読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

【大河ドラマ】おんな城主 直虎 第3話 感想 子供時代の関係性が伏線になりそう

感想 テレビ ドラマ おんな城主 直虎 大河ドラマ

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170123153235j:plain

直虎の子供時代・おとわを演じている新井美羽ちゃんと見ていると、『となりのトトロ』のメイのように見えるaoikaraです。本当に表情がころころ変わるんですよね。

というわけで今回のテーマは…

 

おんな城主 直虎 第3話 感想

 

です。

※ネタバレを含みます。
※辛口のコメントもあります。ご了承ください。

 

 あらすじ:おとわ危機一髪

今川激怒!おとわが人質の身に

おとわ(新井美羽)が出家しようとしたことが今川義元(春風亭昇太)の耳に入り、激怒。おとわを今川へ人質に差し出すようにとの命が下る。実は井伊家では人質に良い重いがないようで…。

 

おとわは和尚様(小林薫)の説得もあり、人質に向かうことに決める。そのせいで井伊直平(前田吟)が小野政直(吹越満)の息子・鶴丸(小林颯)を人質にとってしまう。

 

和尚様の策、あえなく失敗

おとわの大叔父でもある南渓和尚は今川の家臣である雪斎(佐野史郎)を説得しようと試みるが失敗。今川に人質に送られている、和尚の妹・佐名(花總まり)に書を送り寿桂尼(浅丘ルリ子)に取り入ってもらうように頼む。

 

しかし、佐名は取り乱す。それもそのはず、義元の寵愛を受けた後に家臣の関口氏に譲られるという処遇を受けていたのだった。しかし、取り乱したと聞いて和尚は計画通りな様子。反応がある方が心が動いたことだと言うのだった。

 

褒美は蹴鞠で!

いよいよおとわが人質に行く日になってしまった。城へ通されたのはおとわとお付きのたけ(梅沢昌代)だけ。

 

義元の前に生母の寿桂尼と対面。そこで義元の息子・龍王丸(中川翼)の蹴鞠姿を目にする。龍王丸よりも長く蹴鞠ができたら褒美がもらえるとのことだった。

 

そこでおとわは龍王丸に勝負を申し込み、褒美を得ようとする。何度も失敗するが、何度も立ち向かう。そして、ついに勝負に勝つ。が、龍王丸は「勝ったうちに入らない」と相手にしない。その様子を雪斎と小野政直も眺めていた。

 

そこへ義元がやってくる。雪斎と寿桂尼が良い闘いをしていたと助言。そして、おとわは褒美に井伊谷へ帰らせてくれと告げ、実現する。おとわが出家することで丸く収めるということに。こうしておとわは危機一髪、難を逃れたのであったー。

 

うーん、まあ展開に関して特筆すべきことはなかったですね。新たな人物が出てきて、そこは面白かったので詳しく感想を書きます。

 

今週のGOODポイント

  • 何度もお手つきされて、最終的にはぼろ雑巾のように扱われる…
    子供にとっちゃたしかに鬼ごっこの「お手つき」にしか思わないわよねwお付きの者とおとわのとらえ方の食い違いに笑ってしまいました。
  • 雪斎「太守様は能のお稽古にてしばし待たれよ!」
    落語のお稽古の間違いじゃないかしら…w
  • 直平が鶴丸を人質にしようとして「弟もさらった方が良いでしょう。私だけなら父は見捨てるだけですから」が冷静で切ないなぁ。
  • おとわが乗馬していたときに履いていた靴、蹴鞠用だったんですね。

 

今週の気になった点

  • 直盛「どこぞに娘を人質にやりたい親がおりますか!」
    →真田昌幸…親も嫁も娘も息子もみーんな差し出してたな!(笑)
  • 直盛、水に浸かって会いに行く必要はあった?最後の演出がよくわからない…。

 

都合の良い展開なような…まー仕方ない

蹴鞠を何度もして、その見返りに許してもらったってことなんだろうけど。うーん、そんなに心打つような感じでしたかね?どちらかというと往生際が悪いって感じ。

 

でも、ざんばら頭を見てくすくす笑うのはいや~な感じでしたね。むしろあれ、痛々しいじゃないですか。しょうがないけどご都合主義の展開に感じてしまいました。まあ個人的な感想です。

 

あらすじ詳しく書きましたが4コマに収められそうな展開でしたね。

 

  1. おとわが今川家に人質に呼ばれちゃったー
  2. 和尚様「わしに任せろ」→無理でした
  3. おとわ「蹴鞠で勝ったから褒美ちょうだい!」
  4. 無事帰還!

みたいに。もう少し動きがあってほしかったかなーという気もします。

 

おとわと子供たちの関わりが今後の伏線になるのでは?

今回は新たにおとわと関わる人物が出てきていました。特に子どもたちが今後に深く関わってくるのではないか、そして現在の関係性が今後に生きてくるのではないか、という伏線を感じたのでまとめてみました。

 

瀬名様べっぴん!野心がすごい!

佐名様の娘・瀬名様(丹羽せいら)。佐名はおとわの大叔母さんに当たるのかしら?えーだから、どんな間柄?まあ、いいか。

 

まーあ、べっぴんな子でした。本当に綺麗。きりりとした表情だけど、笑うとほころぶような表情がまあかわいらしい。ただ、あまりにもおしろいをはたきすぎな感じが…。龍王丸のためにおめかししていたのだとしたらいじらしいですね。

 

にもかかわらず、蹴鞠で龍王丸に勝ってお嫁さんにしてもらうっていうご褒美をもらおうっていうのだから…野心がすごい!この年にして!

 

調べてみると、あの綺麗な子が菜々緒さんに成長するって設定なのですね。いやー似てますわ。気が強そうだこと!菜々緒さんが演じる築山殿でGoogle検索すると、めっちゃ怖い画像が出てくるんですよーひー。

 

まあ、龍王丸(今川氏真)の嫁にはならず、同じく今川家の人質である徳川家康の正妻になるんですけどね。その方がある意味では良かったのかもしれません。大人になったときにおとわとの関係はどうなっているのか、楽しみですね。

 

龍王丸(氏真)は小ずるそうな雰囲気が…

龍王丸も綺麗な顔をした子でしたね。将来的には今川家の当主になる龍王丸。蹴鞠でしつこいおとわに負けたときに、ちょっと小ずるさが出ていましたね。そんな感じな大人になり、尾上松也さんが演じるのかしら。おとわのことを忌み嫌ってそうですね。

 

個性的な今川家が楽しそう

今回は今川家の人達もちらほらと見られましたね。こちらもなかなかに個性的!

 

怖そうだけど実は優しそうな寿桂尼

寿桂尼が出てきた瞬間

 

「で、出た~!浅丘ルリ子~!!!」

 

って思ったのですが、浅丘ルリ子さんって、意外とかわいらしい声をしてらっしゃるんですね。ドスのきいた声って感じではなくて、なんだか人の愛らしい声で拍子抜けしてしまいました。

 

まあ、佐名が何かしら言ってくれたのでおとわにも良いようにしてくれたのでしょうが。見た目が怖かったわりにはとても優しかったです。

 

この人の大河が見てみたい、雪斎

雪斎という人物を知らなくて、調べてみると今川の家臣でなかなかに面白い人だと発覚しました。秀吉で言うところの黒田官兵衛のような感じでしょうか。大河の主役にしても面白い人物だろうなぁ、と思いました。

 

まあ、この作品では佐野史郎さんが演じてらっしゃるのですが、それはそれで黒そうで良いですね。

 

しゃ、しゃべったー義元

今川義元が出てきた!と思ったのに全然しゃべらないの。しかも、ほとんどの指示は無言。お付きのものが「仰せである!」って言ってるけど、いや、言ってないから!お付きの者の察し度がはんぱないし、優秀すぎるでしょ!

 

と、思ったら最後でしゃべったー!

 

まあ、予告でも出ていたんですけどね。「上手に使わねばのう」みたいなこと言ってました。演じている春風亭昇太さんは根明な感じがして、黒い感じを演じられるか心配だったのですが、上手でしたよ!あの高めの声がいい感じに効いていました。

 

まだまだ今川の時代ですし、どんな風になっていくのでしょう。ここらへんの歴史はあまり詳しくなく、展開がわからず楽しみです。

 

和尚様と佐名様の関係はなんとも切ない

兄と妹という関係である和尚様と佐名様。井伊家は佐名様を人質に出し、義元に良いように扱われてしまってから人質に良い気はしてませんでした。そして、井伊の皆が申し訳ないと思っているようで。

 

特に兄の和尚様は思うところがあったのでしょうね。最初に寿桂尼に口添えいただけるようにって言ったときは怒っていた佐名様ですけど、結局は井伊家のためにちゃんとやってくれていました。

 

それでも兄に「二度と来ないでくださいまし」というのは、うーんやっぱりつらいのだろうなぁ。なんだか切ない関係性でした。おとわが明るい分だけにね、井伊家の暗い部分がより際立ちました。

 

あ、佐名様って書いちゃうのは、たたずまいがって付けたくなる感じだからです。たたずまいとか声とかに気品があると思ったら、宝塚出身の方なのですね。通りで。

 

次回:出家するなら男と同じように

おとわは正式に出家することになり、「次郎法師」という名を与えられる。「次郎」は井伊家での男の幼名であった。厳しい修行が始まって音を上げそうにもなる。一方、井伊家では今川家のお目付である小野政直の発言権が強くなっていたー。

 

次はおとわの修行編、そして子役も最後。あっというまに4週終わってしまいますね。

 

相変わらず苦手な演出があってムズムズしてしまうのですが、亀之丞が戻ってくるとか楽しさのピークはまだまだこれからもあると思うので、頑張って見続けてみようと思います。

 

あ、直虎と築山殿関係性もこの本を読めばわかりそうなんですけど!すごく良い本を見つけた!

 

面白そうなブログだな、と思ったらポチッとください。
本当に励みになります!

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

保存

スポンサーリンク