読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

【大河ドラマ】真田丸 第46回「砲弾」感想 茶々の本心が垣間見えたような…

テレビ ドラマ 大河ドラマ 思い・考え 真田丸

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20161121201646j:plain

歳を重ねるごとにステキな人になりたいaoikaraです。真田丸で言うところのきりちゃんですね。今日はきりちゃんについても書きますよ!

 

ということで本日のテーマは…

 

真田丸 第46回「砲弾」感想

 

です。

あらすじ:勢いづく大坂方に忍び寄る家康の手

 幸村(堺雅人)が築いた真田丸があることで、大阪城に攻め入ることができない家康(内野聖陽)。あの手この手で調略しようとする。秀頼(中川大志)は有楽斎(井上順)の進めで和睦を決めるが、幸村はこれに反発。一方、牢人たちの間でも戦ができぬと不満がたまっていてー。

 

という話でした。今回は人物に焦点を当てながら書いていきたいと思います。

 

とことん狸な家康

またもや真田にやられて激おこぷんぷん丸な家康。大阪城に攻め入ることはできないが、敵に何かはしてやりたい。とっておきの手段を繰り出す前に、家康はいろんな手を仕掛けます。

 

たとえば大阪城の近くに10万の兵を出し、声だけ挙げさせるとか。声を聞いている方はそわそわするほかありません。実際に攻めなくても、相手の心理をじわじわとつこうとします。いやー本当にですね。年老いてからひどい!(褒め言葉)

 

さらに幸村にもなにやら仕掛けてきたようです。

 

言わずともわかり合える真田家

家康は本気ではないものの幸村を調略できないか仕掛けたがります。そこで幸村の叔父・信尹(栗原英雄)に幸村を呼びつけて調略せよと命じます。久しぶりで「生きていたのか!」とうれしくなりましたが、まさかの命令…。そのときの信尹が幸村を評したときの言葉が良かったですね。

 

「兄・昌幸(草刈正雄)のような勇ましさはありながら、我ら兄弟と違い義に厚い

 

だから調略には応じないとね。天下の家康に対して最初は調略を断ったくらいの叔父ですよ!とはいえ、一応10万石をつけるということで、幸村と話すことになった信尹。

 

久しぶりに叔父に会えて話も弾む信尹と幸村。酒を酌み交わしながら話すが「さて、帰るとするか」と何も言わない!これには驚きました。

 

信尹は書状を渡して徳川に寝返ったときに褒美が書いてあると伝えるが、幸村は破り捨てます。そして二人は目を合わせて、それだけ。何も言わなくてもお互いが考えていることがわかる、ものすごくカッコイイシーンでした。

 

戦を知る者と知らぬ者

幸村と秀頼

真田丸での戦いに勝って勢いづく大坂方。秀頼はこのまま本丸に攻めてしまおうかと、幸村に提案します。しかし、幸村はそれを断るのです。

 

「戦はただ勝てば良いというものではない。いかに味方の命を損なわないかが大切だ」

 

と秀頼を諭すのです。これはその昔、父・昌幸と叔父・信尹の調略に心が折れかけていたときに、梅ちゃん(黒木華)がかけてくれた言葉ですね。それが父の真意だと知って、幸村がまた大きくなった言葉でした。

 

家康と秀忠

実はこのやりとりを徳川方もしていました。秀忠(星野源)が「一気に攻め込めば良い」と言いますが、家康は先ほどの幸村と同じ言葉で反論します。これが戦を知っている者と知らない者の違いなのかな、と感じる面白いシーンでした。

 

お兄ちゃん、頑張るけどやっぱりダメだ!

信之(大泉洋)は幸村のために大阪城に兵糧を届けようとします。稲(吉田羊)に止められても「一生に一度のバカを許せ!」と聞きません。

 

そこに出浦(寺島進)登場!生きていたのね!「行ってはなりませぬ」と諭しますが、信之は「父や弟は無茶をしてる。俺だって一度くらい!」と言います。しかし、父親は策を考えていた。おまえがやろうとしていることは違う。

 

「父親が守ってきた真田を滅ぼすつもりか!」

 

とまで言われてしまいます。結局、行こうとしたのですが出浦に何やらベタベタのものを投げつけられ…というもの悲しさがお兄ちゃんらしいというかなんというか。真面目だからこそ、真面目に無茶をしてみたかったんだろうなあ。

 

織田有楽斎「悪党ではなく策士」

と、演じている井上順さんはインタビューでおっしゃっていました。視聴者としては幸村目線で見るわけですから、まあ有楽斎に腹が立ってしゃあないわけです。

 

今回も家康の命で和睦させようと試みて、秀頼の説得に成功します。うーん、ちっとも味方できない嫌味な感じ。でも確かに悪党ではないのでしょう。それもその人が生きるためのなのでしょうね。

 

迷い傷つき、それでも前を向かねばならぬ秀頼

真田丸の戦いに勝てたことで自信がつき、幸村への信頼も厚くなる秀頼。もっと助言してほしいとまで幸村に頼みます。「(自分は)言われて伸びる男ぞ」というのが子供っぽくてかわいらしかったです。

 

そこで幸村は「言葉の重みをもっと知っていただきたい」と言います。要するに茶々に屈するなと。大阪城の主は秀頼なのだから、もっと自信を持って良いと伝えます。

 

しかし、有楽斎の意見に賛同して和睦をしてしまったときに、幸村は茶々を通じて和睦を拒否させます。茶々の意見に屈しないようにしようとするも、幸村は素知らぬ顔。

 

それは「間違ったことをしたときはどんな手を使ってでも正す」という幸村の信念のためでした。秀頼はまだ若い。「裏切られた」という気持ちが大きいでしょう。ここを成長できるかどうかが、カギなのではないかなと感じました。

 

戦がしたくてしょうがない毛利勝永&後藤又兵衛

真田丸で戦をしてから特にお互いに何も仕掛けることがなく日が過ぎていました。さらに和睦の案が出てから、牢人は何もすることがありません。戦がしたくてしょうがない毛利(岡本健一)と後藤(哀川翔)は、あることを計画していたのでした。

 

大蔵卿局(峯村リエ)が「牢人達は戦をしたくて仕方がない奴ら」と言ってたけど、たしかにそういう人も少なくはないのでしょう。毛利と後藤のようにね。

 

自意識過剰が魅力的な塙団右衛門

塙団右衛門(小手伸也)は声を出すだけの徳川兵にちょっかいをかけに行こうとしていました。それに毛利と後藤も乗ろうとしていたのです。さらに誘われた木村重成(白石隼也)も行くことに。すっかり戦いに目覚めちゃいましたね。若いなぁ。

 

と、この者たちが怪しげな企みをしていると長宗我部(阿南健治)から伝えられる幸村。後から着いてきて、なんと自分も行くと伝えます。最近のたまっていた鬱憤を晴らすように戦う姿は、この話の中で唯一の爽快シーンだったかもしれません。

 

ウザさMAXな幼なじみから、頼りになるパートナーになったきりちゃん

登場したときはただただウザいキャラだったきりちゃん(長澤まさみ)。出てくるごとに愛着が湧き、年齢を重ねるごとに魅力的な女性になっていきました。幸村にとっては欠かせないパートナーでもあるでしょう。

 

徳川の軍勢が声を出しているときも、「ああやって声を出すだけですよ」って策を理解しているのがすごいですよね。理解していなくても、周りを安心させるためにああいうことができるようになって、本当に成長したなぁと感じました。

 

「怖がったら負けるもんですよ」と励ます姿。「きりさんに憧れます」まで言われていますしね。いやあ、本当にできる女だわ。それでいて出てくるとほっとするというか、茶目っ気があるというか、本当に大切な人ですね。物語にも視聴者にも。

 

こんな記事が出ているほどです。年齢を重ねるほどに良い女性を描いているというのが、本当にステキだと思います。

news.livedoor.com

 

本心が見えぬ淀|最後だけちらりと見えたのか?

「秀頼がいればそれで良い」

「城なんかなくても良い。田舎でもどこでも、秀頼となら」

「そして、そなたさえいれば」

 

茶々は幸村にそんな風に話します。しかし、茶々の妹・初は「姉は死にたがっているようだ」と幸村に伝えるのです。そのように見えないと言っても「本音を言う人ですか」と言われてしまいます。

 

そして最後のシーン。家康がイギリスから取り寄せた砲弾が大阪城に落ちました。茶々のいるすぐ近くに。侍女の何人かはその下敷きになってしまいました。

 

そこに引き込まれるように近づく茶々。何かを探しているように、行きたくてたまらないというように、砲弾が落ちた場所に近づきます。必死できりちゃんが止めますが、それでも砲弾が落ちる場所へ行きたがる。

 

それは死にたがっている姿のように感じました。

 

登場してから今まで本性を現すことがなかった茶々の、とても暗い本心がぶわあっとわき出すようなシーンでした。恐ろしくて、切なかったです。とても脆く見えて。

 

次回「反撃」戦わずして勝ちにいく徳川

一発の砲弾によって茶々の意見は和睦に傾く。交渉であまりにも寛大な態度に大きな不安を抱くきり。そして、驚くような出来事が次々に起きるー。

 

冬の陣も終わりですね。真田丸がね…切ないです。幸村はいつも良い方に良い方に進んでいるはずなのですが、思った通りに人が動くわけでなく。これからは切なさとか悲しみを感じる回が増えそうです。残り1ヶ月もじっくりと見ていきたいと思います。

 

 「砲弾」はこちらの真田丸 完全版 第四集に収録されているようです。欲しいわ~。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ

 

aoikara

 

▼関連記事

aoikara.hatenablog.com

aoikara.hatenablog.com

 

▼お仕事のご依頼はこちらまで

20170106193529

と保存

保存

保存

スポンサーリンク