読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒フリーライターほぼ無職。

在宅Webフリーライターaoikaraの日常ブログです。

スポンサーリンク

ライター個人としての発信力が欲しいので“毎日ブログ書く宣言”します。

スポンサーリンク

北海道には梅雨がないはずなのにじめじめする、aoikaraです。

 

いきなりですが、わたくし、aoikaraは……

 

毎日ブログ書きます!

 

と宣言いたします。

 

 

というのもですね、ちょっと悩み事があるからです。

私は現在、フリーライターとしていろんな媒体で記事を執筆しています。

本当に良い媒体ばかりで日頃から大変お世話になっていて、私も微力ながらためになれているのかな、と仕事をしております。

 

そんな私の記事を見て、ありがたいことにライターとして興味をもってくれる方もいるんですよね。

でも、現状だとお力になれないようなことが多くあるんです。

こういうことが続いて本当に申し訳なくて。

何かできる方法はないかな、と考えました。

そして、気づいたのです。

 

私自身が発信力のあるライターになれば良い!

 

 つまりですね、今はSNSのフォロワーも少ないですし、ブログの読者なんて5人しか()いないんですよ。

それでも見てくださる方がいるのは本当にありがたい!

だけど、もっともっとフォロワーの方が増えて、ブログを見てくださる方がいて、そんな発信力があれば個人的な仕事でも、もっとお役に立てるのではないかと。

そしてブログやTwitterを私の発信源にすれば良い!と考えたのです。

 

私のブログに興味を持った人が、私自身に興味を持ち、私が書いた記事に興味を持ち、今執筆している媒体にも興味を持っていただける。

こんな良いことないでしょう!

ちょっと、私ウキウキしています♪

 

そして、そのためには見てもらうブログを書かなければならない。

見てもらうブログは面白いブログだ!

面白いブログを書く人は個性が強い!

じゃあ、私の個性って…

 

 

えっ、私の個性って何よ?

 

 

媒体で記事を執筆するときは、情報を正確に、そして媒体のターゲットやその読者層に合わせた雰囲気、文体で書いていきます。

見る人が見れば私の記事とわかるけど、ある意味、無個性だからこそ読まれやすい記事になるとも言えます。

だから、自然と私の中身を発信するのを避けているというのはあります。

年齢も公開していないですし。その方がより多くの媒体で記事を書けるし、視野を広げられるのではという考えなのですが…、なんか「役の幅を狭めたくない」と年齢非公開にしている女優の言い訳みたいになってしまいました。

 

今後は自信の中身についても触れ、徐々に個性を発信して行けたらと思います。

プロフィール記事も考えてみよう。

なので、ライター個人としての個性は不明瞭です。

「自分って何?」という思春期状態です。

ブログを書いていくなかで個性を見つけていけたらな、とかなり安易に考えております。

だからこそ、

 

毎日ブログを書きます!

 

宣言につながるのです。

書くネタがなくても良い、なんでも良いからとりあえず書くことを継続しなければ見てもらえないですよね!

 

ということで今日から頑張ります!

ただ「毎日書かなきゃ…」という強迫観念にかられるとまたおかしな事態(詳しくはこちらのブログ記事を読んでね)になるので1週間に1回くらいはたぶん休みます。

宣言の出鼻をいきなり自分でくじいていますが、1行でも1文字でも書きます!

発信力のあるライターに、私はなる!

 

 

aoikara

スポンサーリンク