読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

【大河ドラマ】おんな城主 直虎 第15話 ネタバレ&感想 女だから厳しく、女だから強い

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170508201649j:plain

 

ドラマがたくさんたまっていて、やっとこさ大河ドラマにたどりついたaoikaraです。これから録画した直虎をたくさん見なきゃ…

 

というわけで本日のテーマは…

 

おんな城主 直虎 第15話 ネタバレ&感想

 

です。

※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※ネタバレもしていますので、まだ内容を知りたくない方は見てからどうぞ。

 

第15話「おんな城主 対 おんな大名」あらすじ・ネタバレ

寿桂尼の望み

徳政令にそむいた直虎(柴咲コウ)に対して、寿桂尼(浅丘ルリ子)は駿府に申し開きに来させることを小野政次(高橋一生)に命じる。政次は井伊直親(三浦春馬)が申し開きの道中で殺されたことを思い出し、直虎のことは自分に任せるよう駿府には連れてこないようにしたがっている。しかし、寿桂尼は意見を曲げない。

 

心配な直虎

今川からの徳政令をはねのけた直虎は心配して、南渓和尚(小林薫)に相談していた。瀬戸方久(ムロツヨシ)や奥山六左衛門(田中美央)との「三年荒野」の話も耳に入らない。と、政次がやってきた。

 

直虎の意思

政次は寿桂尼からの「駿府まで申し開きに来い」という命を伝えていた。直親のようなことにならぬよう、政次は虎松(寺田心)の後見を自分にするように言うが、直虎は聞き入れない。

 

政次の思案

政次は虎松の母、直親の妻であるしの(貫地谷しほり)と話す。自分を後見にするという一筆があればいかようにも使えると。しのは書状をしたためるために、政次を待たせる。何かを思うように、一人部屋で天を仰ぐ政次。そんな姿をなつ(山口紗弥加)が眺めていた。

 

直虎は駿府行きを決意

直虎は駿府へ申し開きに行くことにする。政次も連れて行くことで、何かあったときの人質にしようと考えている様子。和尚に相談すると、命の危機があったら「政次に後見を譲る」と言って逃げるようにと助言される。「命あっての」と言われ納得する直虎だった。

 

中野直之(矢本悠馬)は直虎の駿府行きを反対。直親のことを引き合いに出して、おとなしく今川の言うことを聞くようと言うが、直虎は取り合わない。

 

出発のとき

直虎が駿府へ出発。政次のほかに、龍潭寺の傑山(市原隼人)や昊天(小松和重)をはじめとした腕利きの僧たちもついていく。

 

直之の心を動かすもの

残った直之に、南渓和尚が声をかける。瀬戸や祝田の農民たちに字を教えに行くと言う。農民たちが直虎を信頼している様子がわかる。どんな様子で過ごしているか聞かれた直之は、駿府行きのことを教えてしまう。

 

農民たちは直虎を守るために駿府へ行こうと立ち上がる。直之は「そんなことをしても無駄」と言うが、甚兵衛(山本學)をはじめとした農民たちは「直虎様はおなごだで。お守りできんじゃ男じゃねえら!」と声を高める。

 

しかし、南渓和尚は農民たちを止める。ここでできることもあると。ここでできない者もいると。そんな農民たちの姿を見て、直之も思うところがあるようで…

 

道中の直虎

直虎たちは駿府へ行く道中。とある屋敷に泊まってが出る騒ぎがあるが、そのほかには何もなく過ごす。

 

なつが感じた政次の真意

南渓和尚となつが話している。話題は政次のこと。後見になったとしても子供がいないから小野のためとは思えない。なつは、政次が井伊を今川から守る盾になろうとしているのではないかと伝える。しかし、和尚は「わからん」と、答えるのだった。

 

直虎の危機

朝になり、駿府に向けて屋敷を出る直虎一行。しかし、何者かに襲われる。直虎は一人で別の場所へ逃げようとする。直虎を守ろうと追いかける政次。直虎は大勢の敵方に追い詰められてしまう。政次も思わず刀に手を掛けて…

 

と、敵が次々と弓で打たれていく。なんと、直之が直虎を守りに来たのだった。敵を倒してなんとか難を逃れる。

 

直虎の答え

敵方に襲われた直虎は弱気になり、政次を呼び出して「虎松の後見を政次に。直虎は引いたと伝えてくれ」と言う。せっかく守りにきたのにと反発する直之だったが、直虎は「かように恐ろしいのはもうたくさんじゃ」と言い、井伊谷に帰ることに。

 

そのまま政次だけが駿府へ。そして、残りの者は井伊谷に。と、直虎が直之を呼び出して二人きりで話す。「頼みたいことがある」と。「そなたにしかできぬこと」だとも付け加えて。

 

一件落着かと思いきや…

政次は駿府の寿桂尼のもとへ訪れて、直虎からの伝言を伝える。事態は収束…かと思いきや、井伊から書状を預かってきた中野直之が来たとの報せが来る。しかし、書状をもってきたのは直之ではなく、直虎だった。

 

直虎 対 寿桂尼

直虎は「申し開きの道中に何者かに襲われてしまった」「このままではまたもはお下知にそむいてしまう」「その何者かを欺いた」と言い、帰ったフリをして、直之として今川館に来た理由を語る。

 

寿桂尼は徳政令にそむいたことを責める。直虎は寿桂尼が作成した仮名目録を持ち出して、寺領となって手出しできなかったと伝える。屁理屈な言い訳に苦笑する寿桂尼は、新しい法令を伝える。

 

直虎はさらにその逆手を取り、寿桂尼の言い分だと「私を後見とお認めになっていることになりますが?」と聞く。直虎の身の危険を感じた政次は、しのの書状を出す。虎松の生母が受け入れないなら、後見は無理だと伝える寿桂尼。

 

直虎を救ったのは…

ここでさらに井伊から書状が届く。それは字を覚えたばかりの瀬戸と祝田の百姓たちが、直虎の後見を願い出る書状だった。さらに南渓和尚から寿桂尼へ、直虎の後見は「井伊の民が望むこと」と伝える書状も。

 

寿桂尼は直虎に「どのようにして治める?」と聞く。直虎は「潤すことで」と答える。「まず民が潤わねば。民が潤えば井伊も潤う。井伊が潤えば今川も潤う」と。

 

その答えに寿桂尼は後見を許すことに決める。「己の力量を持って井伊を潤すが良い」と。ただし、次はなく生きて申し開きができることはないと伝える。肝に銘じた直虎だった。

 

政次も、陰でほっとした表情を見せていた。

 

直虎の帰還を皆が大喜び

今川館を出た直虎は六左衛門に会う。書状を届けてくれたのは六左衛門だった。そして井伊谷につくと、百姓たちも、家臣たちも、僧たちも、女たちも、母親も皆が喜んでくれた。

 

それぞれの決意

南渓和尚はあの乾いた井戸で、直親や直盛を思って酒を呑んでいた。一方、なつは小野に戻ることに決めた。小野と井伊を取り持つ仲になろうと、直盛が願っていたように。

 

今川館では今川氏真(尾上松也)が政次に話しかけている。直虎が後見になったことに、「おもしろくないであろう」と。政次は「好機はまた訪れましょう」と答える。

ーーーーーーーーーー

という話でした。これにて今川との対立も一件落着ってところですかね。では、詳しい感想を書いていきます。

 

第15話のGOODポイント

  • 和尚「命が危ないときは“政次に後見を譲る”と言ってさーっと逃げよ」っていうアドバイスは笑いました。和尚らしいけれど「命あっての」という言葉に納得。いろんな人の命があったらなぁ、って思ってしまう井伊家ですしね。
  • 蛇が出ただけで犯人扱いされる政次w不遇だなぁ。
  • 政次がすぐに直虎を助けようとしていた…けど、直之に良いところ取られちゃったなぁ。あーあ。
  • 直虎「何者かを欺いたのでございます!」いるいる、目の前に何者かの寿桂尼がおるでーw

 

第15話の気になったポイント

  • 直虎が虎松の後見になっちゃったけど…しのブチギレそうじゃない?ここのバトルもこの先描かれるのかな~。

 

第15話の感想

「女だから」な戦いが見物!

今回は駿府へ申し開きに来させてやりこめたい寿桂尼と、城主と後見という立場を認めさせたい直虎という、女同士の対決でした。まさに、おんな城主直虎と、おんな大名寿桂尼の対決。「女だから」な戦いが見物でした。

 

女だから「守りたくなる」

女性だからという描写で「弱さ」を感じさせるのは良いことだな、と思いました。女だからこそみんなが守りたくなる。農民たちも、家臣も、僧たちも、反抗していた直之まで。こういう城主もありだなぁ、なんて思ったりもして。

 

女だから「容赦ない」

直虎に命じている寿桂尼も女だからこそ、容赦なく申しつけてくる。また、直虎も寿桂尼が女だからこそ、負けたくないと立ち向かう気持ちがある。これは女性脚本家ならではの視点かも、と思いました。

 

女だから「強さを知っている」

女性だから同じ女性が政をするのは好ましくもある、というのも寿桂尼の本音なのかもしれません。女だから、守られるような弱いところもあるけれど、実は芯に強さがあることも知っている。

 

寿桂尼と直虎がある部分では通じるところがあるから、今回は許されたのだろうなぁと感じました。良い対決でしたね。浅丘ルリ子さんもオーラがあって、柴咲コウさんも出で立ちが美しく強くて、見応えありました。

 

やっぱり政次は直虎を守ろうとしているのでは…

暗躍している政次ですが、なつが南渓和尚に話していた通り、自分が盾になって井伊家を今川家から守っているのでしょう。もっと言うなら、直虎を守ろうとしているんじゃないかな。

 

今回は直虎を心配する表情も見えたし、危なくなったらすぐに行動していたし、命が助かってほっとする表情も見せていた。だけど孤独。直虎は理解していないからね。あー、政次の気持ちを思うと本当に切ないですね。

 

次回 第16話:柳楽くんキター!

瀬戸方久は直虎に、井伊家の財政を持ち直す方法として「木綿」作りを持ちかける。しかし、村は人手不足で木綿栽培はままならない。ある日、水浴びをしている男と運命的な出会いを果たし…

おーやっと柳楽優弥さんの登場ですね!オーラがあるし踊り出すし、不思議なキャラクターで気になります。今度は井伊の中での話がどんどん進んでいきそうですね。井伊の再生物語、必見です。

 

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマランキング

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

スポンサーリンク