読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

【ドラマ】相棒 Season15 個人的に面白かった話ベスト5【感想総括】

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20170329140856p:plain

相棒が始まると冬の訪れを感じて、相棒が終わると春の訪れを感じるaoikaraです。半年間も放映しているので、季節もがらりと変わりますね。と、同時に北海道の冬の長さも感じます。

 

というわけで今回のテーマは…

 

相棒 Season15 個人的に面白かった話ベスト5

 

です。

 

相棒が今シーズンも終わりました。というわけで、超個人的に面白かったな~と思う話をまとめました。18話のうち、5つの話をランキング形式でご紹介します。それではどうぞ!

※ネタバレも含みます。

第5位:第9話「あとぴん」

角田課長が良い刑事なんだなぁ

「暇か?」が口癖の角田課長(山西惇)の、中学時代の同級生が殺されてしまったという話です。「あとぴん」というのは、角田課長が所属していたカメラ部の顧問で、これが良い先生なんですよね。

 

ドラマを見ればわかるのですが、まさに「あとぴん」な立ち位置だった人には、ぐっと来る話です。

 

また、角田課長の人柄とか刑事としての魅力を感じられる、とても良い話でした。これは見た後に「良い話だったねぇ」と語り合いたくなります。

 

www.aoikara-writer.com

 

第4位:第3話「人生のお会計」

ゲストの石井正則さんの演技が良い!

余命があとわずかの男性が「自分の好きなことをして生きよう」として、さまざまな事件を巻き起こす話です。二転三転するストーリーは目が離せず、最後まで読めずとても面白かったです。

 

ゲストの石井正則さんの演技も素晴らしかったです。役柄にも合ってましたし、魅力が存分に引き出されていました。

 

櫻井智也さんという今シーズンからの新しい脚本家さんが書いた話だったのですが、これが素晴らしい脚本で本当におもしろかったです。今後も書いてくれるのだとしたらうれしいなぁ。

 

www.aoikara-writer.com

 

第3位:第15話「パスワード」

演出も脚本も素晴らしい、愛の物語

盲目の女性が殺人を疑われるという話です。まさかの愛の物語。そんな話とは思ってなかったのに、ほろっとしてしまいそうな切ない話でした。脚本もドラマの演出も実に見事でした。1度見たら見返したくなります。

 

こちらも、第3話「人生のお会計」と同じ、櫻井智也さんの脚本。この方が脚本の話、けっこう好きなのかも。

 

www.aoikara-writer.com

 

第2位:第13話「声なき者~籠城」・第14話「声なき者~突入」

昔のレギュラーが来たぁあああ!!!

特命係の1年前の冬の話。都内で頭を殴られた男性を発見。その犯人と思われる人物が籠城事件を起こす。犯人は特別な仕事を探していたようで、警察幹部にも関わる事件に…。

 

第13話・第14話の前後編です。さすが太田愛さん(脚本家)、というような見事なトリックと事件でした。太田さんが描く右京さん(水谷豊)には優しさを感じられて好きです。

 

そして、なんといっても神戸尊(及川光博)米沢守(六角精児)など、過去のレギュラーが出てきてくれて感動!うれしかったですね~。相棒ファンとしてはかなり楽しめる話でした。

 

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

第1位:第7話「フェイク」

誘拐事件と切ない母親の愛

小学生の男の子二人が誘拐されて、そのうち一人は遺体として発見される。母親がかけつけるが、冠城はその母親が気になる様子。右京も捜査に潜り込み、もう一人の男の子の行方を探る、という話でした。

 

この話が私の中のSeason15の第1位ですね。ストーリーもトリックも、そして演者の演技も、どれも素晴らしかった。ひとつの物語としての完成度が高いです。

 

とにかく安達祐実さんの演技がすごい。あんなに幼い面立ちなのに、母親にしか見えないんですよ。すごい女優さんです。そして、衝撃の真実が待ち受けていて…あの母親の痛いほどの愛情が本当に切なかったです。

 

www.aoikara-writer.com

 

相棒 Season15の総括

全体的に面白い話が多かった

ご紹介できてませんが、ほかにも面白い話がたくさんありました。脚本のマンネリなどいろいろ言われていますが、全体を通しては面白い話が多いシーズンだったと思います。

 

面白い理由のひとつは、たくさんの脚本家・監督の採用

毎度のことながら、いろんな脚本家さんが1話ずつ書くスタイルの相棒。今回はなんと10人。すごいですよね。だからこそ1つの話の完成度が高く、なおかつさまざまな監督さんのいろんな演出で楽しめる。

 

いつ、どの話を見ても面白い、また人によって意見が分かれるというのが、相棒の良さではないかなあと思います。

 

相棒 Season16も期待

Season15はとても面白かったです。主軸の話である杉下右京と冠城亘の相棒としての関係の変化、青木や衣笠の狙い、社美彌子の真実、甲斐峯秋の野望、法務省の企て…など伏線もたくさん残しました。

 

次のSeason16で伏線が回収されること、そしてたくさんの面白い話があることを期待したいです。この半年も、次のシーズンを楽しみに待っています。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマランキング

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

スポンサーリンク