中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

【おでかけ】花見の季節に大阪城に行ってきた!足軽気分で楽しく観光

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170503123905j:plain

関西に行くと、街の人たちが関西弁で「わっ、本当に関西だ!」と当たり前のことを実感するaoikaraです。というわけで行ってきました!

 

花見の季節の大阪城

 

沈黙の4月に行った場所のひとつです。とても楽しかったです!写真をいろいろ撮りましたので、観光気分を記事にしてみました。

 

大阪城にたどり着くまで

大阪城公園駅からのアクセスが良い!

私はかなり方向音痴で、駅からちゃんと大阪城にたどり着けるか不安でした。しかし、大阪城公園駅から歩いて本当にすぐだったので、迷うことなくたどり着けました。

 

こちらは駅前の写真。

f:id:aoikara:20170503110022j:plain

都会ですね~道路が広い!思わず写真に撮っちゃいました。駅前にはこんな物もありました。

f:id:aoikara:20170503110023j:plain

大阪城が描かれたマンホール!しかも桜が描かれていて、私が訪れた時期にぴったりでした。

 

道が広い!

そして驚くべきは道の広さ。平日でそれなりに人も多かったのですが、全然混み合ってないのはこの道の広さもあるんですかね。

f:id:aoikara:20170503110024j:plain

左側は何か新しい施設が作られるようで工事中でした。ビルの中に城があるってのも大阪っぽいですよね。

f:id:aoikara:20170503110027j:plain

f:id:aoikara:20170503110028j:plain

この並木道、ドラマ『HERO』っぽい。きれいな通りでした。

 

露店がちらほら

大阪城内のいろんな場所に露店がありました。外出せずお祭りに行ったのもずいぶん前だったので、露店を見たのも久しぶりでした。懐かしい…

f:id:aoikara:20170503110025j:plain

良い香りがしていて、ついついお腹が空いちゃう。買っている人も多かったです。

f:id:aoikara:20170503110026j:plain

 

いろんな角度から大阪城を撮ってみた

やっと大阪城が見えてきたところで、パシャパシャとたくさん写真を撮りました。屋根が銅っぽい青色で美しい城なんですね~。これだけ大きな城を見たのは初めてだったので、わりと感動しました。いろんな角度で(似たような構図で)撮ってみましたよ。

f:id:aoikara:20170503110037j:plain

まずは人混みの中で。日本だけでなく海外から来ている観光客も多く、4月の平日でも大賑わいでした。

f:id:aoikara:20170503110040j:plain

一緒に来たツレに指示してもらって、良い構図を見つけてもらいました。私はカメラ初心者なのでへたくそなんですよね。こちらの写真は絵はがきっぽいですね。

f:id:aoikara:20170503110045j:plain

見上げた構図。私はこの角度がお気に入りです。城の屋根が好きなので、この反り立つような形を感じる見上げた構図が好きなんですよね。

f:id:aoikara:20170503110049j:plain

そして、前から見上げた構図。天守閣に人がいるのがわかりますね。上にも昇れるようです。ただし、私は昇りませんでした。すっごく人が並んでいたので…時間がなかったんです。殿上人な気分にもなりたかったんですけどね~。

 

石垣が気になる

城へ行くと石垣が気になってしまうのは私の悪い癖。北海道でこんなに大きな石垣を見ないから、なんだか興奮するんですよね。

 

矢穴がたくさん

f:id:aoikara:20170503110035j:plain

これは石を割るために掘った“矢穴”かな?こういう跡が残っている石垣がたくさんありました。

 

「残念石」

せっかく持ってきたのに大阪城の石垣として使われなかった「残念石」というのもあるそうです。

f:id:aoikara:20170503110042j:plain

せっかく小豆島から持ってきたのに石垣に使われなかったなんて、ちょっと悲しいですよね。

f:id:aoikara:20170503110043j:plain

ツレが指し示してくれました。「これ」って指さしてます。

f:id:aoikara:20170503110044j:plain

これも「残念石」。

 

「刻印石」

「刻印広場」と呼ばれる、刻印がある石垣がずらりと置かれた場所もありました。大名の家紋や石の産地などについての刻印が描かれているようです。大名ごとにそれぞれ持ち場があったので、わかりやすくしていたのかもしれませんね。

f:id:aoikara:20170503110053j:plain

f:id:aoikara:20170503110054j:plain

f:id:aoikara:20170503110055j:plain

 

めっちゃ大きい「蛸石」も写真に撮ったんですが、大きさがわかりづらかったので今回は載せませんでした。ちょっと残念。

 

足軽気分になって大阪城を攻めてみる!

大阪城は難攻不落と言われているほど、攻めにくい城だったようです。まあ、豊臣秀吉の城は下に埋まっちゃってて、今あるのは徳川家康が建てた城なんですけどね。

徳川氏の大坂城は豊臣氏の大坂城の石垣と堀を破却して、天下普請を行い藤堂高虎を総責任者とする。全体に高さ約1メートルから10メートルの盛り土をした上により高く石垣を積んだので、豊臣大坂城の遺構は地中に埋もれた。

出典元:大坂城 - Wikipedia

 

というわけで、城を攻める足軽になった気持ちで、大阪城に向かって行ってみました。

f:id:aoikara:20170503110031j:plain

まず内堀から遠いですね~。戦だとしたら泳いでいくのかしら。泳いで石垣に到達したとしても…。

f:id:aoikara:20170503123906j:plain

この石垣の反り方!上にいる人との大きさの比較を考えると、相当にこの石垣は高さがあるということがわかりますよね。さらに反っているので、ここを登るとしたら一苦労です。

f:id:aoikara:20170503110057j:plain

現代は橋があるのでここからGO。

f:id:aoikara:20170503110036j:plain

門をくぐって…

f:id:aoikara:20170503110041j:plain

キター!だいぶ近づいてきました、大阪城。

f:id:aoikara:20170503110046j:plain

さらにそばに寄ってみると…

f:id:aoikara:20170503122954j:plain

えっ、天守閣もだけど石垣もでかっ!高い!人と比較してこの大きさ!地上から58mで、天守台だけでも15.2mもあるそうです。高いなぁ…

f:id:aoikara:20170503115701j:plain

足軽たちはここを登って城内に入ろうとしたのでしょうか。厳しい~。難攻不落な理由がわかった気がします。

 

桜もきれいで花見にもおすすめ

私が大阪城を訪れたのは2017年の4月中旬だったんですが、ちょうどが見頃で本当にキレイでした。お花見で訪れている人もかなり多かったです。あちこちで焼肉などの良い匂いもしていましたwというわけで、桜の写真も合わせてどうぞ。

f:id:aoikara:20170503110029j:plain

よくある構図(笑)こうやって撮ってみたかったんです。

f:id:aoikara:20170503110030j:plain

この日は風が強くて、桜吹雪になって舞っていました。それを写したかったのですが難しかったです。

f:id:aoikara:20170503110032j:plain

f:id:aoikara:20170503110034j:plain

f:id:aoikara:20170503115700j:plain

 

大阪城に行って、大満足でした!また来年の4月にはどこに行こうかしら。鬼が笑うどころか呆れそうなスピードで、来年の休日のことを考えるaoikaraでした。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村


ドラマランキング

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

スポンサーリンク