は良心的というのも増山のかっこよさですね。

 

謎の美女(美青年?)明美も仲間に加わる

男装女子が女装男子を演じてて…ややこしい!

今回は第1話で気になっていた謎の美少年が仲間に加わりましたね。しかし…

 

女装男子

 

のようです。ん?演じているルウトさんという方はたしか男装女子。が、女装して男性を演じている…うーん…

 

ややこしい!

 

そして名前も

 

あきよし

 

「あけみ」ではなく「あきよし」と読むんだって。なるほどね。が、男性でも女性でもキレイってなにそれずるい。そしておっぱいも大きいなんて!ひとまず、敵対するのではなく仲間に加わってくれて良かったです。

 

明美の過去や女装するに至った理由とは?

しかし、明美は第1話に出ていたときは男性の格好をしていました。それがなぜか女性の姿になっていた…。そこに何かしらの理由があるのかなぜいつもいらだっていたのかなぜキャバクラで働いていたのか明美の過去もいろいろと気になりますね。

 

次回:超能力者の料理人!?

超能力を教えてほしいと食堂の息子・俊介がやってくる。聞けば父親の等は“超能力めし”で繁盛した店の料理人だった。父親が病気で入院してしまい、代わりにと働き始めたが客は減少。そんななか、父親は「店を潰してほしい」と依頼するのだったー。

 

寺脇康文さんだーうれしいですねー。堅物オヤジって感じの役どころ。「店を潰してほしい」というのは、超能力なんかに頼るなよ、という息子へのメッセージなのかな?と結末を予想しちゃいました☆

 

というわけで、おそらく超能力者ではないのでこの予想は外れるだろうと思います。来週も楽しみです。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちら

保存

スポンサーリンク