読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

【フィギュアスケート】浅田真央さんの引退について超個人的な思い

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170428200637j:plain

すっかり人生はリタイアしているような生活を送っているaoikaraです。今回のテーマは、そんなリタイアというか、ひとつの終止符の形。

 

浅田真央さんの引退

 

についてです。ちょうど私は仕事など休養期間で、ブログでもすぐに言及したかったのですが、だらだらと過ごしていて書くのが遅くなってしまいました。

 

フィギュアオタクやファンとまではいかないものの、いちフィギュアスケート好きとして、絶対に語りたいテーマだったので、ブログにしたためることにしました。ちょっと、長々と語ります。

 

最も愛されたフィギュアスケート選手の引退

2017年4月10日、浅田真央さんが引退を発表されました。

www.asahi.com

 

言わずもがな、最も愛された、というより今でも愛されていると言うべきかもしれません。最も愛されているフィギュアスケート選手の引退。会見でも笑いあり涙あり、どんな質問にでも丁寧に答える真摯な姿を多くの人が称賛していました。

 

引退をしてなお、人気で愛されている人だなと実感するような選手でした。

 

浅田真央さんは“表現者”で”アスリート”

フィギュアスケートはスポーツ

よく「フィギュアスケートはスポーツじゃない」という人がいます。氷の上を滑ってダンスを踊っているだけだと。私はその意見に大いに反対です。

 

まず、氷の上に薄い板のスケート靴で立つだけでもものすごく大変です。体幹がないと無理ですし、滑るだけで一苦労。その上で片足で立ったり、回ったり、ジャンプしたり、相当な身体能力がないとできないことです。

 

だから私は「フィギュアスケートはスポーツだ」と思っています。

 

だからこそ浅田真央はアスリート

真央さんの代名詞と言えばトリプルアクセル。女子で飛ぶことができる選手というのはものすごく限られています。現役の選手だと真央さんをのぞいて2人(エリザベータ・トゥクタミシェワ選手、紀平梨花選手)、歴代でも真央さんを含めて7人。相当に難易度の高い技です。

 

失敗しても挑み続けるその姿勢。強い意思を感じて、アスリートなんだなぁと感じました。普段がほわほわとした柔らかな雰囲気なだけに、内に秘めるアスリートらしい強さというのが彼女の魅力なのではないかなと思っていました。

 

ジャンプだけじゃない、全てが素晴らしい

真央さんと言えばトリプルアクセル、と言われることが多いのですが(選手のキャラ付け上仕方がないのかもしれないけれど)、そのほかの技も素晴らしいんです。

 

スパイラルも、スピンも、体の柔軟性も、手足の使い方やしなやかさも。年齢を重ねることに洗練されていく。

 

特に私はステップが好きでした。フリーの後半でストレートラインステップが入るところは、いつも興奮してました。本当にダイナミックで、でも繊細で、すごくステキなステップだった。ステップだけで見惚れてしまうくらいでした。

 

表現者としての魅力も高い

フィギュアスケートには演技構成点という、まあいわゆる表現力の得点のようなものもあります。音楽と演技と、あとはその人自身の内面というのが表現されているのかな。そういった部分も好きでした。

 

明るく楽しい曲も、悲しく切ない曲も、荘厳な曲も、それぞれの表現があって。詳しくは「好きな演技」で後述したいと思います。

 

浅田真央さんの印象的&好きな演技〇選

1.鮮烈の世界デビュー!2005年GPF・FS「くるみ割り人形」

フィギュアスケートブームの火付け役となった試合。シニアデビューからまさかのグランプリファイナルの女王になるという快挙を成し遂げた15歳として世界中で注目されました。

 

このとき日本では真央ちゃんブームだったようですが、実は私はテレビを見ておらずあまり知りませんでした。きちんとこの演技を見たのは少し後です。私がフィギュアスケート好きになったのはトリノ五輪だったので。

 

トリプルアクセルを武器にして、本当に怖い物なしというか、すごい演技でした。笑顔でかわいくてはつらつとして。私は伊藤みどりさんの解説の「ガッツポーズ出たよ」がけっこう印象的ですw

 

2.とにかく楽しい!2007年世界選手権・FS「チャルダッシュ」

こちらは世界選手権で銀メダルながら当時のフリー歴代最高得点をたたき出したプログラム。とにかく「チャルダッシュ」が楽しい曲で、演技が好調であれば観客も盛り上がるようなすごく楽しめるプログラムでした。

 

特にこの世界選手権では冒頭のトリプルアクセルも成功していますし、目立った失敗もありません。途中に出てくるバレエのようなスピンも好きですし、最後のジャンプが決まったときに曲と観客が盛り上がるのは本当に見ていて興奮します。

 

このプログラム好きでしたね~。

 

3.実は完璧な演技!2010年バンクーバー五輪・SP「仮面舞踏会」

バンクーバーオリンピックのシーズンというのは、フリーの「鐘」が今までのイメージとは全く違う曲でとても注目されたプログラムでした。でも、私は密かにショートの「仮面舞踏会」も素晴らしいプログラムだと思うのです。

 

特にオリンピックのショートは本当に完璧な演技でした。本当に仮面舞踏会にいるような、そんな華やかで楽しい演技でとても素敵でした。

 

4.やっぱり外せない。2010年バンクーバー五輪・FS「鐘」

真央さんのプログラムのなかで、はかなり珍しいプログラムだったと思います。黒と赤の大人っぽい衣装も素敵でした。フィギュアスケートとは思えないようなあの重厚感を19歳で演じていたのかと思うとすごいことです。

 

フリーは実はミスがあったんですよね。それでも、私の記憶に残る「鐘」は本当に素晴らしい演技でした。震えるような演技でした。そのあとの銀メダルの涙は本当に切なかったなぁ…。

 

5.愛する人へ。2011年全日本・FS「愛の夢」

2011年はグランプリファイナル直前に真央さんのお母さんが亡くなられて、出場辞退。リンクに乗れない日があってから臨んだ全日本でした。

 

フリーは「愛の夢」。本当にを感じるように、やわらかく、優しさに溢れた演技でした。

 

6.悲劇からの感動。2014年ソチ五輪・FS「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」

ソチオリンピックは、ショートをリアルタイムで見たんですよね。わざわざ夜中に目覚ましかけて。で、あの悲劇のノクターン。なんだろうなぁ、繊細なものが崩れるような感じで、とても胸が痛くなったのを覚えています。

 

なので、次の日のフリーをリアルタイムで見ることができませんでした。気持ち的に。でも、ニュースで見て素晴らしい演技をしたと知って、録画で見ました。フィギュアスケートの演技を見て泣いたのはこれが初めてでした。

 

そのあと何度も何度も見ましたね。演技の最初は少しふわふわしているんですよね。心ここにあらずというか。そこからだんだん力がみなぎってきて、最後はとても力強い演技になる。

 

トリプルアクセルに8つのトリプルジャンプ、5種類のトリプルジャンプ、歴史と記憶に残る素晴らしい演技でした。すごい、あれは世界中のフィギュアファンが感動したでしょう。私の中では、浅田真央さんのなかでナンバーワンの演技です。

 

7.五輪のリベンジ!2014年世界選手権・SP「ノクターン」

オリンピック後すぐの世界選手権。ソチでのリベンジを果たすノクターン。完璧なショートプログラムでした。当時の歴代最高得点をたたき出す演技。特典だけでなく表現力も含めた演技として本当に素晴らしかったです。これぞ浅田真央のノクターン!

 

8.本当のラストダンス 2016全日本フリー「リチュアルダンス」

このときの全日本は見ていたんですけど、このときの真央さんは膝の具合が良くなくて、とても痛々しくて…切なく直リアルタイムで見られなかったんですよね。プロ野球とかでも負けてる試合とか見られないくらい小心者なんですよ、私は。

 

でも、これが本当にラストダンスなんだと思って、改めてきちんと見ることにしました。いつもよりメイクが濃いように感じました。強い意思の表れなのかなと。表情にも感じました。

 

トリプルアクセルにも挑戦した姿も、ご本人もおっしゃってましたがやはりアスリートの姿のように感じます。そして、やはり膝をかばっているように感じました。だからこそジャンプの衝撃に耐えられないように思えました。

 

でも、やはりステップが素晴らしかった。全身全霊で。指先にまで気を遣って柔らかく。力強く。妖艶に。今できる全てを込めた、そんな風に感じました。

 

ほかにも2006-2007シーズンのSP「ノクターン」のステップで足がクネクネ~って見えるように回るところとか、同じシーズンのエキシビションのカルメンの衣装が変わるのとか、着物のような衣装の蝶々夫人とか、衣装も演技も全て好きだなぁ。

 

仲間の引退

そして、同月23日には村上佳菜子さんも引退を発表されました。

www.asahi.com

 

村上佳菜子さんも真央さんと共に戦ってきた選手。真央さんが引退を発表されたから…という部分もあったのかな、と感じました。佳菜子さんは私と同世代なので、まだまだ若いのになぁという気持ちもあります。

 

それだけ、フィギュアスケートの選手生命というのは短い。特に女子は。第2の人生の方が本当に長いくらい。とはいえ、二人ともプロスケーターとして活躍されると思いますし、今後の活動も楽しみですね。

 

フィギュアは新時代へ

2017年の国別対抗戦では三原舞依さんや樋口新葉さんが最高の演技をして、日本での歴代最高得点に迫るような得点も出しました。日本のトップを走る宮原知子さんや、本郷理華さん、ジュニア女王の本田真凜さん、坂本花織さん、トリプルアクセルを跳んだ紀平梨花さん…まだまだ新しい人たちが出てきています。

 

2018年の平昌オリンピックに向けて、本当に若い世代が活躍しています。浅田真央さんや村上佳菜子さんの引退によって、改めて新時代だなと感じます。1シーズンで驚くほどに選手たちは進化していきます。その新時代を楽しむファンでありたいと思います。

 

そして浅田真央さん、村上佳菜子さん、本当にお疲れ様でした。これからのお二人の人生も幸せなものでありますように。

 

参考にさせていただいたサイト

 

 

 

 

良かったらポチっとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

 

aoikara

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

保存

保存

スポンサーリンク