読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

【ドラマ】A LIFE~愛しき人~ 第6話 感想 みんな「どうして愛してくれなかったの」で苦しんでる

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170220170600j:plain

見ているドラマが低視聴率だと「面白いのに」って思って、高視聴率だと「でしょー」って思うけど、どんな視聴率だって面白いと思えば見るaoikaraです。結論それでしょ。

 

というわけで今回のテーマは…

 

A LIFE~愛しき人~ 第6話 感想

 

です。
※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※一部ネタバレもしています。ご了承ください。

 

 

あらすじ:最大のモンスターペイシェントは顧問弁護士?

深冬と壮大の不安は募るばかり…

沖田(木村拓哉)が話す前に深冬(竹内結子)はMRIを見て脳腫瘍を知っていたと、壮大(浅野忠信)に告げると怒ってしまう。

 

しかし、それにも理解を示し、娘の世話をするなど妻の負担を減らそうとする壮大。そんな壮大に対して、深冬は「気を遣わせてすまない」と逆に謝るのだった。

 

とある男性が救急搬送されて…

沖田が手術法を考えて、井川(松山ケンイチ)が励ましているときに、壇上記念病院に救急搬送された男性がやってくる。パチンコ店で倒れた男性で、心臓に重い疾患がある様子だった。

 

父親にはまだ言えない

院長の檀上虎之助(柄本明)は過去に働いていた看護師の顔を見せに、深冬のもとへやってくる。その様子を見て、沖田は院長にも病気を明かさないとと言うが、深冬は待ってほしいと言う。自分は大丈夫でも、父はそうではないからと。

 

入院患者の娘はなんと…

救急搬送された男性の家族が会いに来ると言って、病室に入ってきたのはなんと病院の顧問弁護士である榊原実梨(菜々緒)。患者の娘だそうだ。

 

しかも、オペには同意できないという。詳しく話を聞くと、どうやら榊原と母親を置いて女性のもとへ逃げてしまったのだとか。

 

どうしても手術をするなら井川に執刀してほしいと言う。最も信頼している医者だからと言うが、井川は経験も浅く、同じ病状のオペをしたことが一度もなかった。井川以外が執刀したら病院を訴えるし、手術中はきちんとモニターでチェックするという。

 

「父親のことが許せない」のは壮大も同じ?

榊原の切れ具合に、いさめる壮大。しかし、「父親のことが許せないのは同じ」だと言われる。「だから私たちは一緒にいると思ったのに…」とまで言われてしまう。しかし、壮大は「何の話だ?」と返すだけだった。

 

実は壮大の父親は医者で、98点でも0点と同じだと褒めてくれない人だった。48点で父親からバカにされている沖田から「壮大はすごい」と言われて、一緒に沖田の父が作った鯛茶漬けを食べる仲だったのだが…。

 

悩める井川、一方羽村は手をさしのべる?

初めてでしかもかなり難易度が高い手術に、井川はかなり悩んでいた。「もう無理」という井川に対し、看護師の柴田(木村文乃)は厳しく叱る。それで井川も奮闘し、しっかり準備。芝谷頼んで手術のシミュレーションもしてもらっていた。

 

一方、井川に任せるわけにはいかないと考えていた壮大。羽村(及川光博)にいざというときは手術してくれと頼む。しかし、羽村は恩師の山本の件があってから、壮大に対していぶかしげ。さらに「友達だろ」という壮大の言葉に不信感を感じていた。

 

手術中にトラブル発生!

いよいよ手術が開始。執刀はもちろん井川で、沖田は助手として入る。手術は順調だったが、途中でトラブルが発生し、固まってしまう井川。急いで羽村が病室に駆けつけようとするが、壮大に命令されるように言われて思うところがあるようで…。

 

それでもきちんとシミュレーションしていた甲斐があり、トラブルを解決する井川。そしてサポートする沖田。手術はきちんと成功した。

 

榊原はけじめをつける

榊原は手術は成功したので、壮大との関係はやめるし、病院との顧問関係も終了すると告げる。父親に対しても手術の費用などは払うから、早く帰ってくれとだけ言って去る。沖田は井川が助けてくれたからこそ、意地を張れるだろうと言うが…。

 

一人になった榊原は「どうして愛してくれなかったの」と苦しんで泣いていた。

 

深冬は恐怖にさいなまれて…

深冬はパソコンで何度もログインしたりログアウトしたりを繰り返し、本当に自分に腫瘍があるのか確かめていた。再検査の結果、腫瘍が5mm大きくなっていることも発覚。追い詰められて子供にまで当たってしまう。

 

そんな深冬が助けを求めたのは沖田のところ。余命は4~5ヶ月だろうと告げられる。未来を語ったときに告げてほしかったと、訴える。そして「怖い」と泣き叫び、沖田は抱きかかえるように「必ず救う」と誓うのだった。

 

壮大は自信を失って

病院を提携するという事実を否定され、評価してくれない義父に腹を立てていた壮大。また、深冬のことでも精神的に追い詰められて、壁を殴る穴は増えていた。

 

さらに偶然、沖田のところに訪れて泣き叫ぶ深冬の姿を見てしまう。そんな壮大は、おぼつかない足元で、薄ら笑いを浮かべながら、帰路をたどるのだったー。

 

という話でした。あーあーあー、壮大の闇が深くなりますね~。羽村も覚醒してほしいけどまだかな…というわけで詳しい感想を書いていきます。

 

第6話のGOODポイント

  • 子供の「どうして?どうして?」にちゃんと応えてあげている壮大がちょっとだけ優しい。それに対して、追い詰められてしまう深冬が切ない。
  • 鯛茶漬けに塩をぶっかけてちょうどいい塩梅の父親、寿司屋として高スペックすぎる!
  • 米を研いでも不器用、だけどやーっと旦那らしい愛情を感じる壮大がほんの少しかわいいぞ。

 

第6話の気になるポイント

  • 手術中にほかの医者全員が見てるって…この病院は暇なの?

 

実梨の父親との確執

実梨と父親の件は、解決しなくて良かったと思います。あそこで父親を許す方がドラマの流れとしては一般的なのでしょうが、自分たちの家族を見捨ててほかの女性のところに行った父親を許せますかね?あれはわだかまりを残しているのが当たり前。

 

だけど、生きているからこそ「捨てられた」って言いながらも、本当は愛されなくて寂しかったんだろうな、という実梨の気持ちを思うと切なくなりますね。

 

井川は医者として成長してるけどやっぱりボンボン

井川は医者として確実に成長していますよね。きちんと患者さんに責任を持っていて、起こりうる失敗をちゃんと全部調べて、焦りながらもきちんと調べていたことを活かして。きちんと沖田の良いところを吸収できています。

 

手術中に焦ったけどきちんと指示を出して、沖田が「それでいい!」って返すところ、めちゃめちゃ格好良かったです。たくさん積み上げられた資料を見ると、おそらく今回のトラブルのこともきちんと調べていたのでしょう。

 

でも、自分の肩を沖田に揉ませようとしたり、「俺でも限界超えられるから沖田先生にもできる」とか上から目線だったり、「沖田先生に近づいちゃったなー」とか言ったり、「ごはんおいしー柴田さんと一緒だからかな?」とかデレデレしたり。

 

なーんていうか、ボンボンだよね、やっぱり!でも憎めないですw

 

あと4~5ヶ月の命って怖すぎる

実梨が深冬に「恵まれてる人」みたいなことを言ったのは怖かったです。うわーついに愛人と本妻の対決かよと。でも、自分が死ぬかもしれないと淵に立たされての言葉。傷つくけど、深冬は「私は幸せよ」って返す。その強さがすごい。

 

最低限生きられて4~5ヶ月。もっと早く死ぬかもしれない。やっぱり自分の現実を見て怖くなってしまったのかな。娘にも当たってしまったし、あれは仕方ないなぁ、と感じます。

 

やっぱり壮大は頭がおかしい(褒め言葉)

壮大の様子はいつもおかしいですよねw

 

嫁に気を利かせて優しい、愛人に「いい加減にしろ」ってぶち切れる、羽村先生を追い詰めたあとで「友達じゃん」とか言う、その後「手術しろや」って羽村先生に切れる、愛人に「別れましょう」って言われて「ありがとう」って最悪の返しをする。

 

人格破綻者

 

かな?次回予告では「自分のものにならないならいっそこの手で…」的なことを口走っていたような気がするので、めちゃめちゃ怖いです。ついに壊れた?

 

みんな「どうして愛してくれなかったの」で苦しんでる

実梨は父親と壮大に

今回は実梨が「どうして愛してくれなかったの」と言ってたセリフが印象に残りました。彼女の父親への思いと、自分と同じだと感じていて愛人だとしてもきちんと愛していた壮大への思いなのかな、と感じました。

 

私は愛していたのに、どうして?強い女性に見えるからこそ、切ないなぁ。んで、自分は父親を奪った女性と同じことをしているのもね、なんとも言えない。

 

深冬は沖田に

深冬は結婚をして、子供も産まれて、医者としても充実していて、とても幸せなのだと思います。でも、ずっと沖田に対してのわだかまりはある。

 

不倫のような恋に焦がれる気持ちはないけど、愛していた事実はあって、だからずっと気になってる。私は愛してたのに、いつからあなたは私のことを愛さなくなってしまったの?というような。

 

壮大は父親と深冬に

壮大も愛情を知らずに育った人なのだと思います。実梨と同じように。48点を取って寿司屋の父に怒られて、それでも壮大は98点ですごいと言ってくれる沖田。沖田の父も壮大をすごいと言ってくれる。

 

でも、自分の父親からは「医者はひとつのミスも許されない」「98点は0点と一緒だ」と切り捨てられた。その愛情を埋めるために、沖田を見下すことで安心していたのかもしれません。

 

なのに、自分が好きな人は沖田と一緒にいて幸せそう。だから、二人を引き離して、好きだった人を妻にできた。

 

にも関わらず、妻が本当につらく苦しいときに頼るのは沖田だった。壮大の「どうして愛してくれないんだ」という気持ちのコンプレックスが、さらにひどくなりそうですね。壮大もかわいそうなんですよ。

 

次回:深冬の最後の患者

深冬は自分の手術に関して、沖田にある提案をする。あまりにもリスクが大きく、沖田は受け入れられない。深冬は壮大の同意も得ようとしていた。

 

そんなとき、小児科に14歳の少女が診察に来る。どうやら乳がんの疑いがあるらしい。乳腺科の医者に「14歳の乳がんはありえない」とそれ以上の検査ができず…。

深冬の決断や医者としての決意、崩壊し始める壮大が見られそうです。まーた人間関係がごちゃつきそう。そういえば、実梨もまだいたけど…。まあ、どうなるか次回も楽しみに待ちます。

 

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

スポンサーリンク