読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

はあちゅう&吉田豪議論に思う、「肩書き」って何ですか?

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170331141648j:plain

一応、フリーライターのaoikaraです。一応ね、肩書きはそういうことにしています。って、名乗るのを躊躇しちゃうのは、今回がこんなテーマだから…

 

「肩書き」って何?

 

 

はあちゅうさんの肩書き問題

はあちゅうさんという方が、自身の肩書きについてTwitterでつぶやいたところ、プロインタビュアーの吉田豪さんに反論(指摘かな?)されたという話がありました。

 

togetter.com

 

要は、はあちゅうさんは自身の肩書きが「ライター」と言われることにしっくりきておらず、「作家」と名乗っている。しかし、吉田豪さんからすると「ライター枠の人」と思っているとのこと。

 

そのため「肩書き」について議論が勃発したようです。

 

個人的には「ブロガー」や「ライター」では?と思う

私の知識不足なんですけど、はあちゅうさんのことあんまり存じ上げないんですよね。申し訳ないです。何かのテレビ番組で見かけて、「変わった名前の方だな~」と思ったくらいで。

 

なので、調べてみました。Wikipedia先生ありがとう!

 

伊藤春香 (編集者) - Wikipedia

 

ご本人曰く、「編集者」でもないとのことです。

 

拝見したざっくりとした経歴から、 吉田豪さんがおっしゃっているように「作家」というよりは、「ブロガー」「ライター」なのかな、という印象がありました。とはいえ、個人的な意見なので、はあちゅうさんは「ブロガー」で「ライター」だとは全然言わないんですけど。

 

私の中での「作家」というのは「小説家」のことで、はあちゅうさんは「小説家」ではないので「作家」ではないかな、と思ってしまっただけです。あくまで、私の感じ方として。

 

そもそも“肩書き”って何だ?

肩書きとは何なのか、辞書で調べてみました。

 

①名刺などで,氏名の右上に書かれる職名・地位など。
②人の社会的地位や身分を示す職業・役職名など。 「 -が物をいう」

出典元:肩書きとは - Weblio辞書

だ、そうです。

 

周りから客観的に見てどういう人物であるのか、というのも肩書きですし、本人が思う自分の特徴の称号も肩書きと言えるのかもしれません。

 

間違いではないですけど、名乗った肩書きに「ん?」と違和感を持たれてしまったら、肩書きではなく「自称」になってしまうのかもしれませんね。

 

私も“フリーライター”とは言ってるものの…

私も一応フリーライターと名乗っていますが、傍から見たら“自称”でしょう。本来は「中卒ほぼ無職」みたいなものです。

 

リアルな場で「何の仕事をしてますか?」と聞かれたときに、私は「フリーライターしてます」とはあまり答えません。「ネットで情報とかまとめて、そういうのでお金をもらってる感じです」って濁して答えています。

 

というのも、「ライター」という肩書きが、逆に私にとっては大きすぎるからです。

 

私の中での「ライター」という言葉は、自分が思っていることにせよ他人が思っていることにせよ、文章を生業にしている人のこと。私は文章と言われるほどのものを書けておらず、「ライター」と名乗ることをおこがましいと思っているんです。

 

とはいえ、ガッツリ「フリーライター」ってブログでもTwitterでも自称してますけどね。正確には「“自称”フリーライター」で、「ライターになりたい人」です。

 

いろんな人が思う肩書き

私自身の意見でもわかるように、「肩書き」というのは、人によっていろんな捉え方をされている言葉だと思います。主に3つに分けられるのではないかと。

  1. 自分が思う特徴
  2. 志(こうなりたい・決意表明)
  3. 客観的に見た社会的立場・地位

はあちゅうさんの場合は「1」だと思うんですよね。ただ書籍を出されていますし、「3」だというのも間違いではないはずです。私は「2」。書くことによってそうなりたいっていう志がある。

 

そして、批判が殺到した理由は、肩書きという言葉を「3」だと思っている人がいて、「1」とのギャップがあるからなのかなと感じました。

 

結局、物の感じ方なんて人それぞれ

なんですよね。言葉の捉え方然り、肩書きの捉え方然り。「どう考える人が多いのか」で正しさが決まってしまいがちですが、そういうわけでもない。

 

こんなにも食い違うのかと驚くほどに、それぞれの感じ方がある。先ほどリンクでご紹介したTogetterは、「肩書き」だけでも本当に人によって全然捉え方が違うんです。

 

たしかに、あまりにも客観的な視点とずれている「肩書き」を主張すると、違和感を与えてしまって、結局「自称」になってしまう。悲しいかな、「自称」と現実のギャップが大きすぎると「客観視できていない人」とか「イタい人」と思われてしまいます。

 

「正しさ」を他人に強制しないで

個人的な意見としては、

 

もう自由に肩書きを名乗っていいんじゃないですかね?

 

その上で、いろんな考えの人がいるから「それはどうなの?」って言う人もいることは覚悟して。「どうなの?」って言う人も違和感を伝えるのは良いけど、「肩書き直せよ」って強制するのはまた違う

 

だから、はあちゅうさんの「作家」は肩書きとして間違っていない。でも、はあちゅうさんを「ライター」とか「ブロガー」って捉えている人がいても、それは間違いだとは言えないんじゃないかな、と思うわけです。

 

こっちが正しいから従えと強制するのではなくて、自分とは違う考えもあるからと思って、そこから何か発展することがあれば面白いと思います。もちろん議論も大切ですけど。「どちらが正しい」論争じゃなくて、何か別の話に発展したら面白いと思うの。

 

という、自称フリーライターの戯言です。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村


フリーライターランキング

 

aoikara

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

スポンサーリンク