中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

【ドラマ】カルテット 第2話 感想 別府君が割とサイテー人間

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170125171227j:plain

今回は裏に隠された真実を探る系のドラマにはまって、むしろ刑事物の方が1話完結だからスッキリして見られるaoikaraです。まあ、じとじとして終わらないドラマも好きなんですけど。

 

というわけで今回は謎が多いドラマのひとつ…

 

カルテット 第2話 感想

 

を書きます。

※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※一部ネタバレもしています。ご了承ください。

 あらすじ:好きな人、と好きになられてる人

ほかの2人は本当に偶然?

巻真紀(松たか子)の様子を義母の巻鏡子(もたいまさこ)に報告する世吹すずめ(満島ひかり)。ほかの2人も偶然の出会いじゃなかったのでは、と疑い始める。

 

仲の良い同僚の「私、たぶん結婚する」

一方、別府司(松田龍平)は仲の良い同僚・九条結衣(菊池亜希子)と仕事終わりにカラオケに訪れていた。「White Love」など懐かしい歌を歌っている。

 

ふいに彼女から「私、たぶん結婚する」という報告を受ける。しかも、結婚式にはカルテットの演奏をしてほしいと頼まれたのだ。

 

そのことをカルテット仲間に話す別府。それは「行間問題だ」と熱弁する家森諭高(高橋一生)。要するに九条は別府のことが好きなのだと伝える。しかし、別府は彼女には気が無いようだ。

 

すずめが別府の本音を聞き出そうと画策

夜の買い物に行くという別府を見て、すずめは一緒について行く。本音を聞き出そうと思って、録音しようとしていたのだ。

 

別府はマキが好きなのでは?」と聞くすずめ。それに対して別府も「すずめは家森が好きなのだろう」と聞く。そこですずめは二人の秘密にしようと言う。別府の本音を聞き出すために嘘を吐いたのだった。別府はマキのことが好きなのは確定した。

 

別府は自分と向き合い、マキに本当のことを告白

ある夜、別府とマキとすずめが団らんしているときに、すずめだけが寝てしまう。そこでマキが別府に「同僚の女性はどうするの」と聞く。

 

そこで別府は「片思いしているから」「相手は既婚者だし」と伝える。そして、マキと出会ったときのことを話す。初めて会ったときに「アヴェマリア」を弾いていたマキさんを見ていたのだと。そして「マキさんが好きです」と告白。

 

しかし、マキは自身の夫への思いを語る。「こんな状況だからいけると思ったのか」と憤慨。そして「捨てられた女舐めんな」と静かにキレてしまったのだった。

 

別府君、なしくずし的に同僚とそういう関係に…

マキに降られてしまった別府は、また九条とカラオケに訪れていた。お酒のペースも進み酔いつぶれてしまう。結局、九条の家に泊まることに。

 

別府は九条にしなだれて、せまって、一夜を共にすることになる。その後、別府は彼女に「結婚してください」と伝えるが、彼女は「別府君のことは好きだったからそうなったわけだけど」「でもそうはならない」と伝える。またも降られてしまった。

 

大切な人へ「カルテット」を贈る

いろいろあって思春期の男の子のように部屋に閉じこもってカルテットの練習をしまくる別府。気持ちの整理もつき「大切な人のために演奏したいから」とカルテットの3人に、九条のために演奏してほしいと頼む。もちろん受ける3人。

 

そして当日、花嫁姿の彼女を送り出す曲を演奏。マキさんを好きになったキッカケの「アヴェマリア」と。そして九条の思い出の曲「White Love」を演奏したのだった。

 

マキの本音を探りたいすずめ

結婚の件は一件落着。すずめは鏡子に状況報告し、嘘を言っているとは思えないと報告。しかし、マキが夫がいなくなった次の日にこんな表情でパーティーに来ていたと写真を見せる。

 

それを聞いて、すずめはマキのスマホを見ようと画策。パスワード解除に成功するもののタイミングが悪く、中身を見ることはできなかった。そして、マキがとびきりの笑顔で笑っている写真を見つめているのだったー。

 

というストーリーでした。今回は別府君がメインの話でしたね。別府君には言ってやりたいことが山ほどあるのですが、それは後ほど。詳しい感想を書いていきます。

 

第2話のGOODポイント

  • マキ「昼間の餃子とビールは人間の到達点」
  • ブイヤベースと餃子事件。
    家森「僕がせっかくおいしいブイヤベース作ったのに、餃子食べてるみたいじゃん」
    マキ「ブイヤベースブイヤベース」すずめ「ブイヤベースブイヤベース」
    家森「いや、言い聞かせないで」
    マキ「餃子は嫌い、餃子は嫌い」すずめ「餃子は嫌い、餃子は嫌い」
    家森「嫌いと思い込もうとするほど好きになるでしょ」
    このくだらない流れが大好きですw
  • カーリングのピン(って言い方で合ってるのか?)、なんであったの?そしてなんでやるの!?
  • 目が笑ってない元地下アイドル、思ってもないことを楽しそうに言う姿GOOD JOB!
  • 家森の行間説、正しい(つまりアイドルちゃんに降られてるよ)。
  • 「行けたら行くね」本当に来たら「えっ、なんで来たの?」それな。
  • 映画「人魚 対 半魚人」、むしろ気になる。でも、相手の顔を見てなかったのは「富士山見に来てスマホ見てる」にはかなり同意したい。
  • アイス「ラブラブストロベリー」「ロックンロールナッツ」。このドラマのスイーツのネーミングセンスがなんか好きw
  • フライドポテトジェンガ、楽しそう。今度やってみよーう。
  • 「アヴェマリア」からの「White Love」いいね。

 

このドラマはツッコミどころがたくさんあって、本当に楽しいです。実況とかする人だったらかなり楽しそうですね。でも、一人でこっそり見て「ふふっ」てしたいドラマでもある。不思議です。

 

別府君が優しい人とか書いたけど撤回します!

別府君は優しいと私は書きました。はい、撤回撤回。

 

クズです!サイテー人間です!

 

まあ、それでも憎めない感じなんですけどね。くずっぷりを書いてやる!

 

「谷間さんは~」「えっ、谷間さんの言ってること…」

谷口さんです!

 

何自分が仕事する場所で人妻のVネックからちらっと見えてる谷間みて谷口さんのこと谷間さんとか言っちゃってんのよ!

 

別府君の嘘は「マキさんとの運命の出会い」

今回発覚した嘘は、別府君の「カルテットと出会ったのは運命」ってこと。実は別府君が大学生のときに学校祭でマキさんが演奏に来ていて、それを見て何か感じることがあったようです。別府君がまさかの宇宙服でしたけどw

 

その後、なんと3回も偶然出会うことがあり、これは運命だと思ったら彼女の結婚式だった。そして最後にカラオケで会ったのは、偶然を装った出会いだったそうです。たしかに偶然が過ぎると運命にも思ってしまうかも。

 

なんとなくマキさんが好きすぎて、旦那さんを殺したのかもなんて思っていたのですが…正直マキさんの旦那を殺すほどの愛ではないなと感じました。もっと、ずるくて俗物的なんですよ、別府君は。谷間があったら見ちゃう人だからナイナイ。

 

自分のことが好きだとわかってる結婚直前の女性と関係する

そして降られたら自分のことが好きだとわかっている女性にせまって関係を持っちゃう!うーん最低ですね!清々しいクズです!

 

相手が好きだとわかっているから甘えているし、そういう関係になってからプロポーズするってのが嫌だ。もうそういうことになったし、断らないよねって気持ちがあるのがすっごくダサい。

 

本当に気持ちがあるなら一夜過ごす前に伝えるはず。イケるって思ってイケて、プロポーズまでしちゃうとか本当にダサい。

 

総括:別府君はクズ

 

ありがとうございました。以前は私、こんな風にブログで書いていたのね。

 

たぶん優しい人なのだと思う。争い事は好きではないようだし。でも、きっと自分が正しいとナチュラルに思ってしまうタイプ。

あ、でも言い得てるかも。自分は正しいと思ってないと、自分を好きになっている女性を結婚前にもかかわらずプロポーズしようとは思わないですよね。

 

家森君はやっぱりヤクザ絡み?

さてさて、チャラ男でめんどくさい男の家森さん、今日も「行間問題」を語っていましたね。彼はやっぱり誰かから逃げている様子。予想するに、チャラ男なのでヤクザの女性に手を出しちゃったとかですかね?

 

すずめちゃん、マキさんに言い当てられているような…

さて、すずめちゃんは頑張ってみんなの本音を聞き出そうとしていましたね。でも、自分の本音には一番遠いのかもしれない。っていうより、本音で生きているように見えるから、本音の本音がわからない人、というか…。

 

おそらく別府のことが好きなのでしょう。二人きりでアイスを食べたのが、なんとなく幸せで。マキさんに言い当てられて否定してたけど、自分でも好きだって気づいてない感じがします。

 

マキさんの本性がわからない

第1話ではマキさんの嘘が明かされていた、はずでした。それでもまだ嘘があるのか、どんな嘘を吐いているのか、これも全て演技なのか…。

 

「捨てられた女舐めんな」

 

ってキレてたマキさん。あれが本音じゃないとしたら恐すぎますよね。

 

でも、旦那さんがいなくなった次の日にめっちゃ楽しそうにパーティーで笑ってる。今まで見たことがないような笑顔で弾けてる、っていうのにすずめは不信感を抱いていました。

 

うーん、でも、個人的にはそこまでおかしいと思えないんですよね。むしろ夫がいなくなった次の日だったらケンカして何日か距離を置きたいのかも、とか思うし。長い期間いないと不安になりますけど、初日ってそこまで心配しますかね?

 

あと、すずめちゃんがかなり不信感を抱いているように見えたので、もっといかがわしいパーティーなのかと思ってしまいましたw普通に同窓会とかっぽいけどなぁ。

 

でも、マキさんがさらに嘘をついてそうなのはなんとなく感じます。まだ明かさされるのではないか、気になるけど知ってしまうのもなんとなく恐いですね。

 

次回:すずめの嘘が明かされる?

すずめが別荘で気ままに過ごしていると、ノクターンで働いている有朱がやってくる。なぜデートしたり彼氏を作らないのかという有朱の問いに、すずめは「告白が苦手」と答える。そして、有朱は誘惑する方法を教える。

 

いつものようにノクターンに行った4人。そこへ少年が来て、すずめに「あなたのお父さん、もうすぐ亡くなります」と告げられるー。

 

次回はすずめの新しい嘘が明かされることになりそうですね。おそらくマキを監視していること以外ではないかと。さらに、すずめが別府を誘惑?家森がヤクザに襲われる?

 

いろいろ気になる展開、来週まで待ちきれません!

 

同じ坂元裕二監督の最高の離婚も見てみたいなぁ。これも松田龍平さん出てるし…気になる。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちら

保存

スポンサーリンク