読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

【読書感想文】湊かなえ「少女」すべてがつながった。

感想 読書

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170214185226j:plain

※ネタバレを含みます。

 

「すべてがつながった」

 

最後の最後まで読み終えたたときにそう感じた。やっぱり、湊かなえだ。

 

 こちらは単行本

 

 こちらが文庫本です。

 

親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることができ、強い自分になれるのではないかと考える。ふたりとも相手には告げずに、それぞれ老人ホームと小児科病棟へボランティアに行く―死の瞬間に立ち合うために。高校2年の少女たちの衝撃的な夏休みを描く長編ミステリー。

 出典元:内容(「BOOK」データベースより)

 

“少女”は良くも悪くもすべてがみずみずしい

17歳は大人ではない、少女だ。思っているよりもずっと打算的で、だけど自分一人ではどうしようもないほど子どもで。嫌悪感も愛情も自我も、全てが強すぎる。だからこそ、すべての感情がみずみずしい。

 

だからこそ「人を死ぬところを見よう」という思いは、とても不謹慎なように思えるのだが、17歳らしくもある考えなのだ。

 

そんな17歳の少女の友情はもろい。ときに残酷でもある。だけど、きっと強くもあるのだろう。それ以外の年のときより、何倍も何倍ももろくて壊れやすくて残酷で、それでも強いのだ。由紀と敦子の友情も、そんな風に思える。

 

みずみずしさに、読者もリンクする

「私は子供じゃないわよ」って思っているであろう少女が、もっと子供に騙されてしまう。私も同じように騙されてしまった。

 

だから、あのナイフが突き刺さって背中が真っ赤な血で染まっていくのは、本当にはっとなってしまった。何が起きたかわからない、由紀の気持ちをそのままに感じられた。

 

そのとき、敦子が剣道をやっていた頃の勘でナイフをはたき、軽やかに一緒に走りだそうとする姿は、由紀から見えている姿そのもの。だから、すごまじく敦子がカッコイイのだ。あのシーンは、とても好きだ。

 

悪人には制裁を

と展開のが、湊かなえさんらしい。

 

過去に担任をしていた小説家志望の小倉は、由紀の小説をパクって、その制裁に追い詰められて自殺した。少女を買っている三条は、その実態を告発されて逮捕された。その娘・紫織は親友の自殺を自分を語る術としてしか思っておらず、最後は遺書を書いた。

 

自業自得とも言える制裁なのだが、人を不幸にしたあげくに自滅してしまうので、誰も幸せにはならない。だからなのか。悪人が制裁されていること自体は喜ばしいが、それに手を叩いて喜びたいという気持ちにもなれないのだ。

 

最後に「すべてがつながる」

少女の気持ちと一緒に揺れ動いたり、悪人の制裁を傍観したりと、作者の手の平の上で転がされていて。感情だけでなくトリックでも手の平の上で転がされていた。

 

湊かなえさんなら、絶対に仕掛けてくる。そう思いながら読んだはずなのに、最後の最後の遺書まで気づかなかった。あの名前を見たときに「あれ?」と思ったはずなのに、それでも気のせいかと打ち消すような。やっと気づいたときに

 

「すべてがつながった」

 

と思える。とてもすっきり。読み返したい気持ちもあるが、自分の中で点がつながって線になって、ぴたっとはまって、そのみずみずしさを残したいから読み返さなかった。

 

私の17歳のときの記憶の近くに、そっと物語として残しておきたい。

 

以上です。

 

 映画化もされているようですね。元剣道少女がやまとなでしこ的な山本美月さんで似合いそう。ただ、タカオタカオは吾郎ちゃんじゃない。全然おっさんじゃない。だって、普通にカッコイイおじさんじゃないですか。でも、見てみたいです。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


読書日記 ブログランキングへ

 

aoikara

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

保存

スポンサーリンク