読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

【ドラマ】A LIFE~愛しき人~ 第3話 感想 「深冬が好き?」沖田の答えが気になる!

感想 A LIFE~愛しき人~ 2017年1~3月期ドラマ テレビ ドラマ

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170130171519j:plain

画像は壮大をイメージw

 

そういえば最近病院に行ってないことに気づいたaoikaraです。定期的に通うとかはあるんですけど、風邪で病院行くとかないですね。大人になったらよっぽどじゃないと病院に行かないのって何なんでしょうね。

 

というわけで今回のテーマはそんな病院に関する…

 

A LIFE~愛しき人~ 第3話 感想

 

です。

※個人的な感想なので辛口なコメントを含みます。
※一部ネタバレもしています。ご了承ください。

あらすじ:医者として大切なことはー

院長の快気祝い、現れた沖田に明らかに不機嫌な壮大

檀上虎之助院長(柄本明)の快気祝いに、院長自ら沖田(木村拓哉)を呼んでいた。沖田に「院長になるか?」という言葉をかけて、副院長の壮大(浅野忠信)もあながち冗談ではないと考えていた。あからさまに不機嫌になっていた。

 

病院のために役に立ちたいと頑張る深冬

病院では深冬(竹内結子)が小児外科の指導医になるために論文も手術も頑張っているという話をする。病院の役に立ちたいと考えている様子だが、医者として半人前だという気持ちもあり、少しでも力になりたいと考えているようだった。

 

なんだかんだ沖田が気になる井川

井川(松山ケンイチ)は深冬が論文の話をするのを見て、沖田に「論文を書くのをバカにしてないか」と問いかける。答えを濁す沖田。そんな井川だったが、沖田の手術に入らせてくれと頼みに来たのだった。

 

沖田は壮大の脳外科手術を見学し、実際に執刀もさせてもらっていた。そんな様子を見て、井川は沖田に論文を書く時間はないと納得。

 

腹痛が治まらない女の子。原因は心因性?

小児外科には深冬のもとに腹痛が治まらないという女の子と母親(紺野まひる)が訪ねていた。シングルマザーで母親が仕事のときだけの腹痛ということもあり、別の病院では心因性ではないかと言われていたようだ。

 

深冬と沖田が調べてみると、心因性ではなくどうやら腸捻転ではないかと診断。しかし、切ってみなければわからない。さっそく手術をしようとするが…。

 

小児外科の権威が手術をストップ!?

実は女の子を以前に診察していたのが、小児外科治療学会のトップだった。そのため顔に泥を塗ることになると、女の子の手術はやめろと院長から指示を受ける。深冬は仕方なく沖田にそのことを告げるのだった。

 

沖田は病院をやめる決意

沖田は納得せずこの病院をやめて、別の病院で女の子を手術しようとする。そんなうわさを聞きつけた看護師の柴田由紀(木村文乃)も、自分もやめるつもりだと病院探しに協力する。井川の父親が院長の病院に頼もうとするが、あっさり玉砕。

 

副院長・壮大が許可を出す

沖田が病院をやめることになれば、深冬の脳腫瘍の手術もできなくなってしまう。そこで壮大は沖田に女の子の手術を許可することにする。ただし、深冬は手術で執刀させないようにとの指示を加えて。

 

手術室に深冬登場!手術も無事に成功

壮大は手術の執刀をやめるように深冬を説得する。ちゃんと理解してくれたかに思われたが、当日深冬は執刀していた。院長が止めに来たが、実際に腸捻転だったのを見て納得。沖田との協力もあり、手術は無事に成功した。

 

さらに、院長が小児外科治療学会のトップに「今回のことは内密にする」「代わりに深冬の論文に正当な評価をするように」という、脅し文句のようなものもしていた。おかげで病院の危機は救われた。

 

父親や夫に逆らったものの、医者としての未来を明るく語る深冬。どこか清々しい表情をしていたが、沖田は対照的に苦々しい表情をしていた。

 

沖田に不満をぶつける壮大

壮大は沖田を呼び出し、手術のことに関して「おまえがそそのかしたんだろ」と不満をぶつける。沖田は深冬の意思を尊重しただけだと立ち去ろうとする。しかし、壮大は「深冬のことが好きなのか?」と問いかけてー。

 

と、ここまでです。なんていう気になる終わり方!派手ではないけど、本当に丁寧に描いていて面白いですね。早い展開ではないのですが、ある意味じっくり描くからこそ見やすいのかも。では、詳しい感想を書いていきます。

 

第3話のGOODポイント

  • 井川の移り変わりっぷりが面白い。
    「沖田先生、論文書くことバカにしてます?」「沖田先生がオペするとき入れてください」「オペしすぎ、そりゃ論文書けないわ。すごすぎでしょ!」「俺は深冬派ですから!(キリッ」「えっ、俺がやった術式やってたの沖田先生なの…ガックシ」
    最高なぼんぼんキャラです!
  • 突如登場するミッチー、なんだかバラが出てきそう
  • あら、下町ロケットで佃製作所の第二営業部の部長さん(谷田歩)、銀行員になったの?w
  • 井川「親が医者だからって、自分で努力して医者になったのに…」
    由紀「高額な授業料や学費は誰に出してもらってんのよ!」
    ほんそれ。この由紀の学歴コンプレックス?的なものが次回のテーマにもつながりそうです。

 

第3話の気になったポイント

  • 脳の手術を「やってみる?」って怖いよね。失敗のフラグかと思っちゃうよね。(成功したけど)
  • 人がたくさんいそうなところで「深冬の手術がー」って話をしちゃうのはどうなんだ?かといって誰かが聞いた演出もなかったなぁ。
  • 「目の前の患者を救わないと!」って言いながら、見せてるのが簡易な絵なのがなんとも言えない…。

 

深冬は医者として少し前へ進めたのかも

全然0.5人分なんかじゃない

深冬は自分が医者として0.5人分だと言われていると思っていたけど、全然そんなことはないと思うんですよね。家事だって育児だって一生懸命だし、医者としてちゃんと患者さんとも向き合ってる。

 

そりゃあ、命の現場だから家族よりも自分よりも優先して患者さんのために尽くす、という意味では0.5人分なのかもしれませんけど。でも、女の子を見捨てようとした医者たちよりよっぽどちゃんと一人前のお医者さんです。

 

医者としての成長かもしれない

父親や夫の壮大に逆らうことはなかった。だけど、貫き通すことでスッキリできた。あの表情は良かったですね。ただ、未来の話をしながらも、沖田にとっては脳腫瘍で余命がわかっているっていうのが切なかったです。

 

壮大の不愉快度MAX!

今回の壮大は相当に不機嫌でしたね~。バッティングセンターで1球も当たってなかったくらい。逆に難しそうですw

 

羽村に「俺たち」と言う言葉でくくられたとき…

「は?俺たち?」

 

って顔してましたね。

 

「一緒にすんなよ」

 

って気持ちがにじみ出ています。羽村は副院長派とハッキリ名言していましたが、壮大は羽村が味方だとは全くもって思っていないようで…。都合の良い駒くらいにしか考えてないんじゃないかしら。

 

仕事も妻も、沖田に取られる不安にかられてる?

仕事に関しても妻に関しても、沖田に盗られてしまうんじゃ、みたいな気持ちが感じられるんですよね。まあ、それだけ自分が姑息な手を使って今の地位を築いたってことへの裏返しのようにも感じますけど。

 

まあ、今回の展開なんて…

  • ライバル意識(?)のある沖田と自分の嫁が仲良し
  • 病院の権威に関わるような手術をする!?無理無理!
  • まーでも作戦変更!許可してやるよ。ただし深冬は執刀すんなよ。嫁を守ってやる俺カッケェ。
  • 深冬なんで手術してんだよ!なんで沖田と楽しそうなんだよ!

まあ、たしかに、また壁を殴りそうな顔にもなってしまいますよねw

 

俺が守ってやってるのに、なんで沖田のところに行くんだよ!

 

みたいに。

 

菜々緒さん的アドバイスをするなら「戦い方、変えたら?」ですね。壮大は一人で何かと闘っているように感じます。沖田が予告で言ってた「おまえは何を守ろうとしてんの?」も投げかけたい言葉ですね~。

 

旦那としても医者としても私の評価はマイナスだけどね!

うん、私はこんな夫もこんな医者も嫌ですね。実力はあって経営手腕は確かだとしてもよ!嫌なところを羅列してやる!

  • 子供の前で不機嫌になるな!
  • 「仕事やめなよ」って身を案じているフリして自分がいなければ動けなくしようとか、沖田に取られたくないっていう束縛がにじみでてる!
  • っていうか二人とも働いてるなら夫として家事や育児をしろ!
  • 愛人の前で妻に嫉妬するな!
  • 「あいつは俺に逆らったことはない!」自惚れんな!沖田の言う通り「好きでやってたんじゃない」だろ!気づきなさい!

うーん、なんで深冬は壮大と結婚したんでしょうね。病院を継ぐためには経営力のある壮大が必要だったのでしょうか。いまいち理解できません。そこにロマンスがあったのかしら?

 

ただ、ドラマとして見ている分には楽しいですけどね。壮大のような人物はネタになるのでものすごくウェルカム(笑)

 

沖田は切り札?

壮大は沖田のことを「切り札」と言ってました。建前は病院の経営のために必要なスーパードクターって意味だったけど…。

 

自分が院長になるために必要な「切り札」という意味にも聞こえました。だけど、自分の思う通りに動いてくれなくてイライラしているような。支配下にあった沖田じゃなくて嫌だというような。何なんでしょうね。

 

沖田は今でも深冬が好き…?

最後に壮大が「深冬のこと、まだ好きなのか?」って聞いて、それに答えようとするところで話が終わってしまいました。

 

えー!答えが聞きたい!

 

次回への引きとしては完璧でしたね。くー演出の手中にハマってしまいました。

 

由紀も深冬に対して「(沖田に)愛されてるんですね」って言ってましたし。ちょっと皮肉っぽく、おそらく由紀は沖田のことが気になっているのでしょうから。傍から見ても、沖田から深冬への愛を感じられるってことなのかしら。沖田の真意が気になる!

 

次回:信頼関係の崩壊!?

壮大は院長に内緒で片山関東病院との提携話を進めようとしていた。そのために、沖田に難易度の高い手術の依頼のために、片山関東病院に行ってほしいと頼む。さらにオペナースとして由紀をつけることに。しかし、由紀がとあるミスをしてしまい…。

 

次回予告がいっぱいいっぱい!深冬が倒れる!由紀がぼんぼんすぎる井川&自分の気持ちなんてわかってたまるかで沖田にブチギレ!鶴見辰吾&忍成修吾のいやらしい笑顔コンビ!

 

一気に展開が進みそう…って予告は良いところ詰め放題だからそういう風に感じますよね。次回のメインは由紀となりそうです。ナースとなった理由、またミスしてしまった理由も発覚するのでしょうか。次回も楽しみです。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ

 

aoikara

 

▼参考記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちら

保存

スポンサーリンク