読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

【大河ドラマ】真田丸 第32回「応酬」感想 三成と家康の違いを思い知る

真田丸 大河ドラマ 感想 テレビ ドラマ

スポンサーリンク

f:id:aoikara:20160816200928j:plain

山本耕史さんは石田三成の姿でずっといてほしいaoikaraです。普段より月代姿の方が私は好みですね。黒づくめ頭脳バリバリ筋肉ムキムキ三成、最高!

 

さて、本日はそんな…

 

真田丸 第32回「応酬」

 

を書きます。

三成と家康の確執が如実に…

今回は秀吉(小日向文世)が死に、家康(内野聖陽)に好き勝手させないという三成の気持ちが強すぎて、敵を作ってしまう。そのせいで家康との確執も如実に表れてきてしまった、という話でした。

 

そんな三成のもとにいたい、という信繁(堺雅人)に「やっぱりなぁ」と感じました。理解者は自分しかいない、って気持ちなんだろうなぁ。秀吉に「佐吉(三成)を頼む」って言われてましたしね。

 

今週の面白かったシーン

  • 秀忠(星野源)がLIFEのコントにしか見えない。(良い意味で)
  • 上杉(遠藤憲一)は家康にずばっと言えないだろうな…
    忘れたで済む話ではござらん…
    言ったー!でも声が小さい!さあ、もう一度!
    なんでもござらん!」ズコーやっぱりねー

 

うーん、今週はシリアスだったというわけではありませんが、コミカルシーンもさりとて多くはありませんでしたね。

 

今週の真田家劇場

  • 出浦(寺島進)生きてた!良かった!
  • 「源治郎様のいるところ、三十郎(迫田孝也)ありです!」勢いすごくてツバ飛んできた…
  • だいたい一言多い三十郎
  • 昌幸(草刈正雄)「(信濃に)帰りたい…」とホームシック
  • お兄ちゃんこと信幸(大泉洋)の子供問題、本多忠勝(藤岡弘、)いい人により、無事解決!

 

真田家らしいわちゃわちゃ感はありましたが、やはりほっと安心しますね。

 

そういえばきりちゃん(長澤まさみ)はキリシタンになりたいみたいでしたね。いつになったら信繁と結ばれるのでしょう…

 

父・昌幸 くたびれていても切れ者

三十郎に「くだびれている」と言われてしまった昌幸。しかし、やはり切れ者である姿もありました。

 

秀吉が死んだことを受け、家康は嫡男の秀忠を江戸に向かわせました。本人も「いったいなぜ?」と疑問でしたが、私も疑問でした。信幸・信繁兄弟も「なにゆえ?」と疑問でしたよね。

 

そこへ昌幸が「信長の二の舞にならないように」と言います。つまり、一緒にいることで暗殺されて跡継ぎがいなくなり、織田家は滅んだも同然になりました。それを防ごうというわけですね。

 

父上~予想は外しているけれどまだまだ切れ者ですね!と、ちょっと安心しました。

 

家康と三成の違いは、人情味を表現できるかどうか

さて、今回の話は家康と三成の対立の始まりを予感させる話でした。非常に対比的に描かれていましたよね。

 

家康はしたたかではありますが、情に厚い男です。秀吉が亡くなったことを知って、誰も見ていなくても手を合わせるなど、悼む心もありました。根っから悪い奴ではなく、この情を持って今までやってきたのでしょう。

 

加藤清正(新井浩文)のようなタイプには好かれるだろうし、その情のある姿を見て家康側につく人は多かったのでしょうね。だからこそ将来的に北政所もなびいてしまったのかな、と感じさせました。

 

一方、三成にも情がないわけではありません。むしろ情がなければこれほど豊臣のことを思えるはずがないです。長く付き合っていればその情もわかるし、信繁もそれをわかっているからこそ三成のもとについたのでしょう。

 

しかし、他人の心を理解する気がなく、自分の情を現すことは無意味だと考えています。結果、清正は三成を見限った。長く付き合っていても信頼できない、これは大きな痛手です。

 

自分が思っていることは相手も思っているはず。そんな風に思っているから、自分の思い通りにいかないことが腹立たしい。そして、どうしてうまくいかないのか、やはり理解できないのです。

 

本当の意味であくどいのは家康でしょうが、そうは見せない巧さがあります。三成はそれができないのが痛いですね。

 

天下人のしたたかさを感じさせる家康

そして、家康のタヌキ臭さも出てきましたね。秀吉が死んでいないという前提を利用し、政治に関わる縁組みを次々と結んでも有無を言わせない。自分の攻められる理由を利用して、逆に三成を追い詰めました。

 

そして、本当の策略家は本多正信(近藤正臣)。タヌキなのは完全に本多ですよね。情としたたかさのある家康が天下を取るのはなんとなく理解してしまいますね。

 

次回:三成は突っ走りすぎ、信幸と信繁のシーンが切ない

結局「家康を討つ!」と結論を出してしまった三成。信頼していたはずの大谷刑部(片岡愛之助)とまで敵対しそうな勢いです。ちょっと自分の思いが強すぎて、周りが見えずに突っ走っていますね。

 

また、信幸が信繁に「敵味方に分かれて闘うのだけは勘弁してくれ」と言ってましたね。これも将来のことを考えると切ない。

 

副題も「動乱」ということで、かなり動きが出そうです。追い詰められている三成を見るのは切ないですが、それが歴史。真田家もどう動いていくのか、今後の展開も気になります。

「応酬」は真田丸 完全版 第参集に収録されているようです。

 

良かったらポチッとください。
励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ

 

aoikara

 

▼関連記事はこちら

www.aoikara-writer.com

www.aoikara-writer.com

▼お仕事のご依頼はこちらから

20170106193529

保存

スポンサーリンク