読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

【大河ドラマ】真田丸 第47回「反撃」感想 望みを捨てぬ者が一人ではなかった

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20161128203414j:plain

あと3回で真田丸が終わることに、今年も終わるってことかと愕然とさせられたaoikaraです。ドラマが終わる寂しさと、一年が終わるという時の流れの速さを感じます。NHKに媚びを売るわけではありませんが、紅白が見たいなぁ。

 

というわけで本日のテーマは

 

真田丸 第47回「反撃」感想

 

です。

 あらすじ:和睦、さあどうする?

砲弾が撃ち込まれたことにショックを受けた茶々(竹内結子)は、幸村(堺雅人)の反対を受けながらも和睦に応じることに決める。大阪城内では幸村を訝しむ声も出てきて…。一方、和睦を取り決めるときにあまりにも寛大な阿茶局(斉藤由貴)に不安を抱くきり(長澤まさみ)。果たして和睦の結果はー

 

という話でした。いやー今回は見ていてストレスのたまる話でしたね。有楽斎(井上順)と大蔵卿局(峯村リエ)がネックすぎる!

 

今週の気になった&面白かったシーン

  • 片桐且元(小林隆)「話が違うではないかああ!
    →いやー、最後まで胃が痛むようなキャラクターでしたね。史実とは違い、最後まで豊臣の忠義を忘れない人だったのはうれしかったです。しかし、ナレ死。最後まで良い人だけど…が変わらなく、切なかったなぁ。
  • 前回の話でも思いましたが、秀頼(中川大志)の傍に鈴がありますよね。秀吉が死ぬ間際に近くに老いてあった鈴で、ちりんちりんと鳴らして喜んでいた男の子がこんなに大きくなったのだなぁ…。としみじみ感じました。

 

今週の真田家~浮気劇場~

今週の真田家はお兄ちゃんこと信之さん(大泉洋)の浮気騒動のみまとめます(笑)お通さん(八木亜希子)に膝枕をしてもらながら悩みを聞いてもらっていた信之。

 

と、そこへ稲(吉田羊)とおこう(長野里美)が訪れます。戦闘モードな音楽が流れて爆笑。「何をしておるのだ!」と信之が言ってますが、嫁からしてみたらあなたの方こそ何をやってるんだと思うでしょうね。

 

そこで「ただ話を聞いてもらっていただけ」「お通と話すと心が癒やされるのだ」と弁解します。ここでおこうさんが「癒やすのは私だったのにー」と悔しがります。いやいやいや、稲さんが癒やされない嫁だと言っているようなものではないですか!事実ですが!

 

しかし、お通さんも一枚上手で、なんと信之のような人はたくさんいるとのこと。お金をもらって話を聞く…いわばカウンセリングだったと。信之は今まで家臣の者がお金を払っていたのだとか。

 

心が通じ合っていたと思っていたのに、衝撃の事実を聞かされて慌てふためく信之。大泉洋さんは本当に理不尽な場が似合いますねw

 

稲は「私がこのような嫁ゆえ、癒やしを求めるのはわかります。しかし、それはおこうがおりますゆえ」とこの先の交友を断ります。お通さんはお通さんで、次の客がいるとそそくさ退散。女に翻弄される(?)信之なのでしたw

 

さて、楽しい話はここまで!ここからはあらすじに沿って書いていきます。

 

事態は一転、和睦モード

幸村は砲弾が尽きたから心配はない、戦いを続けようと言いますが、茶々が固く拒否していると聞きます。相変わらず秀頼との話し合いでは、有楽斎と大蔵卿局がうざく、和睦と決まりつつも事態はごちゃごちゃ…。

 

少女のような、不安を隠せない茶々

誰にも会いたくないと言っていた茶々でしたが、きりちゃんを使って幸村を呼びつけました。そこにいた茶々は…人が変わってしまったかのような光を失った目をしていました。

 

 

「茶々を叱ってください。あれだけ和睦はだめと言っておきながら」と幸村にすがりつくのです。死を目の前にして、過去のことを思い出したのか。少女のように脆くて、切なくなりました。

 

牢人たちはどう動く!

和睦で不満が募る牢人達

和睦になったところで自分たちの願いが叶えられるのか不安な牢人たち。五人衆の話し合いでも「自分だけが得しようとしているのではないか」「お上様(茶々)と良い仲だと噂する者もいる」と幸村を疑う声が出ます。牢人と幸村の間に、明らかに亀裂が入ってしまうのです。

 

うーん、これも切ない。みんなのためにやっているのにね。そこで心が折れるほど幸村はもうやわではありませんが、それでm切ないです。

 

そこで呼び出したのは作兵衛

牢人達は作兵衛(藤本隆宏)を呼び出して、幸村とはどのような男なのかと訊ねます。しかし、作兵衛はほとんど幸村と一緒にいた期間が短く、どんな人物かはよくわからないと答えるのです。代わりに父・昌幸(草刈正雄)のことはよく知っていると。

 

死ぬまで武田の領地を取り戻そうとしていた、忠義に厚い人だったと。その息子だと伝えるのです。語るときは真面目な顔だったのに、帰るときはいつものおとぼけスタイルに戻っている姿に、「なんてできる家臣なんだ!」と感心しました。

 

その言葉を聞いて、牢人達も幸村になにやら思い直すことがあったようでした。

 

 

「そなたはしぶとい」

と、突然秀頼は幸村に告げます。討って出ようがダメになり、籠城で策を立て、戦をしようがダメになり、和睦になってもなんとか考える。そんな幸村を評した言葉でした。

 

そこで幸村は「望みを捨てぬ者だけに道が開けるのです」と伝えたのでした。

 

 女だけの和平交渉

和睦の使者をどうしようかと考えている秀頼に、幸村は女同士を話し合わせてはいかがかと伝えます。そこで茶々の妹である初(はいだしょうこ)を使いに出そうとするのです。しかし、大蔵卿局が行くと言って聞かず…。仕方なく止める役としてきりちゃんを連れて三人で出向くことになりました。

 

一方、徳川の女は阿茶局。そう「天下をお取り成されませ」「殺してしまえば良い」としたたかなあの女性です。すでに恐ろしい…。

 

初は頑張りましたが、大蔵卿局があほすぎて…もう語るのも嫌なくらいです。結果、豊臣に寛大な和睦ように見せかけて、なんと真田丸の取り壊し外堀を埋めるという結論に至ってしまいます。

 

大蔵卿局は「戦など起きぬよう取りつぶしてしまえば良いのです」「戦う場所がなければ牢人たちも出て行くでしょう」という阿茶局の言葉にのせられて…。

 

見ていて「あーもう!」と腹が立ちましたね。大蔵卿局が憎らしくてたまらない!けど、役者さんがエゴサーチしてしょんぼりしてしまったとのことなので、むしろ演技が素晴らしいから憎らしいということです!キャラは好きです!しかし幸村の立場から考えるとやっぱりキイイイ!

 

今回は幸村自身の失策でもあったように思います。女性だけの合議というアイディアは悪くありませんでしたが、相手はあの女狐、いえ女狸(きりちゃん談)の阿茶局ですから。そこは計算違いだったでしょう。

 

戦がわからない女だから怖い。

 

とはいえ、昔は私も戦がわからない女でした。小学生のときに読んだ茶々の伝記で、騙されて外堀を埋められてしまったという話がありました。しかし、それがなぜ悪いことなのかがまったくわかりませんでした。

 

今はどれだけ攻めやすくて丸裸にされているのかがわかるのだけれど…。むざむざ殺されにいってるものだとわかるのですが…。しかし、当時の戦を知らぬ女性にとっては昔の私のような感覚だったのでしょう。

 

しかし、家康はずいぶんとうれしそうでしたね。丸裸にしてから総攻めすると。秀忠にも教えます。「良いか、これが城攻めじゃ!」と。

 

さすがの幸村も諦めてしまう…しかし!

真田丸もなくなり、堀を埋められてしまえば戦いようがない。なんの守りもない。さすがにここまでひどいことになるとは思っていなかった幸村は、牢人達に敗北宣言をします。それぞれ出て行くようにと。命を落として戦おうと思うなと。

 

しかし、みんな諦めていなかったのです。後藤又兵衛(哀川翔)は笑い「おもしれえじゃねえか!」と意気揚々。

 

牢人達が幸村のもとへ訪れます。諦めていないのだと。毛利勝永は「考えろ。どうすれば勝てるのか考えるんだ!」と幸村に告げます。

 

そして、秀頼もやってきました。「望みを捨てぬ者だけに道は開けると言った」と。「私はまだ望みを捨てておらぬ」と伝えたのです。

 

今までは諦めかけているところに幸村が引っ張っていましたが、今回は逆。幸村の気持ちが、信念が、周りの人に届いて、人を動かしたのだと思うとうれしかったですね。 だから、まだ戦は終わりません。で、話は終了です。

 

強い女・きりちゃんがやっぱり救い!

今回の話は、きりちゃんがいかに頼りになるかを思い知りましたね。

 

命にかえても茶々を守った

砲弾が撃ち込まれて自分が茶々を助けたと語るきりちゃん。なのに幸村に「おまえが?」とか言われてかわいそう。「そりゃ助けますよ、人として」と返すところがきりちゃんらしいですね。

 

幸村が茶々のことを気にしている、のを気にしているのも乙女心が感じられますね。

 

和平交渉でも差し出がましい魅力を発揮!

女だけの和平交渉で流れがおかしなことになりそうだったら、なんとか止めろと言われていたきりちゃん。「おまかせ、あれ!」と不本意ながらも了承します。そして、牢人のことがないがしろにされそうになったときに…

 

「ああああーーーーーーー!!!!」

 

と叫び出し、転がり、「足がつりました」と報告。これを2度もやってのける肝の据わりっぷり。うーん魅力的ですね。差し出がましさがやっと生きました。

 

和睦の真実を伝えたのもきりちゃん

あまりにも豊臣に良いことばかりすぎる和平交渉だったため、不審に思う幸村。きりちゃんに聞いて、やっと真田丸の取り壊しと堀を埋めることを知ったのでした。ここでも幸村がきりちゃんのことを頼りにしているのだな、と感じましたね。

 

妻ではなくても、大切なパートナーだと思います。

 

次回「引鉄」望みを捨てない者たちが戦う

戦う術を失った大阪城でしたが、幸村は家康の首を取ろうと佐助に罠を仕掛けてもらいます。作戦が成功したら夫婦になってほしいときりに約束して、佐助は出向くのでした。幸村は不思議な形の銃を手に入れます。

 

うおおおおお、結末はわかっていても気になりますね。そして、まさかの佐助が死亡フラグ立ちまくりなのですが!罠失敗しそう感がすごい!予告で家康が口から血を出していたのはなんだ!?

 

と興奮しまくりです。残り3回、寂しいですね。しかし、終わりまで絶対にしっかり見ます。

 

「反撃」はこちらの第四集に収録されているようです。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ

 

aoikara

 

▼関連記事

aoikara.hatenablog.com

aoikara.hatenablog.com

保存

保存

スポンサーリンク