中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

メゾン・ド・ポリス 第9話 感想 大事なものが壊されていく…

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20190310172124p:plain

仲間はあんまりいないからこそ、ドラマの仲間に熱くなるaoikaraです。ドラマはいろんなことを教えてくれます。

 

というわけで今回のテーマは…

 

メゾン・ド・ポリス 第9話 感想

 

です。

※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※ネタバレもしていますので、まだ内容を知りたくない方はドラマを見てからどうぞ。

 

▼メゾン・ド・ポリス 第8話 記事はこちら

www.aoikara-writer.com

 

第9話 あらすじ

牧野ひより(高畑充希)とメゾンのおじさまたちは、フリージャーナリストの真琴(東風万智子)とともに改めて高遠建設を調べ始めた。警視庁から天下りした常務取締役・野間仁(佐野史郎)という男が全ての鍵を握っているようだ。

 

数日後、真琴は野間と青幸興行社長・大黒毅(中野英雄)の密会現場を写真に収めることに成功する。青幸興行は暴力団・青戸組のフロント企業で、渉外部部長を兼務する野間が青幸興行に仕事を発注する事案も多いという。

 

野間と大黒が癒着しておりその不正会計を経理部の市野沢譲(税所伊久麿)や池原慎吾(関幸治)に処理させていたのではないか。そしてこの企みから逃げようとした市野沢は転落死に見せかけて殺されたのではないか。

 

そして後任となった池原は刑事時代の夏目による苛烈な取調べを苦に自殺したとされてきたが、彼も自殺に見せかけた口封じだったのではないか。野間と大黒の接点が見つかったことで一連の事件が線としてつながり始める。

 

ひよりたちは酔って橋から転落死した市野沢から再捜査を始める。そして彼の妻・和子(宮地雅子)の元を訪ねると、思わぬつながりが発見される。

 

しかし、市野沢が亡くなる直前まで酒を飲んでいたバーに立ち寄った直後、覆面を被った暴漢に襲われてしまう。既に青戸組にひよりたちの情報が漏れているのか…。

 

参考元:あらすじ|TBSテレビ 金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』

 

GOODポイント

  • 宿題を見てくれるおじさまたちにほっこり~。
  • 原田さん、「ないっすよ~」と言いながら、完全にひよりちゃんの男性関係を気にしていますよね。あらを探してやろうと見ていたら、逆に好きになっちゃったパターンですかね?
  • ひよりちゃんがもりもり食べる!「若いって良いなぁ」と言う藤堂さん、「作りがいあるわー」と言う高平さん。いいね、元気!
  • ひよりちゃんが「ようこそ、メゾン・ド・ポリスへ」って言ったときは、わくわくしましたね。やっとキター!
  • ひよりちゃんが刑事らしくなって、うれしそうに温かい目で見る夏目さんと迫田さん。良いシーンだなぁ。
  • 白々しい瀬川君の八百屋っぷりに、白々しい目で見るひよりちゃんw
  • 高平さんが捜査に「おにぎり持ってけ~!」って言う感じが優しい~。
  • 夏目さんと迫田さんの刑事魂を感じるシーンが熱い!どちらもお互いを守ろうとしている感じもカッコイイ!だからこそ、泣けます…。

 

気になったポイント

  • ドラマのスポンサーの紹介の時に、字幕で煽りが出てくるんですけど、「チームひよこ」と書かれていて、「いや、チームメゾンじゃないのか!」となりました。まあ、メゾンのリーダーがひよりちゃんだからいっか。
  • 野間たちがいる鉄板焼きの店の感じ、ドラマ『ドクターX』っぽいな~なんて思いました。
  • ヤクザ側の尾行する人が、金髪とスキンヘッドで、いやいや目立つでしょ!と思ってしまいました。バレバレだ~。
  • 刑事ドラマで、パソコンで書かれて印刷された遺書は、だいたい他人が書いてる説。

 

感想

事件の黒幕と真相が見えてきた…

ひよりちゃんのお父さんがなくなった理由と、夏目さんが警察を辞めた理由には、全て高遠建設が関わっていました。その真相は、高遠建設とヤクザの金銭に関する黒いつながり。黒幕は元警察幹部の野間という男。

 

その中で口封じのために殺された高遠建設の社員がおり、野間によって事故で処理されそうになり、焦った夏目さんが一人の男性を追い詰めるような聴取をして、自殺。かと思いきや、おそらくはその人も野間によって殺されました。

 

ひよりちゃんのお父さんは、不正に関わっていたわけではありませんが、そのことを同僚から相談されて知ってしまい、口封じのために殺された…っぽい。真相はつらいものですが、わかっただけでもひよりちゃんが前に進む勇気はもらえたんじゃないかなと思います。

 

みんながバラバラになっていく…

今回は始めの方で真相が見えたので、何か後半にあるんじゃないかと思っていたのですが…。思っていた以上に、悪い方悪い方に進み、見ているのがつらくなるほどでした。

 

金の不正に関わっていた高遠建設の社員・市野沢さんの妻である和子さんは、何かにおびえて最初は話してくれませんでした。そりゃあそうですよね。夫を亡くしただけで混乱しそうなのに、これからの生活のことを考えると、言いたくても言えない。

 

それでも、ひよりちゃんも同じ事件で父親を殺され、実は過去に会っていたこともあることから、勇気を持って、真実を話してくれました。でも、殺されてしまった。

 

なぜか遺書があり、ひよりちゃんやメゾンのせいにされて、ひよりちゃんは刑事生命の危機に。夏目さんと同じ。高遠建設の闇に近づいた人間は、次々に消されてしまう…。

 

和子さんが話してくれた録音のボイレコも消されてしまいました。さすがにバックアップとってると思うけどなぁ…。

 

夏目さんと迫田さんは電話で指示された場所に行ったものの、野間の罠でヤクザの下っ端が殺された現場に居合わせることに。遺体は車の中。状況証拠が作り上げられているせいで、迫田さんが容疑者にされてしまいそう。全く関係なのに…。

 

迫田さんのフォローでその場から逃げた夏目さんも、ヤクザが車で追っていました。追跡か、もしかしたら轢かれてしまうかも。さらに野間は警察上層部に働きかけるでしょうし、事件なのに闇に葬られそうな…。

 

高平さんは娘がいるだろうと脅されて、「メゾンを離れろ」と指示されました。指示に従ったというよりは、娘さんが心配で、メゾンを出て走っていました。

 

藤堂さんは薬品を投入されて、メゾンは爆発。なんで藤堂さんはいつもこんな目に遭わなきゃいけないんだ…。

 

伊達さんは野間さんに会い、チェスでぼっこぼこにされて…。あれ、伊達さんだけあんまり厳しくないですね。でも、伊達さんがチェスでぼろ負けしている間に、みんながバラバラにされて…。

 

伊達さんは警察官としての立場は上の人なわけで、みんなを守れなかったのはつらいでしょうね。「静かな余生を送りたいならおとなしくしろ。でないとあなたも…」と野間に脅されていました。でも、おとなしくしている伊達さんではないと信じたい!

 

ひよりちゃんが「ようこそ、メゾン・ド・ポリスへ」と言ったときは、みんながチーム一丸になったとうれしい気持ちだったのに…。メゾンという大切な場所が壊されていくようで、見ていて本当にしんどかったです。

 

野間は思っているより恐ろしい男

黒幕がわかったなら解決は早い!と思っていたのですが、真相が見えているのに、何もできないもどかしさが待っているとは思いませんでした。

 

野間は必要のない駒は簡単に切ります。あの金髪の部下のように。罪を着せるための道具としか思っていないわけで。

 

野間は警察という白にいたのに、平気で黒になれる男。「相手をバラバラにして、徐々に大切な駒を奪う」というチェスの言葉を実行に移していました。

 

チェスの敵の白い駒を取りながら、全ての敵がいなくなれば、「無敵になる」って言うのにはぞわぞわ~っとしました。怖い。めっちゃ怖い。思ったよりもずっとずっと黒い。

 

えええー裏切り者がまさかの…

野間たちの側に、メゾンの情報を渡している人間がいるシーンがありましたね。当初、誰かはわかりませんでした。誰目線なのか、全くわかりませんでした。メゾンの人間ではないと思っていたのですが…。

 

ひよりちゃんは警察の人間だと思っていましたが、まさかのフリージャーナリストの真琴さんでした。裏切り者が意外すぎて「ええええ」状態。

 

前に真相を暴こうと記事に書いたのが、野間ににらまれて、脅されているのかな。娘を人質にされたとかかなぁ。相手はヤクザだし。

 

むしろ裏切り者だと思っていた瀬川君は、メゾン側に寝返りそうじゃないですか?どうですか?彼も彼なりの正義で、自分の上司がそうじゃないと知ったら、ちゃんと正義側につくと思うんですけどね…どうだろう。

 

必勝法に打ち勝つ手なんてあるのか…

野間は自分のやり方を「必勝法」と言ってました。おそらく、今までも高遠建設の件で警察官やらジャーナリストやら、犠牲者が来ていたんじゃないでしょうか。だからこそ、警察幹部の天下りとして固めて、跳ね返してきたのでしょう。

 

実際に、立ち向かおうとしたメゾンもバラバラになってしまいました。思った以上に恐ろしくて、勝てるのか不安になってしまいます。新たな証拠を探すしかありません。新しい証拠は…

 

気になる2つの謎

事件の鍵を握るのは写真と裏帳簿のデータ?

和子さんは、死に際に「写真…」とつぶやいていました。ひよりちゃんが絵で賞を獲った、という写真。

 

映っているのはひよりちゃん、と両親、と市野沢夫婦。ひよりちゃんの絵は誰かの横顔。おそらくお父さんなので、これは事件と関係なさそうです。

 

そして、机に封筒。この封筒が何かに関連しているのかも?そういえば、市野沢さんのパソコンから、過去の裏帳簿のデータがなくなっているという話がありました。その封筒は裏帳簿のデータ?

 

つまり、ひよりちゃんの家に証拠がある可能性があるんじゃないですか!?

 

ひよりちゃんを励ました刑事は?

ひよりちゃんがお父さんを亡くしてから、いつもお母さんの話を聞いてくれる刑事がいたそうです。幼いひよりちゃんの頭をぽんぽんとしてくれて。

 

あれってもしかして夏目さんかもしれませんね。

 

次回:最後は誰が勝つ!?

メゾンに戻ってきたひよりだが、そこには誰もいない。戻ってきた伊達に、自分の判断ミスのせいだと告げるが、伊達は捜査続行を示唆。戻ってきた高平も同意する。さらに、夏目や迫田も自分の場所で捜査を進め…。しかし、誰が敵で味方かわからない状態で、メゾンは追い詰められていき…

みんながまたメゾンに戻ってきてくれると信じて、最終回を見届けたい!感情移入しまくりです(笑)絶対負けないぞー!

 

 

aoikara

 

▼メゾン・ド・ポリス 記事一覧はこちら

www.aoikara-writer.com

スポンサーリンク