読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

【大河ドラマ】おんな城主 直虎 第2話 感想 おとわのころころ変わる表情が楽しい

スポンサーリンク

 

f:id:aoikara:20170116153106j:plain

2回目にして「なかなかに面白いぞ!」とさっそく直虎が好きになってきたaoikaraです。ムズムズしてしまうような演出は未だにあるのですが、物語を楽しめるようになってきました。

 

というわけで今回のテーマは…

 

おんな城主 直虎 第2話 感想

 

です。

※ネタバレを含みます。
※辛口のコメントもあります。ご了承ください。

 

あらすじ: 崖っぷちの姫

謀反人を企てた井伊直満(宇梶剛士)の息子として亀之丞(藤本哉汰)が今川の家来に捜索されることに。

 

なんとか亀之丞を逃がそうと、おとわ(新井美羽)は亀之丞と落ち合い、着物を交換するという機転を利かせる。代わりにおとわが捕まってしまったが、誤解も解けて亀之丞も逃げ延びる。

 

一方、井伊家では慎ましく直満の葬儀が開かれていた。そこに小野政直(吹越満)がやってきて、なんと今川家の目付になると告げる。直満を陥れようとしていたと、父であり直盛(菅原哲太)の祖父である直平(前田吟)は激怒!

 

そんなことを気にも留めない政直は、自分の息子・鶴丸(小林颯)とおとわを夫婦にして、井伊家の実権を握ろうと企てる。亀之丞と夫婦約束をしたおとわは待っていたいと思い、家を出てしまう。しかし、それもうまくいかず、さらなる奇策を思いつくのだったー。

 

というストーリーでした。だんだん面白くなってきましたね。2話にしてハマり始めた私です。そしてやっぱり景色が美しい!

 

個人的にGOODポイント

  • 今川の家来、相も変わらずイイ声!
  • 前田吟さんのおじいちゃん感、かと思いきや刀を抜いて激怒する様、ああいう役柄がぴったりですね。

 

賢く、愛らしく、たくましい主人公

亀之丞を逃がすための策が素晴らしい

子役の新井美羽ちゃんは本当に演技が素晴らしいですね。子供らしくも主人公らしい姿はとても見応えがありました。

 

最初に亀之丞と着物を交換して逃げるという手は見事。捕まってしまってなぜ山中にいたのかという問いにも「竜宮小僧を探していた」という嘘ではない理由を上手に言ってました。

 

これには直平だけでなく、視聴者みんなが「よしよし」「ようやった」と言いたくなったでしょう。

 

亀之丞との夫婦約束を果たすため

再び亀之丞に会うことができ「必ず戻る!」と誓っていましたね。鶴丸との夫婦約束の話が出たときも、亀之丞がかわいそうだと訴えていました。「戻ると言ったから待っていたい」という姿は健気だなぁ。

 

家出までしちゃうんです

そんでもって鶴丸との夫婦約束をなくすために家出を企て、わらのなかで眠ってしまうほどのたくましさ。主人公のおとわがしでかすことはハラハラして侍女・たけ(梅沢昌代)のように叫びたい気分になってしまいますが、本当に飽きることなく楽しんで見られますね。

 

「答えは一つだけではない」になるほど

龍潭寺の和尚様(小林薫)。猫を抱えているゆる~おじさんなのですが、なかなか鋭いことをおとわに教えてくれているようです。

 

今回も御初代様はなぜ井戸のなかにいたのに生きていたのか、という理由について聞いていましたね。

 

  • おとわは「竜宮小僧だったから」
  • 亀之丞は「井戸が乾いていたから」
  • 鶴丸は「実は井戸の外だったから」

 

と考えていたとおとわは伝えたのですが、和尚様の答えは「みんな正解」とのこと。「答えはまだまだあるかもしれん」「いろいろ考えよ」と。このときははぐらかしたな~と思っていたのですが…。

 

今川家から鶴丸とおとわを夫婦にしなければ許されない、的なことを言われたときも、ほかに手はないかとおとわは考えていました。それはこの和尚様の「答えはあるかもしれない」という言葉があったから、ということで伏線回収が上手だな~と感心しました。

 

鶴ちゃん、正義感が強いだけにつらい

鶴丸も鶴丸で、父親が直満を陥れたことをきちんと知っていました。だからこそ、夫婦約束の件を断ろうとするのです。しかし、父に言わせれば鶴丸の弟でも良いとのこと。

 

おとわにも自分の父がひどいことをしたとちゃんと話すのですが、おとわは「鶴丸本人が何かしたわけではない」と気にせず許してくれます。

 

その上でおとわに夫婦約束を反故にしたいと言われてしまうのが切ない。おそらく鶴丸はおとわのことが好きなのでしょう。

 

それでも、鶴丸は努めて明るく「亀之丞のために」と一緒に考えてくれるのでした。うーん、鶴ちゃんの立場は本当に切ないなぁ。

 

ムロツヨシ何者!

家出したおとわがたどり着いたあばら屋では、小汚い男がいました。その男、ムロツヨシwwwせっかくおとわを屋敷に戻したのに、かどわかし(=誘拐)の犯人だと思われてしまう悲しさ。

 

ムロツヨシさん、これだけの出演じゃあないよね?キャラが濃すぎて面白かったので、たびたび出てほしいです。ただ、私が予想してた竜宮小僧説はハズしたかなぁ…。

 

笛と鼓、直満おじさんもなかなか粋なことをする

直満は生前におとわのためにを買ってくれていました。これは亀之丞が直満に「おとわに何か買ってきてほしい」と言ってたからですよね。

 

亀之丞には笛、おとわには鼓、と直満おじさまもなかなか粋なことをなさりますね。おとわは肌身離さずポンポンと鼓を打っていました。

 

おとわが両親に「あほう」と言って、母親の千賀に閉じ込められたときもポンポンと。夫婦約束をどうしたらやめられるのか…と、

 

おとわが閃いた!

 

と同時に鼓の良い音が鳴る演出はなかなかに良かったですね。あのときのぱぁ~~~っとおとわの表情が明るくなるのはとってもかわいらしかったです。本当に表情豊かな子だなぁ。

 

おとわがやっちまったなぁ!(本日2回目)

さてさて、家出をやらかしたときに侍女が叫んでいて、本日2回目の侍女のお叫び。もはやコントです。父の直盛も訪れると…

 

「あああああ~ああああ~あ~!ああああ~あ~あああ~」

 

菅原哲太さん、漫画みたいな顔になっていました。そしておとわは…

 

剃髪しちゃった☆

 

そう、髪を剃っていたのでした。出家しようとしていたのでしょうね。予告でつるつる頭を見てたから、たぶん剃ってしまうんだろうなぁと思っていたけど、なかなかに不格好な頭だったなぁ。あれは痛々しい。血が出ていたし。

 

この散切り頭?のまま今川のもとへ訪れるようですが果たしてー?次回に続きます。

 

予告:しょ、昇太さんがしゃべったー!!!

鶴丸と夫婦にならないために出家したおとわ。そのことを聞いた今川義元は激怒。おとわは今川義元のもとへ人質として送られることになる。

 

予告で一番驚いたのは春風亭昇太さんがしゃべったこと。いや、あのキャラなもんでしゃべらないで行くのかと思っていたものですから。しかし、なかなか良い感じでしたよ。昇太さん、実はうまいのかしら?

 

こわ~い寿桂尼(浅丘ルリ子)も登場して、おとわはうまく許しを得られるのでしょうか。次回も楽しみです。

 

 

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちら

 

保存

スポンサーリンク