読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

相棒15 第9話「あとぴん~角田課長の告白」感想 “あとぴん”な人にはぐっとくる

相棒15 相棒 感想 テレビ ドラマ 2016年秋ドラマ

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20161210142246j:plain

 

いろいろ騒動がありながらもやっぱり相棒が好きなaoikaraです。視聴率がーとか出演者がーとかいろいろ騒がれていますが、やっぱり好きなんですよ。

 

というわけで今回のテーマは…

 

相棒15 第9話「あとぴん~角田課長の告白」感想

 

です。

あらすじ:角田課長の昔話…

産廃場で光田(樋渡真司)という男性の撲殺死体が発見された。実は、光田は角田課長(山西惇)の中学時代の写真部の仲間で、20年前突然姿を消していた。光田の妻は中学時代の恩師である小林(柴田次郎)の娘でもあり、小林が病床に伏せっているとのことで、事件の情報がほしいと特命係に依頼する角田。

 

右京(水谷豊)は現場で光田が仁藤(相島一之)という男から金をせびられたところを見たという情報を得る。一方、捜査からのけ者にされた冠城(反町隆史)も独自の調査で光田と仁藤の関係を暴く。どうやら、光田が中学時代にコンテストで受賞した火事の写真が原因で、仁藤の父親が捕まってしまったのだった。

 

家庭崩壊の危機にありながらも、教師の小林は仁藤の面倒をよく見ていたという。角田は仁藤の事情聴取を行い、小林こと“あとぴん”が昏睡状態だと伝える。すると、今まで否定していた仁藤が一転、殺人を認める。

 

しかし、右京は事件にはまだ裏があると考えていてー

 

という話でした。

 

今週の面白かったシーン

  • 中学時代の角田課長役の子、めっちゃ似てる!写真部なのも似合っていましたね。
  • 角田課長、まさかのファンシー趣味。パンダカップのルーツが明かされるとは!今の奥さんと中学からの純愛にますます好感度UP!
  • 角田課長が右京さんに捜査を依頼するときに、冠城君は除け者にします。その様子を察した青木が「はぶられちゃいました?素直なところ、好きですよ」なんて言ってるけど、思ってもないこと感がすごいw
  • 冠城「この年ではぶられるのしんどいんで
  • 右京さんが勝手に捜査したおかげで新たな真実が明らかに。それに激怒する中園参事官。しかし、内村刑事部長は「よくやった!」あれ?中園参事官も「え…よくやった!」。関係性の変わらなさが素晴らしいですねw

 

ここからは詳しく書いていきます。

 

とても、良い話でした。

なんて月並みな感想なんでしょうwすみません。純粋に良い話だなぁと感じまして。

 

あらすじだけで1つの物語になりそうなのに、さらに展開がありました。光田を殺した現場に妻が訪れていて、仁藤は妻が犯人だと思った。しかし、世話になったあとぴんが昏睡状態と知り、自分が代わりに罪を背負おうと考えたのです。

 

しかし、犯人は妻ではなくまた別の人物。話がどんどん変わっていって、そこには暇課長の信念もあって…とても良い話でした。

 

実はこの脚本家さんが以前に書いた話が苦手だったので、正直不安だったのですが、今回は本当に素晴らしかったです。一人一人の心情がとても丁寧に描かれていて、見応えがありました。

 

罪を背負った二人の男

一つの家庭を“嘘”で壊してしまった光田

20年前に突然家族のもとから消えてしまった光田。実はその直前に、義父であり恩師であるあとぴんに刃物を向けているところを娘に見られていたのでした。

 

その真相はさらに中学時代にまで遡ります。光田がコンテストで受賞した写真は火事の様子を撮影しており、実は保険金目的で自宅を燃やしていた仁藤の父親も映っていたのです。そのせいで仁藤の母親は死に、父親は捕まり、家庭崩壊に導いてしまった。

 

だからこそ光田は二度とカメラに触れることはなくなってしまったのでした。さらに真実が隠されていて、昔のフィルムを見るとどうやら受賞した写真は合成してリアリティを作り出したもの。仁藤の父親が映っていたのは本当でしたが、写真としては偽物だったのです。

 

そんな嘘の写真が選ばれ、しかも一つの家庭を壊してしまったことに心を痛めていたのでした。しかも、そのことをあとぴんは知っていて、いつも見張られているような気分になっていた。だから、発狂して刃物を向けて、逃げてしまったのだと。

 

それでも、家族のもとへ戻るつもりだったからこそ、またカメラを持つようになったんですよね。

 

自分の罪を父親に背負わせてしまった仁藤

光田の写真で家庭を壊されてしまった仁藤。実は彼にも秘密がありました。実は放火の犯人は自分だったと。家を救うためにはどうしようもなかったのだと。

 

自分のせいで家族を失ってしまったことを、あとぴんだけは知ってしました。そして、誰にも言わなくても良いが、一生罪を背負っていくようにと諭したのです。だからこそ、あとぴんの娘さんが犯人かもしれないと思ったときにかばったのでしょうね。

 

そんなときに光田と再び出会い、火事の写真のせいでカメラを使えなくなったことを知ります。本当はカメラで写真を撮りたいという彼に、罪の意識から協力します。罪を背負った者同士だからこそ、わかりあえる部分があったのかなと感じました。

 

できる男だよ、暇課長は。

事件の犯人がわかり、光田が最後に見た写真のフィルムを手にした暇課長と写真部の仲間たち。その写真を見て、課長は走り出しました。あとぴんのもとへと、精一杯。

 

しかし…間に合いませんでした。実は暇課長は火事の写真が偽物だということを知っていたのではないかと右京さんに問われます。ちゃんと、全てを知っていたのではないかと。しかし「俺にそんな頭はないよ」とはぐらかす。

 

やっぱり暇課長はカッコイイですね。できないフリしてやるとこやるし、とても魅力的でした。事件が明らかになるだけでなく、真実を知れたことがこの事件の救いだったのかなと感じました。

 

ピントが後ろにずれている、あとぴん。

この話はあとぴんのための話と言っても過言ではありません。しかし、本人の出演は昏睡シーンだけ。思い出として出演するだけなのです。そこが面白いところ。語らなくても。みんなの心の中で大切に思われている人だということがしっかりと伝わってきました。

 

写真部の顧問であり、写真をとるとなぜか後ろにピントが合ってしまうことからあとぴんと呼ばれていた。発言もどこかピントがずれていた。だからこそ、クラスで目立たないような後ろにいる写真部の彼らにピントを合わせて、しっかりと見てくれていたと。

 

良い先生だったのでしょうね。切なさと心がほっと温かくなる気持ちが同居する、素晴らしい話でした。

 

次回:お正月スペシャル!…ってだいぶ先!

右京と冠城に郊外のベッドタウン黒水町の駐在所に臨時異動辞令が下る。黒水町は問題があった警察官が左遷してくる場所だとか…。しかも、黒水町の警察官が何人も行方不明になっていることも明らかになる。

 

一方、警視総監が開いた会合に甲斐峯秋や衣笠も参加しているなか、前科のある人間の更生と町作りを手がける黒水町の町長・和合も参加していた。

 

ゲスト:八嶋智人 伊藤歩 永島敏行 小宮孝泰 平岡拓真 仁村紗和
脚本:真野勝成
監督:兼﨑涼介

 

うわーゲストがいっぱいでますね。八嶋さんはいつか相棒に出てほしいと思っていたのでうれしいです!伊藤歩さんも雰囲気のある女優さんなので楽しみだなぁ。お正月スペシャルだけどまた暗そうな感じなのだけが心配です。

 

というわけで、1月1日まで期間が長い!これは仕事に励む時間をいただいたということで、1ヶ月弱を楽しみに待っています。

 

パンダカップ持ってます!かわいいけど持ち手がないのがちょっぴり難。暇な気分を味わいたい方にぜひ。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ

 

aoikara

 

▼関連記事

aoikara.hatenablog.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

保存

保存

スポンサーリンク