読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

【ドラマ】緊急取調室 Season2 第3話 ネタバレ&感想 夫婦って難しい

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170505195806j:plain

夫婦の正解は他人が決めちゃいけないよなぁ…と思うaoikaraです。当人が幸せならそれで良いんだよなぁ、と思っています。

 

今回はそんな夫婦の事件がテーマの…

 

緊急取調室 Season2 第3話 ネタバレ&感想

 

です。

※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※ネタバレもしていますので、まだ内容を知りたくない方は見てからどうぞ。

 

第3話「オウムを飼う二人」あらすじ・ネタバレ

死にゆく男を見るオウム

水辺に男の死体が浮かんでいる。オウムが眺め、勢いよく叫んでいた。

 

夫婦が知らない男

水死体は建築家の小泉正隆(入江雅人)、その妻・マユミ(酒井美紀)が住む家のプールで発見された。頭部外傷による脳挫傷が死因とのこと。捜査一課の監物(鈴木浩介)と渡辺(速水もこみち)が捜査。

 

男の身元はわからず、家にいる妻も「知らない」と言う。やっと家に帰ってきた夫は妻に寄り添う。昨夜は事務所に泊まっていて、朝連絡に気づいたという。男に見覚えはないとのこと。しかし、部屋には血痕が残されていて…。

 

そんなとき急に家にいるオウムが「死ね!」と叫ぶ。昨夜もずっといたらしいが…

 

梶山の“歯医者”事情

一応“目撃者”であるオウムのピーコは緊急取調室で預かることに。さらに磐城刑事部長(大倉孝二)がキントリに来て、夫婦の取り調べを頼む。

 

と、管理官の梶山(田中哲司)がいない。梶山は歯医者に行くから遅れると言ったらしいが…中田(大杉漣)が磐城にそっと耳打ちすると、なにやらうれしそう。遅れて来た梶山に、磐城は「離婚調停が大変なんだってねえ」と声をかける。

 

キントリのメンバーも梶山の離婚調停を心配するが、本人は取り合わない。そして、取り調べが始まるのだった。

 

夫が殺人を告白

まずは小石川(小日向文世)と中田で夫の正隆を取り調べ。男のことは未だに知らないと言っている。しかし、実は深夜に帰宅しようとして被害者の男絡まれて、とっさに突き飛ばして殺してしまったという。家に連れてきてプールに落としたというが…

 

妻を起こしたくなかったので事務所に帰ったらしい。妻と結婚して13年、自分がいなければ生きていけないから、罪を隠そうとしたらしいが。その様子を眺めて真壁は「愛妻家」と評するも、梶山がつまらなさそうな表情を見せる。

 

妻も殺人を告白?

次は真壁(天海祐希)と菱本(でんでん)が妻のマユミを取り調べ。被害者の男を知らないのは嘘だという。ただし名前は知らないとのこと。街中で何度も声をかけられた、つまりストーカーだと言うのだった。

 

事件当夜は家にやってきて、逃げているうちに誤って殺してしまい、プールに入れたらしい。夫本人でなくても妻が殺人を起こせば迷惑がかかると思い、黙っていたとのこと。

 

今度は中田たちが妻を「内助の功」と評し、小石川は「うらやましいね」とつぶやいていた。

 

キントリの対立?

キントリのメンバーはいつもの飲み屋にて事件について話す。夫婦が二人とも自分が殺したという理由がわからない。近所の人に小泉夫妻について聞くと、「二人は仲が良く理想の夫婦」と誰もが答えると言う。それを鼻で笑う梶山。

 

梶山は夫婦が本性を隠していると踏んでいる。自分の離婚調停で夫婦の話題にナイーブになっている様子。

 

それを見かねた真壁たちは、急に「夫が妻をかばっている」「妻が夫をかばっている」という真逆に意見で対立する。

 

被害者の男の正体

飲み屋に捜査一課の監物と渡辺のコンビもやってくる。被害者の身元がわかったらしい。妻の携帯に入っていた連絡先のうち、連絡が取れない人物が一人いた。それが殺された藤田で、探偵をしていたらしい。妻は藤田に浮気調査を依頼していた。

 

夫は偽愛妻家

真壁と小石川は、夫の正隆が社長を務める会社で、秘書をしている若い女性(入山法子)に事情を聞いていた。不倫について秘書は否定。しかし、高そうな指輪をしている。

 

藤田の写真を見せて探偵だと言うと、妻のマユミが頼んだのか気になっている様子。しかし、何気ない会話で正隆を「彼」と呼んだことを、真壁は見逃さなかった。

 

藤田の正体

中田と菱本は藤田が務めていた探偵事務所で聞き込み。藤田は過去に働いていた探偵事務所で、調査対象者に情報を買わないかと恐喝して辞めさせられていたらしい。そのため、今の事務所でも辞めてもらうつもりだったとのこと。

 

さらに、マユミはでっちあげでも夫の浮気の証拠が欲しかったらしい。

 

小泉夫妻は理想の夫婦ではなかった

夫の正隆は不倫相手の秘書に「妻と別れて結婚する」「妻は見た目だけで家事もできないし金遣いも荒い」とこぼしていたらしい。

 

一方で妻のマユミは服を買う大量に買って借金まみれ。夫に浮気をしてもらい、多額に慰謝料を欲しがっていた。

 

新しい登場人物!?

マユミへの2回目の取り調べ。真壁と菱本が担当。浮気調査を依頼していたことを聞くと、観念した様子。そして

 

「イシハラさんがやったんです」

 

と、新たな人物を語る。ジョギングで知り合った人物だそうだ。事件当夜は自宅で藤田に「慰謝料目的で探偵を雇っていることを夫にバラす」と100万円を恐喝されていた。そこへイシハラがやってきて藤田を襲い、アクシデントで死んでしまったという。

 

真壁を始め、キントリメンバーは苦笑。一応、捜査一課の渡辺と監物に「イシハラ」という人物を調べさせるが、自宅前をジョギングする「イシハラ」という男性はいなかったとのこと。

 

イシハラは実在する!?

今度は正隆の取り調べ。小石川と中田が担当。「イシハラ」について聞くと、なんと正隆は知っていると言う。背が高く、証券会社で働いていて、口元にほくろがあると言う。年齢は50代

 

浮気していたが妻と別れるつもりはなく、今でも愛しているのは妻だけだとも語る。

 

また、マユミに再確認すると、イシハラについて背が高く、証券マンで、口元にほくろがあると、正隆と全く同じ特徴を語る。留置場にいるから口裏を合わせることは不可能。しかし、マユミはイシハラの年齢を「37歳」と言った。年齢だけが相違点。

 

マユミも本当は夫を愛しているから、浮気調査をしたのだと語る。また、石原が藤田を襲った際に「死ね」と言ったので、ピーコも「死ね」と言っているらしい。

 

悩むキントリ

新たに登場した「イシハラ」にキントリは困惑。刑事部長から生暖かい声援を受ける。証言を見返しているが、なぜ年齢だけ食い違っているのかもまったくもってわからない。ついにオウムに聞く始末。

 

秘書の重要な証言

そんな手詰まりのキントリに正隆の不倫相手で秘書の女性がやってくる。事件前日に正隆は藤田と会っていて、脅されて金を支払っていたという。さらに正隆からもらった指輪を返してくれと外してしまう。

 

秘書に「イシハラ」について聞いてみると、帝都証券の石原という人物を知っていると言う。なんと、オウムのピーコの元の飼い主だとか。

 

正隆への愛を語りつつも別れを決断した秘書の目には涙が。真壁がそっとハンカチを手渡す。そして気丈に振る舞い、ハンカチを真壁に返して去って行く。真壁と捜査一課コンビが目配せをして、コンビが秘書を尾行する。

 

石原という男

実際に帝都証券に石原という男がいた。背が高く、口元にはほくろがある。13年前に自宅が放火に遭い、飼っていたピーコが逃げてしまった。そんなピーコを見つけ、警察に届けてくれたのが小泉夫妻だった。

 

自宅を失った石原はアパートに引っ越してピーコを飼えなくなってしまい、そのまま小泉夫妻に譲った。新婚で仲の良い夫婦だったそうだ。

 

石原は現在50歳。そして、13年前は37歳だった。

 

秘書の正体

真壁が秘書に手渡したハンカチを調べると、涙も化粧品もついていない。つまり、嘘泣き。さらに、警察から帰ったその足で海外への旅行券を買いに行ったというのだ。

 

キントリはあることを思いつき、実行することに。

 

前代未聞の取り調べ

キントリはピーコを取り調べることにしたのだ。小泉夫妻も同伴で。ピーコが「死ね」というのを録音したいと真壁は語る。

 

真壁が石原に話を聞いたことを伝えると、動揺する小泉夫妻。取り調べで口裏を合わせなくても、ピーコの飼い主である石原の名前を出せば、同じ人物を連想すると考えたのだろうと語る。そして、思いつきの石原に罪をなすりつけようとしたのだとも。

 

夫婦は取り乱してお互いがお互いを責める。マユミが「あの女と結婚しようと思っているんでしょう」と怒ると、真壁は「結婚はできないでしょうね」と語る。

 

不倫女の本音

秘書は大きな荷物を持って出かけようとしているところを捜査一課とキントリに止められる。荷物の中には宝石がたくさん入っていた。あんな年寄りと付き合っていたんだから、これくらい許されるだろうと本音を叫ぶ。

 

夫婦の本当の姿

正隆は会社の金を着服し、1億3千万円もの大金にしていた。秘書との生活のために用意した金だった。しかし、秘書はそれを宝石にかえて盗もうとしたのだった。

 

藤田には金を着服したことを脅されていたのだ。事件当日に夫婦そろっているところに家に来て、ゆすろうとした。それを夫妻で止めようとして死んでしまった。そして、二人でプールに死体を遺棄した。

 

小泉夫婦はさらに言い合いに。すると

 

「死ね!」

 

という声が。ピーコの声だ。そう、ピーコの言葉は紛れもなく夫婦の言葉だった。ケンカになるとお互いに罵詈雑言が飛び交い、「死ね」もよく使っていた言葉だったのだ。真壁は「そんな言葉を覚えてしまったピーコが気の毒だ」と言うのだった。

 

年齢の食い違い

夫婦はそれぞれの留置場に戻される。途中で正隆は「最後の共同作業」だと口にする。それを聞いた梶山は、イシハラの年齢が夫婦で食い違っていたことを話す。

 

マユミには真壁が告げていた。「37歳」と答えたマユミは過去の幸せな時で時間が止まっていて「50代」と答えた正隆は今しか見ていなかったことに気づく。

 

一件落着なキントリ

ピーコは元の飼い主である石原が引き取ることになった。キントリには梶山と真壁が残る。梶山は自分がプライベートで悩まないように対立したふりをしたのだろうと聞く。しかし、真壁は「自意識過剰」と取り合わない。

 

今回の取り調べを、真壁は「オウムは見た」とタイトルをつけた。

ーーーーーーーーーー

という話でした。予告のとんでも展開を期待したのですが、けっこうまともな話でしたwというわけで、詳しい感想を書いていきます。

 

第3話のGOODポイント

  • 生き物係だった善さん、似合いますね。
  • 梶山が離婚調停中だと知ってうれしそうな刑事部長、サイテーですねw
  • 梶山が離婚調停を歯医者だと偽った件について、「奥歯を噛みしめる所行なのは同じ」って言ってるので爆笑。まあ、たしかにねw
  • 梶山、自分が離婚だからって「理想の夫婦なんてありえない」「現実的な損得で動いている」「相手の罪をかばい合う夫婦なんてくだらない小説か映画の中でしかない」ってさw真壁が梶山を「根性曲がってる」って言ってましたが、それな。
  • 行きつけの居酒屋の店主夫妻が一緒に考えたまた家庭的で、梶山の心をえぐりますね~。これを見ていたキントリが対立したフリをして、梶山の気をそらしてあげたんでしょうね。
  • 夫婦の本性が暴かれて梶山がうれしそうにしすぎw
  • 刑事部長も刑事部長で、梶山に「私は妻君の暖かい手料理を食べに早く帰りたい」とか言って、嫌な奴ですよ、本当に。
  • でも、刑事部長が妻に電話をして「今日は家で食事がしたいんです」(敬語ですけどw)って言って「急にいわれても“ない”ですよね」って言われててもう、そんなんだから愛想尽かされそうになってるんですよ。

 

第3話の気になったポイント

特になし

 

第3話の感想

オウム、かわいいけど出番はそこそこ

なぜオウムが「死ね」と言っていたかというヒントは、物語で明らかにされていましたよね。誰かがきつい言葉を言うと、オウムはそれに反応して「死ね」と言っていました。

 

意外とオウムの陰が薄かったですね。オウムの面白さは予告がピークかな。でも、きちんと夫婦の話としてストーリーは面白かったです。

 

今回の取り調べタイトルが「オウムは見た」で、「家政婦は見た」とかかってますよね。家庭の内部を覗いてしまった、的な意味合いも兼ねていますし。シンプルだけど良いタイトルだな~と感心しました。

 

口を揃えていた夫婦の“唯一の相違点”が切ない

妻は過去の幸せな時から時間が止まっていて、夫は今しか見ていなかった、というすれ違いがあった、という切なさ。このすれ違いが今の崩壊した夫婦の現実。

 

結婚して13年間という年月に、37歳と50歳がぴったりはまるんですよね。ヒントは与えられていたのに全然わからなかったです。これは見事なトリックだなぁ。

 

殺人を隠蔽しようとしたときの方が夫婦らしかった。まさに「最後の共同作業」だったわけですね。

 

みんな夫婦で悩んでる

梶山はまさかの離婚調停中で、それをからかっていた磐城も完全に尻に敷かれていたし、小石川も家族で何かあるようですし。

 

夫婦ってのは他人ですからね。他人なのに家族になろうとするから、そりゃあこじれるのが普通ですよ。そのすれ違いをどう埋めるかどう妥協するかどこまで受け入れるか、難しいよね。

 

やっぱりチームワークが良いキントリ

今回は仲が良いはずのキントリが対立していました。でも、実は梶山がプライベートで悩まないようにみんなで協力していたよう。みんな、自分たちから言うことはなかったんだけどね。

 

って、考えると、やっぱりチームワーク最高じゃないですか!

 

キントリ、良い部署ですね。

 

次回 第4話:教師の愛、母親の愛

高校の教室で生徒が毒物で意識不明に陥る事件が発生。生徒全員が取り調べられるが、それに沢本愛という現場にいた教師がつき、何かにつけて横やりを入れる。真壁は沢本をマークしようとするが、中田にいさめられる。また、意識不明の生徒の母親にも気になる言動が…。そして、生徒が目を覚ますと予想しなかった事態が起きる。

学校で事件が起きて、教師やら母親やら生徒やら、いろんな人が絡むんですね。意識不明から戻るようですが、いったい何が起きるのか、予告だけでかなり気になります。引きがうまいな~来週も絶対に見ます!

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマランキング

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

スポンサーリンク