中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

【ドラマ】嘘の戦争 第9話 感想 浩一が三瓶守への復讐を思いとどまってくれて良かった…!

スポンサーリンク

 

f:id:aoikara:20170308150345j:plain

復讐ドラマは終わりが見えなくて切ないaoikaraです。嘘の戦争も終わりが見えなくなってきましたね~。

 

というわけで今回のテーマは…

 

嘘の戦争 第9話 感想

 

です。

※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※一部ネタバレもしています。ご了承ください。

 

 

あらすじ:三瓶守を復讐のターゲットに

浩一VS興三の直接対決

退院した興三(市村正親)のもとに浩一(草彅剛)がやってきて、二人きりで話し合うことに。浩一に何を要求するか聞くと「30年前の事件について謝罪会見しろ」とのこと。しかし、興三は「くだらん。意味はない」と一蹴してしまう。

 

浩一はそれでも「音声をネットで全世界に流す」と脅す。さらに、「もうひとつの秘密を握っている」と何かを匂わせるのだった。

 

浩一の次なるターゲットは三瓶守の娘だが…

浩一は三瓶守(大杉漣)の娘・由美子(国仲涼子)とその婚約者を眺めていた。結婚式の話し合いをしている様子。

 

「相手の一番の弱点を狙う」という浩一は、三瓶によって結婚がぶちこわしになるように復讐しようと計画。それを聞いた相棒のハルカ(水原希子)は「今回は降りる。一人でやって」と言って立ち去ってしまう。

 

隆の狙いは浩一

一方、ニシナコーポレーションの社長である隆(藤木直人)は、父・興三と浩一について話し合い。もうひとつの秘密とは粉飾決算のことではないかと予想。その前に自分が録音を何とかするというが…。

 

隆がやってきたのは百田(マギー)のバー。「今度はこちらが嵌める」と浩一への宣戦布告で、百田と協力する様子。それを、カズキ(菊池風磨)も眺めていた。

 

浩一は由美子に接近…

浩一は弁護士のふりをして、由美子に話しかける。守が振り込め詐欺にあって落ち込んでいるので、電話を掛けて様子を聞いてほしいと伝えるのだった。

 

百田とカズキは協力体制?

バーへやってきた浩一に、百田は最近の様子を聞くが答えない。百田はカズキにも自分の仕事を協力するよう持ちかけていて、カズキは複雑な様子だった。しかし、詐欺師として「ずるくなれ」と言われ…。

 

隆は晃に「助けてくれないか」

晃(安田顕)は隆に粉飾決算のことを漏らしてないか聞かれる。晃は言ってないというが、酒のせいでわからないと頼りない様子。

 

「俺の代わりに俺と親父の罪を被ってくれてたんだな」と、隆が社長になって変わってしまった理由も理解。そこに隆が「助けてくれないか」と頼む。浩一を詐欺師として刑務所にぶちこむために、協力してほしいと持ちかけたのだった。

 

守は娘から連絡をもらい…

守は娘から久しぶりに連絡をもらい、電話をする。そのときのことを思い出してか、守は浩一に写真を見せる。家族写真で浩一と娘の由美子が赤ちゃんのときに一緒に映っている写真。そして、父と守の学生時代の写真。

 

娘のことを話しながらも、浩一のことに「僕のこと許せないよね」という守。「僕も僕のことが許せない」と続ける。浩一は話題をそらし「結婚式出ないの?」と持ちかける。しかし、「こんな父親は会えない」と弱気な様子で…。

 

着々と浩一の告訴の準備が進められて

隆と晃は弁護士に頼み、浩一を告訴するための準備を進めていた。と、晃は「一ノ瀬は償える」「俺の罪はどうつぐなったら良い」「謝る機会もない」と悩んでいる。そして「一ノ瀬のことは俺が必ず何とかする」と宣言するのだった。

 

興三は六車と接触

興三は六車(神保悟志)を呼び出していた。足にケガをしたが、仕事に支障はないという。興三は浩一のことを隆に任しきれない様子。そこで、いざというときは指示を出すため、体を治しておくようにと六車に命令したのだった。

 

嘘が下手な楓と晃

晃は楓と会っていた。晃は自分のせいで結婚がダメになってしまったことを謝罪。「本気で好きだったわけじゃない」「結婚だって本気じゃない」という楓に、晃は「おまえは昔から嘘が下手だ」という。

 

そして、浩一を警察に突き出すことを宣言し、楓には忘れるようにと伝えるのだった。

 

浩一も守への復讐を着々と進める

浩一は由美子とその婚約者に、偶然を装って対面。守に会うようにと説得をする。しかし、由美子は「誕生日だって帰ってきてくれなかった」と父親に対して信頼してない様子。しかし、婚約者の好意も合わせて、説得に成功。

 

守は娘の婚約者の両親と会うために、スーツ探しにでかける。それに一緒に着いていく浩一。いろんなスーツを着ている守をスマホで撮影しているのだった。

 

百田のバーに戻ってきた浩一は、カズキに仕事を依頼。守の顔写真と五十嵐が女と遊びまくっている写真を合成するようにとのことだった。

 

ハルカは楓に説得を頼む

楓が一人でいるところに、ハルカが訪ねてくる。「元カノではなく仕事仲間だ」と打ち明けるが、楓は話を聞きたくないという様子。

 

ハルカは「嫌いなんだよね、今の浩一」と打ち明ける。恩人まで復讐しようとしているのが怖いらしい。なぜ自分に明かしたのか不思議な楓。ハルカは「説得してもらえないかな?」と頼むのだった。

 

嘘が下手な楓と浩一

楓に呼び出されて浩一は二人で会うことに。楓は兄や父親のことを許してもらおうとは思わないと告げる。そして、

 

「9歳で嘘をついた千葉陽一君のことを、あなたが許してあげて」

 

と説得するのだった。あの嘘が浩一を救ったのだと。私もあなたの嘘に一瞬救われたのだからと。できれば、嘘を一生ついてほしかったと。

 

浩一は楓に晃と会ったか訪ねる。楓は嘘をついて首を振る。それに対し、浩一も「下手だね、嘘」と言い、去ってしまうのだった。

 

帰り際、バーに入っていく浩一を晃が恐ろしい表情で見つめていた。

 

守はスーツを着て娘の婚約者と対面

守は娘の婚約者と会うためにスーツを着ていた。でかけた後で、この前見せてもらった写真をこっそりと見る浩一。写真の裏を見て、はっとしたような表情をしていた。

 

一方、浩一の事務所では誰かが何かを探している…。

 

守は娘の婚約者のフォローもあり、和やかな雰囲気で対面していた。その様子を見つめる浩一。そこへかけより、不埒な様子に見える合成写真をばらまいた…

 

というのは浩一の想像だった。浩一は復讐をできず、立ち去ってしまったのだった。

 

浩一が復讐をしなかった理由

立ち去っていく浩一を見つけた守は、席を外して追いかける。守は浩一に「30年間嘘を吐き続けた」「許されなくて当たり前だ」と吐露。浩一も不埒なねつ造写真をばらまこうとしたことを告白。

 

なぜやめたのかと問われて、「誕生日にも、クリスマスにも、お正月にも、守さんはそばにいてくれた」と言う。守はそれでも「だって君が嘘つきじゃないって、僕だけは知っていたから」と答える。「僕だけは知っていたのに…」と懺悔するように。

 

そこへ気になった由美子がやってくる。浩一は守のことを話す。実は浩一と由美子は同じ誕生日で、施設でも孤独だった浩一の誕生日を唯一祝ってくれたのが守だったという。浩一は写真の裏を見たとき、誕生日の日付のメモを見つけたのだった。

 

「本当は由美子さんのところに帰りたかったはずなのに、嘘をついてそばにいてくれた」「守さんの嘘に俺は救われた」という浩一。

 

なぜ言ってくれなかったのかという由美子に「家族を巻き込みたくなかったのだろう」と代弁する浩一。自分の家族は殺されたんで、と付け加えて。

 

浩一は「長い間、お父さんを借りてすみませんでした」と由美子に頭を下げる。そして、守に涙ながらの笑顔で「俺、もう大丈夫」と伝えるのだった。

 

親子は寄り添い、去って行く。その姿を、うれしそうな表情で見つめる浩一。そこへハルカも偶然を装ってやってくる、うれしそうに。浩一はハルカに、興三への復讐が終わったら、またタイで詐欺をしようと話を持ちかけるのだった。

 

興三がいよいよ謝罪会見

浩一は隆に会い、12時間以内に興三に謝罪会見をさせろと要求。しなかったら世界中にぶちまけてやる、と宣言して。

 

粉飾決算のことはハッタリかもしれないし、会見しなくても良いという隆と秘書だったが、興三は会見を開くことに合意。同時に、晃が警察へ出頭していた。

 

興三の記者会見はネットに生中継されている。浩一とハルカも食い入るように見る。「罪を明かす」という興三だが、語ったのは粉飾決算の事実だけ。

 

しかも、それを謝罪したのは詐欺師に脅されていたからで、その詐欺師に晃も2,000万円を奪われたと告発。浩一について打ち明けただけだった。

 

晃も、警察で浩一について証言していた。

 

追い詰められた浩一

浩一は音声データをネットに上げようとするが、全てのデータが失われていた。カズキがパソコンを遠隔操作していたからだった。それを指示したのは百田。そして話を持ち込んだのは隆、3人は隆の部屋に一緒にいた。

 

1時間何もなければ百田を信用するという隆。カズキだけを帰すが、カズキはまっすぐ帰らずニシナコーポレーションの研究開発室へと入っていって…。

 

浩一がバーを訪ねたときにはもう誰もいない。それどころか、警察がやってくる。身を隠すも居場所がバレて追いかけ回される浩一。六車がそれを見つけて車を走らせる。浩一はただただ逃げるしかなかったー。

ーーーーーーーーーー

という話でした。はーいい話からの追い詰められるー。というわけで詳しい感想を書いていきます。

 

第9話のGOODポイント

  • 浩一の守を許す笑顔の表情、本当に良かった。涙ながらで、前とは違う表情で。
  • 対照的に、二科に嵌められたときの顔をぴくぴくさせる表情も良かった。草彅君って淡々として見えるのに、こういう細かい表情の演技が本当にうまいですよね。

 

復讐を思いとどまってくれて良かった

復讐する気のときは正気を失ってた浩一

三瓶守に復讐しようとしているときは、正気を失っていて、ただただ

 

復讐してやる!

 

という気持ちが前に出てましたね。さすがに相棒のハルカも引いてしまうほどに。復讐の鬼になってました。

 

真実を知って本当の笑顔を見せて良かった

あの不埒な写真をぶちまけたシーンでは、「あーやっちゃったー」と私が顔面蒼白になりそうだったのですが、浩一の想像だけで本当に良かった。

 

三瓶の今までの接し方とか、あとから娘に対しての話を聞いて、浩一が自分のために守ってくれていていつもそばにいてくれたんだな、とわかったのは良かったですね。嘘によって、浩一は救われた。

 

復讐を決意したときの涙ながらの笑顔と、真実がわかったときの涙ながらの笑顔。前者は復讐を誓っている嘘の笑顔で、後者は三瓶を許す笑顔だったのかな、なんて思いました。

 

最初は大杉漣さんが絶対に黒幕だなんて思っていましたが、いやー黒幕じゃなくて良かった!浩一への思いがあふれていて、それを浩一もちゃんと受け取って、千葉陽一として許すという決断をしたのは良かったなぁと思います。

 

百田とカズキの裏切り

これはねーまあ予想はしてたけど、裏切られちゃいましたね。そもそも、浩一は百田の仕事を奪ったことがあるので仕方がないのかも。

 

カズキが単独でニシナコーポレーションの研究開発室に足を踏み入れていたのが気になります。ロボットの情報を盗もうとしている?しかし、なんのために?そして百田の指示?それとも浩一のため?それとも個人的な詐欺師として…?

 

何にせよ、あの行動がどういう意味を持つのか、気になります。

 

追い詰められた浩一、どうなる!?

百田とカズキの裏切りによって録音の情報も失い、ニシナコーポレーションを追い詰めるためのカードである粉飾決算については先に相手が謝罪することで意味がなくなり、さらには晃の件で詐欺容疑で警察に追いかけられて…。

 

ついに浩一が追い詰められてしまいましたね。ここからどうするんだろう…。真実を明らかにする方法が失われてしまったわけですし…ちょっと浩一がかわいそうすぎませんか!

 

さてさて…最終回はどうなるの!

 

次回:最終回、復讐の鬼となった浩一は止まらない

仲間に裏切られた浩一だったが、より興三にざんげさせてやりたいという復讐心が湧いていた。さらに、別の“嘘”で二科家を騙そうとする浩一。「ダマされたら、ダマし返す」という浩一…。復讐劇の結末はいかにー?

たしかに、最近は嘘要素が少なかったですもんね。真実が明らかになって、浩一が本当のことを言う機会が増えました。嘘には嘘で対抗する、ということなのでしょう。さて、この復讐劇がどんな終わりを迎えるのか、きちんと見ることにします。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマランキング

 

aoikara

 

▼関連記事はこちらまで

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

スポンサーリンク